ブログパーツ

ログ・ホライズン 第9話「変わりゆく戦場」 感想

ここは、東北のティアストーン山中にある地下迷宮「奈落の参道」。クリスマス・イブの夜、シロエたち24名のフルレイドメンバーは、レベル97のモンスター「七なる庭園のルセアート」のもとにたどりつき、攻略戦を繰り広げていた。ところが、交戦中の彼らの前に、さらに2体のボスモンスターがあらわれ、戦場は大混乱へとおちいる。シロエと直継も「三なる庭園のイブラ・ハブラ」の炎に包まれて・・・。



ヘイロースの色違いって手抜きなのか設定があるのか。
現実に近付いてるらしいから設定によってはヤバそうだ。

戦闘中に正確にカウントするのって地味に大変そう。

てとらのクッションになってるシロエの顔に笑う。

ピンチでも楽しそうなウィリアムはネトゲ廃人の鑑。

真・白騎士モード。
影の先兵を倒すとルセアートのHPが回復。外から見てる分には面白いギミックだけど実際に戦うとなると面倒だな。
無限ループって恐くね?

ダメージを与えた人間の数だけ影の先兵が発生する。
シロエはよく気付いたな。戦闘開始からあそこまでの流れを全部暗記してんのかな。少なくともルセアートのモーションは記憶しているみたいだけど。
事前に攻撃役を決めてたんだろうから、予定外に攻撃に参加した奴の事を加えれば……あの特性を知らないから難易度には大差なさそう。
まあ、何度か白騎士⇔黒騎士を繰り返してたみたいだけどさ。

別のゾーンのレイドボスが乱入。
現実化してるならこういう事もあり得るんだろうけどクソゲーすぎる。
まあ、シロエは以前アカツキやミノリとのケーキバイキングよりレイドボス何体か同時に相手するとかの方がよっほどマシだと言ってたが。

以前断片的に描かれてたけどシロエを吹っ飛ばしたのってデミグラスソースだったのか。
1期の頃には味のあるキャラになるとは思わなかった。

現実のシロエの顔はまたなんとも。場面ごとに微妙に顔が変わってるけど。

死ぬとああいう事があるならパーティーメンバーは減るし実際に体験してない人間には説明し辛い。
シロエの独白は胸に刺さるな。やめろ。その術は俺に効く。

シロエが真に警戒する三番目の誰か。
一体何者なんだ……?

ムーンセルで目覚めたシロエ。


関連記事

テーマ : ログ・ホライズン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ログ・ホライズン(第2シリーズ) 第9話

ログ・ホライズン(第2シリーズ) 第9話 『変わりゆく戦場』 ≪あらすじ≫ ここは、東北のティアストーン山中にある地下迷宮「奈落の参道」。クリスマス・イブの夜、シロエたち24名のフルレイドメンバーは、レベル97のモンスター「七なる庭園のルセアート」のもとにたどりつき、攻略戦を繰り広げていた。ところが、交戦中の彼らの前に、さらに2体のボスモンスターがあらわれ、戦場は大混乱へとおちいる...

ログ・ホライズン 第2シリーズ 第9話 『変わりゆく戦場』 こんなんチート過ぎだろ!...敵が。

ダメージ上げろ!!レイドボス・七なる庭園のルセアート戦。こちら手を変え品を変えの攻撃を繰り出してくる。でもこれは想定の範囲内。戦闘中にも分析を欠かさず、攻撃のタイミングはカウントを取って対応。序盤は何とか戦えていた。  別に油断も隙も見せていなかったんですが…予想外の事態が発生しましたね。まさかの複数レイドボス出現。レイドボスは一度に一体という常識を覆す状況に、無理ゲ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる