FC2ブログ
ブログパーツ

戦国無双 第二話「犬伏の別れ」 感想

天下人、豊臣秀吉の死により再び世は乱れ始める。石田三成は豊臣の天下を守らんと、最大勢力である徳川家康を敵視するが、誤解されがちな振る舞いを重ね、次第に孤立していく。
そんな中、真田幸村は、三成にこそ「義」があると信じ、直江兼続を加えた3人で「義の誓い」を交わす。一方、兄の真田信之は家康こそが「泰平の世」を築くことができる唯一の人物と考え、家康のもとへ。
三成と家康の決戦が迫る中、真田兄弟が落ち合う運命の地は―犬伏(いぬぶし)。




沈惟敬(ドヤァ…)

「やる夫が真田家に生まれたようです」での武田家滅亡は印象に残ってるな。

既にこの時点で真田家を守ろうと決意した信之と三成に自分達のような思いをしてほしくないと思ってる幸村ですれ違いが生まれてるんだよな。
幸村が義なら信之は考かな?

前田利家の扱いがひでえ。

越後から会津に国替えになって大変な上杉。
堀直政「大変っすね(白目)」

三成は言葉が足りないってレベルじゃない。
島左近や大谷吉継は苦労するな。

ゲームだと一人旅中のおねが各地で戦うんだろうな、きっと。

おにぎりでけえ。食ってみたいな。

アニメだけだと家康が景勝にいちゃもんつけてるようにしか見えないな。

桃園の誓い。
史実では佐竹義宣や津軽為信なんかも三成と仲が良いよね。

関ヶ原では親兄弟で西軍東軍に分かれるケースがちらほらあるな。
蜂須賀とか前田とか生駒とか。

キーボードクラッシャー三成。
一方の藤堂高虎は流石の器用さ。



関連記事

テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる