ブログパーツ

夜ノヤッターマン 第3夜「俺たちは天使じゃないけど天使のフリをする」 感想

「お前達は、本当の正義じゃあない。清く、正しく、美しく、ドロンボーがいる限り、この世にヤッターマンは栄えない!闇を払い!この世界に新たなる夜明けを!」


アルエットは、突然現れたドロンジョを自分の願いを叶えに来てくれた天使だと思い込んでしまう。アルエットと同様に、両親を奪われたことからヤッターマンに恨みを抱く幼なじみのガリナは、ドロンジョたちと共にヤッターマンにデコピンを食らわすことを決意。一同はヤッターマンがいるという首都ヤッター・メトロポリスに向けて旅立つ。




誰にだってヒトには言えねえ過去の一つや二つある
俺たちは天使じゃねえんだ!

「もっと触って宜しいんですよ?」
変態だー!?
ボヤッキーは先祖によく似てるぜ。

一騎も盲目だけど料理してたな。

エグリゴリの事を変態天使と呼ぶのやめてやれよ。

アルエットの発言を額面通りに受け取らず困惑したり小便かけられて怒ったり撃つのを躊躇ったりAIの性能たけーなおい。

そりゃそうさ岬って宗谷岬?

ガリナが一晩でやってくれました。

「仕方ないねぇ。好きにしな」
高笑いして炎の中から現れて夜明けを背にするのが最高に格好良い。
自分の行動をサイコロの目で決めてたガリナは、いずれサイコロに頼らず決断する前振りだと思ってたけど早々にやってくれたな。テンション上がるぜ。
アルエットの方はまあ、そのうち現実と向き合う展開が来るだろう。
そういやアルエットがママに似てるってのはどういう伏線なんだろう?実はママやレパードはドロンジョ様だけでなくヤッターマンとのハイブリッドとか?

「ぽちっとな」
ボヤッキーの開発力は異常。

「勝てなくてもいい、今は負けなければいいんだ!」
なんだろうね。過去作の敵を主人公に据えた本作ならではの台詞って感じで痺れるぜ。


関連記事

テーマ : 夜ノヤッターマン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる