ブログパーツ

弱虫ペダル GRANDE ROAD 第二十三話「約束の道」 感想

先頭は坂道と真波の2名に絞られた。今泉から総北全員の想いを託された坂道は、ゴールを目指し、ただ真っ直ぐに突き進む。一方、真波も頂上を目指し、逸る心と共にギアを1段ずつ上げていく。ゴールまで残り1㎞、ギアを最終10段目まで上げ、圧倒的な強さを見せる真波に、必死に追いつこうとする坂道だが…。


10段加速って必殺技じゃなくて過去には失速してたのか。
灰色の世界を脳が生み出した幻だと振り切って羽を生やす下りは興奮するぜ。

遠くても背中が見えて笑う小野田は本当に怖い。

「頑張りなさい坂道!」
ここは名シーンだと思う。

総北や箱学の面々が次々に出てくる所は「ああ、いよいよラストなんだな」としんみり。

御堂筋君「真の妖怪は眼で殺す!」


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる