FC2ブログ
ブログパーツ

寄生獣 セイの格率 stage:12「こころ」 感想

加奈の特殊な能力は日に日にその力を増していく。これ以上ほうっておくことは彼女自身の身に危険が及ぶかもしれないと考えた新一は、加奈にパラサイトのことを全て打ち明ける。加奈を助けたい新一・・・。嘘をつき、はぐらかされていると思い込む加奈・・・二人の気持ちはすれ違う。

シナリオ:米村正二 絵コンテ:清水健一
演出:山城智恵 作画監督:桜井邦彦



政治家になれるだけの知能と人間への理解を備えたパラサイトが出現しちまったか。
興奮してクネクネするミギーはきもいぜ。

ちゃっかり木の後ろにいた光夫に笑った。

感じる(意味深)

新一は右手が人を斬るのを見たくないと言ったミギーは情がないだけで概念そのものは理解してるんだな。

二人の運命は繋がってると感じたり髪の毛を指に巻く加奈は、こう言っちゃなんだけどメンヘラの素質あり。
「まるでストーカーだ」という台詞も的確。
「あなたなら似合うっていうの?」はきついが。

スマホアプリはちょっと空気を読んで欲しかった。
ああいうのってスポンサー側からこの時間帯に表示してほしいとか要請があるのかな?

傍から見ると落ち込んでるようにも見えるけどな。

「血の色は赤いな……一応は」
新一の苦悩は尽きんぜ。
加奈の行動はなぁ。仕方ないとはいえパラサイトの事は公にされてないから自業自得というのは酷か。
しかし、加奈が特別狙われやすかっただけで他の親しい人間が襲われる可能性もあるんだよな。新一はどうするんだろう。



関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる