ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第25話「「愚者」(ザ・フール)のイギーと「ゲブ神」のンドゥール その1」 感想

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

-----------------------------------------------------------------------------------








DIOのいるエジプト上陸を果たし、ジープで砂漠を横断中の承太郎たち。彼らのもとに、一機のヘリコプターが降り立った。そのヘリは、一行の旅をサポートしていたスピードワゴン財団のもので、ジョセフの要請を受けて承太郎たちの新たな仲間を連れてきていた。ジョセフ曰く、機内には「愚者(ザ・フール)」の暗示を持つスタンド使いが乗っているという。だがヘリの中を見ても、操縦者以外には特に人影らしい人影は見えず…?




「言わなくても見りゃあ分かる」
相変わらずポルナレフに辛辣な花京院。
つーかポルポルのポーズは一体……

イギーのデザインは原作通りか。
ここからどんどんデフォルメされていくのかね。
声優は福圓美里。動物の演技は大変そうだな。

動物のスタンド使いってどいつもこいつも強力だよな。

「念写用のカメラってアニオリだなー」と思ってたら5部で承太郎が見てた写真を撮ってて「おお!」となった。

2週間で9人の相手をちょっぴり疲れるで済ます承太郎は豪気だぜ。

ンドゥールはヘルシー太郎伊藤健太郎か。ミスタもやってたよな。

砂漠で溺死……ケンゾーの拳法かな?
つーか魚は謎だよね。

髪の毛を毟られたくないから放置したり自分が攻撃するのが嫌だからポルナレフにやらせようとする花京院は流石にボッチだと思わされる。
花京院がやられた時に動揺するポルナレフは良い奴。
花京院はこれから暫く離脱なんだよな。



「ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜」
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 田中公平、村瀬恭久 / 歌 - JO☆STARS~TOMMY,Coda,JIN~(富永TOMMY弘明、Coda、橋本仁)

「Last Train Home」
作詞・作曲 - Pat Metheny / 歌・演奏 - Pat Metheny Group




関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース25話感想

 今更ながらなんでサイコパス2の映画は初日が平日なんだ。まだ行けてないのですがパンフ買えるかなあ。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第25話 『愚者(ザ・フール)のイギーとゲブ神のンドゥール その1』 タイトル長が!...OVA第1巻を思い出した。

ジョジョアニメはここから始まった。1993年に初めてジョジョがOVAアニメ化される際、選ばれたのが「第三部・ンドゥール編」です。のちジョセフと承太郎の再会からのエピソードも作られましたが、やはりここが原点かと。 今更助っ人…しかも犬!当初、1.法皇のスタンド使い→のち味方、花京院。2.塔のスタンド使い→敵。3.戦車のスタンド使い→のち味方、ポルナレ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる