ブログパーツ

寄生獣 セイの格率 stage:20「罪と罰」 感想

警察と特殊部隊の共闘による広川率いるパラサイト掃討作戦がついに幕を開けた!山岸率いる特殊部隊は、特殊なセンサーを使用し、混乱が起きつつも確実にパラサイト達を追い詰めていく。だが人間側の勝利に終わるかに見えた戦況は、ある1匹のパラサイトの手によって覆ろうとしていた・・・。


シナリオ:藤田伸三 絵コンテ:清水健一
演出:澤井幸次 作画監督:嶋 謙一


「市民に銃口を向けるとは何事だ!」
※向けてません。

三人並んでた中の男の方もパラサイトだったのか。あれは騙される。

人を持ち上げてた奴は広川達を逃がす為に囮になったのかな。だとするとパラサイトも自己犠牲をした訳で、こりゃ一筋縄ではいかないな。

装置が壊れた状態だと浦上の発言力が極めて高くなるけど、あんまりよくない状況に思えるな。面白半分で嘘を言ったりしそう。

蜂の巣にされても大丈夫な後藤は規格外だな。それでも人類が殺す気なら殺せるだろうけど、


関連記事

テーマ : 寄生獣
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寄生獣 セイの格率 stage:20「罪と罰」

寄生獣 セイの格率の第20話を見ました。 stage:20 罪と罰 警察と特殊部隊の共闘による広川率いるパラサイト掃討作戦がついに幕を開け、山岸率いる特殊部隊は特殊なセンサーを使用し、混乱が起きつつも確実にパラサイト達を追い詰めていく。 流れ弾でセンサーが壊れるも浦上の能力と一般人の犠牲をいとわない作戦によって、市庁舎にいたパラサイト達の大半は駆除されるが、「後藤」に襲...

寄生獣 セイの格率 #20 「罪と罰」

何で一台しかないんだ…。 虎の子が一台しかないのか…。 あっという間にお釈迦にされましたね。 そして殺人犯をトキハナツ! ・あ、最初から市民抹殺の話なのね パニックにされて騒がれない様にするために、避難誘導という事にしたのか。 最初っからそんな気は無くて、運が良ければ助かった……。 ロシアなら建物ごと爆破じゃないかな! 立ち上がるなというあの場で、立ち上がったあの市民は、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる