FC2ブログ
ブログパーツ

戦国無双 第五話「命の行先」 感想

関ヶ原にて石田三成は非業の死を遂げた。
江戸城では徳川による戦後処理が行われ、真田幸村の処遇をめぐって激しい議論が続いていた。上田城で事実上の敗北を喫し、関ヶ原へ遅参するという煮え湯を飲まされた徳川秀忠を筆頭に、多くの者たちが幸村死罪を叫ぶ中、徳川家康は兄である真田信之の考えを求める。信之の出した結論とは…。
一方、大坂では、三成亡き後の豊臣を憂う家臣たちの声が日々高まっているが、大坂城の若き主・豊臣秀頼は、泰然としていた…。






助命嘆願する忠勝と稲姫の親子。
でも信之の立場だと「死罪もやむなし」というしかないよな。

高野山配流。西軍側で死罪になった武将の方が少ないよな。
上杉景勝や毛利輝元は減封、西軍副将の宇喜多秀家は流罪、島津なんかは本領安堵だし。
信之やくのいちは情で幸村に生きてほしいけど幸村は武士の意地で死にたがってる。
ぶっちゃけ史実でも豊臣家の恩顧に報いるとかじゃなくて自分の矜持の為に大阪に乗り込んだよね、きっと。

幸村の蟄居に対して自分が評定の場にいればそんな事はさせないと言ってた直政。人望あるな、幸村。

前回の次回予告に出てきた謎のイケメンは秀頼だったのか。
今の所はなんか底知れぬキャラとして描かれてるが……

武士らしい武士の死で太平の世を築くのが家康の目的か。

稲姫、メシマズかと戦々恐々してたけど愛妻弁当を間違えただけで一安心。




関連記事

テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる