ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第32話「「セト神」のアレッシー その1」 感想

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

-----------------------------------------------------------------------------------

















ジョセフとアヴドゥルがマライアと戦闘を繰り広げていた頃、承太郎たちはふたりが来ないことを不審に思い、ルクソールの街中を探る。すると、ポルナレフが殺気を出しながら自分たちを尾行する男を発見。男の正体を探ろうした直後、男の影が伸びてポルナレフの影に迫ってくる。とっさに身をかわしたポルナレフだったが、男はその隙に逃げ出してしまった。その直後、ポルナレフは自分の衣服が妙にブカブカになっていることに気付き…?





ケバブを奪うイギーは本当に意地汚ねえ。
ジョセフとアヴドゥルの戦いを見て立ち去るシーンは良いオリジナル。

名探偵コナン状態のポルナレフ。
ショタナレフの声は藤村歩か。

心配してくれたおじさんへの態度は良くなかったな。だからって暴力はいけないが。

チャリオッツが弱体化した事を考えると赤ん坊の状態であそこまで強力なスタンドを出せたマニッシュ・ボーイはすげえ。

「ざまあみろ。狙ってやったぜ」でジョセフとカーズの戦いを思い出した。

入浴シーンは興奮するぜ。
けどモンキードゥとは一体。




関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース32話感想

 親戚にラピュタのマ=ドーラ婆さんでもいるんじゃないのかお前。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる