FC2ブログ
ブログパーツ

アカメが斬る! 第二十三話「皇帝を斬る」 感想

革命はいよいよ最終局面を迎え、ナイトレイドは、最後のミッションである黒幕の大臣・オネスト暗殺へと向かう。ナジェンダの檄に応えて、革命軍も一気に宮殿になだれ込む。皇帝とオネストの下にたどり着く。狼狽する皇帝とは逆に、余裕の大臣は切り札を発動させる。宮殿が揺れ、床を突き破って現れたものは…。

脚本:上江洲 誠  絵コンテ:碇谷 敦 演出:碇谷 敦
作画監督:碇谷 敦 又賀大介 竹田直樹 豆塚あす香




ランはコードギアスのスザクみたいな考えだったのか。
けどもう現体制が崩壊すると思ってるなら革命軍側に付くべきじゃね?内部から変えたいと考えてるなら。

アカメ、わざわざ天井から登場するならオネストの前に落ちてくればよかったのに。

シコウテイザー……バスターバロンみたいだ。
始皇帝と至高をかけてんのかな。

不慮の事故(意味深)

治療はええな。
幼少時から傀儡にされてた皇帝に同情の余地はあるけど民衆も巻き込んでビームをぶっ放したのはアウトだ。

迷いの中にいたウェイブでもこの事態は見過ごせないよな。
共闘、良いよね。

小西克幸声の兄貴の言葉で覚醒とか劇画調とか天元突破グレンラガンみたい。

シコウテイザーを止める下りでスパイダーマンを思い出した。

アバンでの死亡フラグっぷりがヤバいと思ってたら……
最終回前に主人公死亡というと仮面ライダー龍騎もか。こっちはまだ僅かに蘇生の可能性もありそうな気配がしない事もない。



関連記事

テーマ : アカメが斬る!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ランってキャラはアニメでの存在の意味がはしょられてるからね^^;;
元々シュラの部下に殺された生徒の敵討ちキャラなのにシュラとの絡みの話カットですからね、脚本ぇ~~~~

そもそもキョロク編の途中からアニオリに突入して一部キャラの死亡順番が違ったり原作だとまだ死亡しないで主人公達(タツミ、ウェイブ)といちゃいちゃしてる正ヒロインズが死亡とかね、

Re: タイトルなし

mさん
原作未完結だとそういう事もありますね。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる