ブログパーツ

戦国無双 第四話「関ヶ原の落日」 感想

上田城における、真田信之・幸村の兄弟対決。
会津における、上杉景勝・直江兼続率いる上杉軍と、伊達政宗・片倉小十郎率いる伊達軍の対決が続いている頃――関ヶ原でもついに戦いの火蓋が切られる。圧倒的な兵力による陣形、さらに地の利。加えて上田城の幸村による徳川秀忠軍の足止めも功を奏し、石田三成は優位に戦を進める。しかし、徐々に風向きが変わっていく。
腹心の島左近は、井伊直政と激闘を繰り広げ、大谷吉継もまた藤堂高虎と相まみえていた…。


加藤清正、福島正則を差し置いて井伊直政独断専行。
幸村との赤備え対決とか見てみたい。あと義母の井伊直虎の登場はまだですか?
しかしあれだな。赤井直正も赤鬼と呼ばれてたよな。「なおまさ」という名前と縁があるんだろうか。

小早川秀秋は登場せずか。
土壇場で裏切ったように言われてるけど鳥居元忠に接触した辺りから思いっきり東軍として活動してるよな。伊藤盛正を松尾山から追い出したのだってねぇ。
吉川広家「うめえ!弁当うめえ!」

政宗「味方ごと撃つなんて秀忠は最低だな」

一騎打ちはどれも盛り上がりに欠けるな。吉継の死に様は……戦場で棒立ちしてりゃあな。流れに抗えなかったね。
4話で関ヶ原終了というのは斬新な戦国物だぜ。


関連記事

テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる