FC2ブログ
ブログパーツ

戦国無双 第七話「紅蓮の刃」 感想

徳川秀忠が、父、徳川家康の跡を継ぎ二代将軍となり、大坂では反徳川の機運が高まる中、真田信之は徳川の使者として大坂城の豊臣秀頼に謁見する。秀頼の悠然とした振る舞いに戸惑いつつも、信之はしばらく大坂に滞在することに。
一方、禁を破ったことで更に警備が強化された九度山の真田幸村のもとに、関ヶ原で深手を負った井伊直政が現れる。幸村の槍を携え、対決を迫る直政だが、二度と槍は持たないと誓った幸村は、直政の求めに応えようとはせず…。


赤備え対決。
直政の「駄目すぎる」がおもろい。

村人を助ける直政だけど、流石にここで幸村との戦いを優先させたらドン引きだよね。

「混沌に沈め」
無防備な相手を一撃で仕留められない風魔小太郎ェ……
すずを身を挺して庇う所だけどさぁ、むっちゃ「ぱらっ」とした感じで普通に振り払えたんじゃね?と思った。

「幸村……次は俺と……戦え……」
それが直政の最後の言葉だった……
って、えええええええええ!?ネタじゃなくてマジで死んだの!?

藤堂高虎と可児才蔵。どこで差がついたのか。

今回示唆されたのは二条城会見かな。
加藤清正や藤堂高虎も参加したんだよね。で、清正は毒饅頭に倒れる。
そういやホライゾンに平岩親吉は出てくるのかな。



関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる