FC2ブログ
ブログパーツ

寄生獣 セイの格率 stage:10「発狂した宇宙」 感想

暴走するパラサイト・島田秀雄。猛獣と化した島田には理性や思考の欠片も残されてはいなかった。逃げ遅れた里美のクラスが島田の餌食となり、校内は一変して凄惨な殺人現場へと化す。血と死体の山を越え、里美を救出するため廊下の先へと進む新一。

シナリオ:米村正二 絵コンテ:三条なみみ
演出:白石道太 作画監督:篠田 章、松下純子、川村ゆうき



瓶を割る所でジョセフとワムウ戦を思い出すぜ。

動揺を抑え込めるのは里美を助ける為には良い事なんだけど、どんどん元の性格からかけ離れてる。
モブ男子の反応が自然だよな。

無表情で微動だにしない救急隊員に笑う。

けじめの概念はまだミギーには理解出来ないか。
「この状況なら警官が勝つよ」
この台詞も最終的には勝てるという話であって途中で大勢死ぬ事は勘案してないし。

300m離れた場所から印地で島田を倒すとは……
つーかミギーが鬼の手みたい。

今回の件がなかったら新一と島田の関係はどうなってたんだろうな。
人を捕食する生態である島田の行動に罪があったか否かは難しい問題だ。
でもまあ、結局罪の概念って人間にとって害があるかどうかが基準だしな。

パラサイトの生態を説明している時の先生は楽しそうだな。
人間に化けたパラサイトの髪を抜くともがいて死ぬ。なので政府の意向で髪の毛を抜き合う挨拶が流行。
禿げには辛い時代だ。

よく学校が再開出来たな。まあ、不動高校に比べればマシか。

今回のタイトルはフレドリック・ブラウンの作品だな。
一時期、ナイトウィザードの影響でSSのタイトルをSF作品から引用する事があって覚えてる。



関連記事

テーマ : 寄生獣
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寄生獣 セイの格率 #10 「発狂した宇宙」

禿げは!ねえ、禿げの人はどうすればいいんですか!! 毎日挨拶してたら、普通の人でも毛髪なくなるわwww 厳しい世界になりましたね…(震え声) ・いや、だから煽るなよ。。。 あれ、眼鏡っ子が島田を呷ったばかりの惨劇だよな。 つか、硫酸がそんな簡単に割れるな!って、刃で切ってる? 濃硫酸を体内に巻き込んでしまったから、顔の再生ができないのか。 これは有効な情報かな。 あの子お...

寄生獣 セイの格率 stage:10「発狂した宇宙」

寄生獣 セイの格率の第10話を見ました。 stage:10 発狂した宇宙 「動かない方がいい。動くと余計痛い」 正体を見破った裕子を殺そうと秀雄は本当の姿を現し、裕子は恐怖に震えながらも瓶入りの強酸を投げつける。 強酸を浴びて細胞統制が錯乱した状態に陥った秀雄には理性や思考の欠片も残されてはおらず、頭部が変形したまま校内で暴れ始めてしまう。 逃げ遅れた里美のクラスが...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる