ブログパーツ

弱虫ペダル GRANDE ROAD 第二十二話「真波と坂道」 感想

御堂筋との死闘でフレームにヒビが入った今泉を、後ろからアタックで一気に抜き去っていく真波。フレームの状態から追走は難しいと判断した今泉は、坂道に総北の魂を託す。チームの想いを積んで、驚異的なケイデンスで真波を追いかける坂道だが、ギアを上げて独走する真波に引き離されてしまう。



今泉君が失速するけど小野田が追いついて笑う下りは前回に入れておくべきだったんじゃないかな。あの自転車でどこまで食い下がれるか期待してたから拍子抜け。

「手の震えは自分で止めろ。仕掛けるポイントは自分で判断しろ。お前は1人しかいない。だが心配するな。その背中のジャージには、俺達総北全員の意志が込められている!」
でもここの部分は盛り上がるね。その後の今泉君が小野田を信じてたって所も。

「真波君、僕は!僕は君を抜いてゴールを取る!」
この時、真波がヤバい顔をしてたな。

頂上の景色を一番先に見たい真波はちょっと今泉君と似てるとこあるな。
今泉君の場合は先頭が静かだからだけど。

東堂は真波の事をよく分かってるね。
ここ一番の大舞台、そして自分の得意分野で力をセーブしたくない気持ちは分かる。

どんどんギアを上げて行って危険なテンションの真波の背後にチラリと映る小野田で「!?」となった。こえーよ。


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル GRANDE_ROAD 第22話「真波と坂道」 感想 ラストは1年生対決なのか……?

いろいろあったけど最後はオタクvs天然。 小野田は主人公じゃなければカッコいいと思うんですけどね。 どうしても補正かかってるように見えちゃう。 以下ネタバレあり。 弱虫ペダル 38 (少年チャンピオン・コミックス)(2015/02/06)渡辺 航商品詳細を見る

弱虫ペダル GRAND ROAD RIDE.22「真波と坂道」

評価 ★★★ 抜く! 抜く! ぬ……!?           

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる