ブログパーツ

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」 感想

戦いをやめさせるため戦場を駆けるベルリだが、強敵からの猛攻で窮地に追い込まれる。一方、ジュガンが率いるランゲバインとウーシァ部隊を相手に奮戦するクリムとミック。夜明けに染まるギアナ高地の上空で様々な想いが交錯していく……。

脚本:富野由悠季
絵コンテ:森 邦宏、宮地昌幸、斧谷 稔
演出:森 邦宏、松尾 衡
作画監督:[キャラ] 吉田健一 他 [メカ] 桑名郁朗 他



「将来独裁者になるような出自の者!この世を去れ!」
マスクの方が差別意識が強いのが皮肉。
マニィはマニィで愛が重すぎて理解を拒んで憎しみに変わってる感じだし。
エピローグでは二人とも浄化されたみたいだけど。御曹司とメリーベルっぽい。

G-セルフはぁ!金縛りにする!
「G-セルフは悪魔か!?」
白い悪魔のセルフパロ……ではないか。あれゲームが出展だし。

戦争オタクと懐古趣味の歴史オタクの戦い。
ダハックの隠し腕とビームサーベルの出し方がすげー格好良い。チッカラとの戦闘も燃えるぜ。
ミックは足手纏いなんだからね!という遠回しな気遣いもたまらない。

この機会にキャピタル・テリトリィを占領しようとするアメリアも強か。
インスタント艦隊と言われたようにあんまり活躍出来なかったけど。

ベルリはベルを鳴らしてりゃいいんだよ!
頭をぶつけるドジっ子のクンパ大佐は清涼剤だったな。
火種をばら撒いておいて傍観者気取りには相応しい最期だったけど。でも忠臣は始末しておいてほしかった。

ルシファーが蝶の羽っぽいのを出してたな。
月光蝶を呼ぶんじゃない!

ズゴックで「おお!」となった。
Zの核での自爆にも耐えたのか。

「姉さん、アイーダ姉さん助けてよ」

敵機を破壊しまくったビームウィップと拘束して繋がるトラクター・ビームの対比が良いね。

まさかのロリババァ。フラミニアさんもムタチオンしてたのか。

キア隊長、やる事はしっかりやってたんだな。
レコンギスタをしたがってたのもこれが一因?

富士山残ってんだ。三つ富士って呼ばれてるらしいから形は変わってそうだけど。

「15分だな」
農家のお父さんを演じてた謎の大型新人声優井荻翼……一体何者なんだ?



関連記事

テーマ : Gのレコンギスタ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話 『大地に立つ』 農家のお父さん役『井荻翼』って何者なんだ...。

祝・ズゴッギー生存。ローゼンタール消えたと思ったら無事だった。地球人は戦争オタクですか~?でも金星人に言われたくない。  因みにズゴックも友情?出演。地下に化石ズゴック…ここってジャブローなの。「機動戦士Zガンダム」の時に核で吹っ飛んだのに残ってたのか。  気がつきゃジット団のMSばかりだ!持ち出し(ジット団)、譲渡(キャピタル・アーミィ)、かっぱらい(メガ...

ガンダムGのレコンギスタ 26話最終回 大地に立つ 感想

ガンダムGのレコンギスタ 26話最終回 大地に立つ 感想 ああ今回で最終回ですか。 早いですね。 大気圏突入でギアナ高地に来たのですね。 というか、Gセルフの上空にマニィのジーラッハとマスク大尉のカバカーリーが いるじゃないですか。 そこにダハックのクリム…

ガンダム Gのレコンギスタ #26(終) コメント感想

[ 大地に立つ ]

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」

ガンダム Gのレコンギスタの第26話を見ました。 第26話 大地に立つ 戦いをやめさせるため戦場を駆けるベルリだが、強敵からの猛攻で窮地に追い込まれる。 一方、ジュガンが率いるランゲバインとウーシァ部隊を相手に奮戦するクリムとミック。 夜明けに染まるギアナ高地の上空で様々な想いが交錯する中、ベルリの殺さずに戦いを終わらせようとする思いが届き、戦いは終了されることとなる...

世話は頼むって/Gのレコンギスタ26話他2015/3/29感想

<記事内アンカー> 蒼穹のファフナー EXODUS 第12話「戦場の子供たち」 ガンダム Gのレコンギスタ 第26話(最終回)「大地に立つ」  体力回復させねばorz

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話[終]

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話[終] 『大地に立つ』 ≪あらすじ≫ パーフェクトバックパック装備のG-セルフで出撃するベルリ。その眼前に立ち塞がるマスクのカバカーリーとマニィのジーラッハ。ビーナス・グロゥブの新型モビルスーツが乱舞する戦場は重力に引かれ大気圏の灼熱地獄に突入する。 (公式HP World Storyより抜粋) ≪感想≫ 全部終わればノーサイド? ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる