ブログパーツ

東京喰種トーキョーグール√A 第8話「旧九」 感想

かつて功善(クゼン)という名の喰種がいた。人を、喰種を殺し続けた功善は、孤独な日々を過ごしていた。やがてその能力を買われ、ある組織と手を組むようになるが、孤独感は癒えないままだった。そんな時、功善は通っていた古い喫茶店で憂那(ウキナ)というひとりの人間の女性と出会う。ふたりはやがて愛し合うようになるが…。



子供には栄養が必要で奇跡が起きたってつまり……
ウキナはどことなくちゃんヒナと似てるが、もしかして妙に構うのはそれが理由だろうか。

毎日依子の手料理はきっついな。

満員御礼のあんていく。
鳩が潜入してるのかと思ったけど魔猿さんや入見さんの知り合いか。

トーカの夢は学校の先生や喫茶店。叶うといいね。

店長が語った豆への向き合い方は人間と喰種の関係にも当てはまりそう。
挿入歌が流れる中での三人のやり取りにはしんみりする。誰にも死んで欲しくないな。





関連記事

テーマ : 東京喰種トーキョーグール
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる