FC2ブログ
ブログパーツ

戦国無双 第九話「大坂の風」 感想

前田慶次とともに大坂へ到着した真田幸村は、豊臣秀頼と対面。若き主の覚悟を知り、戦う決意を新たにする。
ほどなく、徳川家康と豊臣秀頼の会談が行われ、そこで家康は、秀頼に天下人としての器量を認める。もはや徳川と豊臣の戦が避けられないことを真田信之も確信する。
戦に向けて動き出す大坂城。徳川の大軍を相手にいかに戦うか、考え抜いた幸村はある秘策を思いつく。



史実では死んでる加藤清正や前田慶次、なんかパッとしなかった福島正則も加わって豊臣方は豪華になってきたな。
後は宇喜多秀家が八丈島から泳いで来れば……

「信之様が背負う重荷、稲も共に背負って参ります」
「否……」

口先だけのモブ家臣より清正や正則の方がよっぽど役に立つよね。

家康はあえて上座に座って秀頼の出方を窺ったんだろうか。
乱世の宿業を終わらせようとしてる家康にすりゃ、戦好きと言われるのは内心で苛ついてそう。

「あげない」
大物オーラあるな。

ここで登場か、真田丸。

稲ちん、前はちゃんと弁当作ってたのに今回はサプリメントかよ。



関連記事

テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる