ブログパーツ

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」 感想

 法皇との会見場に母と父を残したベルリとアイーダ達は、ケルベスの誘導でビクローバーから離れてメガファウナに戻った。キャピタル・ガードの補給が完了したメガファウナは、キャピタル・テリトリィからの脱出を図るが、艦にはケルベスも護衛として残る。
 一方、宇宙からの脅威について考えるところがあるという法皇は、クラウンでザンクト・ポルトに上がることを決断する。同行するウィルミット。グシオンはアメリア軍宇宙艦隊の出撃を止めるため、大気圏グライダーで帰国の途につく。
 G-セルフとラライヤとベルリの保護をジュガンに命じられたベッカーは、キャピタル・アーミィが新造したモビルスーツ、ウーシァを擁して、メガファウナの前に立ち塞がる。ブリッジを脅かして要求を通そうとするベッカーは、アイーダのG-アルケインに阻まれて艦から引き離されるが、G系のモビルスーツに興味を示し、G-アルケインを略取しようとする。
 ケルベスがキャピタル・アーミィから持ち出してきた陸戦用の高トルクパックをG-セルフに換装しようと奮闘するハッパ。調整が手間取り、出撃できないベルリは焦るが、アイーダの危機に、バックパックの調整が完了。ベルリは高トルクパックの出力に翻弄されつつも、機転を利かせてウーシァを撃退してアイーダを救った。
 一方、ザンクト・ポルトへ向かう法皇のクラウンに調査部のクンパが現れ、ウィルミットはその動きを訝しむのだった。


脚本:富野由悠季
絵コンテ:荒木哲郎
演出:荒木哲郎
作画監督:[キャラ] 江原康之 [メカ] 胡 拓磨



「僕が言い出したお陰で」
前回からナレーションのベルリは増長してんな。

法皇様は体調悪そうだけど大丈夫かな。
トワサンガはコロニーの名前か。

アーミィは落下系ヒロインに興味津々。

どことなくヘタレっぽさを感じるおっさんは首相だったのか。

ジュガン司令がウーシァを見て昔の鎧の騎士みたいと言われて驚いた様子だったけどなんだろうね。

「お礼が言える人だったんだ」
ベルリは酷い認識だな。

パイスーのチャックを上げるのを手間取っていたのって前回弁当を食ってた奴だよな。

ヘルメットごつんでイデオンを連想。

鉢巻をしてるレクテンが可愛い。

ケルベス教官は軍艦好き。
掲示板で艦これ好きになってる小ネタとか出そう。

「泣いてます。存在意義がないんで」
「カットシーが航空機ならば、こちらには宇宙用の身軽さがある。ジャンプだけでぇー!」
「キャピタルの連中が気にしてるんだから気にはしとけ!」
「何がジャングルに潜り込んだんだぁ!」
「足の下は地球なんだぞ」
これらの言い回しは面白いよな。

「女どもが……」
一人男の娘がいるけどね。

出撃シーンのブースターの噴射が格好良かった。

「じゃじゃ馬娘がぁー!」
艦長も気苦労が絶えないな。 

アルケインを蹴るウーシァの手先の器用さよ。

「なんだぁ貴様は!人が話し合いをしてるんだから、引っこんでなさい!」
ビームライフルを向けられてるのにベッカー大尉は豪気だぜ。
ベルリやラライアを助ける任務がなかったら速攻でメガファウナは撃沈されてたな。

「その子にノーマルスーツ……その子に……」
このクルーの喋り方がすげー気になった。

「この機体もG-セルフに似ていて、気になるなぁ」
どことなくエロスを感じる台詞。
ハンブラビのメタスレイプを連想させる。

「恋を知ったんだ!誰が死ぬもんか!」
やっぱり一目惚れだったのか。

高トルクパック、最初は/ゼロのライガーゼロパンツァーみたいに重くて飛べないのか?と思ったらそういう事はなかった。

バックパックを囮にするのが次回予告で言ってた天才ぶりか。
ぶん殴ったウーシァを追い越して蹴るのがドラゴンボールっぽい。
絵コンテと演出が進撃の巨人だけあって動きがすげーわ。

ウーシァの上で踏ん張るベッカー大尉がコミカルで面白い。

アメリアの大統領が宇宙艦隊を発進。
クリム・ニックの父親らしいけどどういうキャラなんだろう。

「あのマスク男は異常だ」
知ってる。

ラライアが盲導犬のポスターに採用されたらしいね。

関連記事

テーマ : Gのレコンギスタ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あっていいのかしら/Gのレコンギスタ10話他2014/11/29感想

<記事内アンカー> ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」 PSYCHO-PASS サイコパス 2 第8話「巫女の懐胎」  携帯のEvernoteの調子が不調。ブログ原稿をこれで書いたりするのですが、書いたものが保存されないとかどういうことかと。特定のノートだけのようだけど、原稿用のノートを再作成しても発症したし……再インストールしてみて直った、か?

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話 テリトリィ脱出 感想

ガンダム Gのレコンギスタ 私だ TBS10話です 前回ケルベスに連れ去られるかのように出て行ったベルリとアイーダ アーミィに捕まらないようにメガファウナへ帰すための手引きでした メガファウナに協力的だし気さくだしケルベスのキャラがどんどん立っていく この人、デレ...

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」

ガンダム Gのレコンギスタの第10話を見ました。 第10話 テリトリィ脱出 法皇との会見場にウィルミットとグシオンを残したベルリとアイーダ達はメガファウナをキャピタル・テリトリィから脱出させようとする。 だが、その前に新型MSウーシァを擁するベッカーが立ち塞がり、G-セルフの高トルクパックの調整に時間がかかって出撃が出来ずにアイーダが窮地に陥ってしまう。 調整が終わり...

「Gのレコンギスタ」10話は「荒木哲郎の進撃のレコンギスタ」である。

「Gのレコンギスタ」10話を視聴。 荒木哲郎さん絵コンテ・演出回のWIT STUDIOグロス回。 グロス回とはいっても、進撃の巨人を支えた精鋭スタッフ勢揃いなので いわゆる只のグロス回ではない。 むしろWIT STUDIOがサンライズにクオリティ合戦を 仕掛け殴り込みをかけるようなものであるという認識。 ただこうした各社ごとで競い合っていく様を見るのは、 見ている側とし...

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話 『テリトリィ脱出』 シャダムがノリノリで面白かった、そしてアイーダ安定のヘッポコ。

トワサンガ=スペースコロニー!この時代でも宇宙に人は住んでいた。交流は絶えているのか、密かに繋がっているのかが気になります。∀ガンダムではムーンレイスが地球に来る所から始まりましたが、その前段階という感じです。 もしかしてラライヤってロランみたく環境適応実験で降下してきたのかな。コスチュームが可愛らしくなって相変わらずフリーダム。ビームライフルの…せんそう&hel...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる