ブログパーツ

弱虫ペダル GRANDE ROAD 第七話「迫る、集団」 感想

遂に始まったインターハイ3日目。先にスタートしたエースに追いつく為、共に走る〝協調〟体勢に入った総北と箱学。一方、広島呉南の待宮も、後方集団を束ね〝協調〟を始めていた。奈良三里や熊本台一を次々と呑み込み、40人以上の大集団となった待宮たちは、驚異的なスピードで先頭集団を捉えようとしていた…!


先頭のエースに合流する新開と今泉。
後続を待たずそのままゴールを目指す。弱泉君復活か。

先頭に追い付かないのに事故に遭ったと考える小野田の思考回路はよく分からん。

いい加減小野田の豆腐メンタルはうざくなってきたな。
「チャンスを掴んだ者は置いていった者の心を積んで走ればいい」
「寂しい、楽しい、皆と一緒に走りたい。おめえのそういうのは、勝ち負けには関係ねえ。けど、意外に皆の背中、押してんだぜ」
金城先輩や巻島先輩は格好良かったけど。

「坂道君、感じる?」(意味深)

荒北「ここは俺に任せて先に行け」

ずっと協調すると思ってた田浦は呑気すぎる。
待宮のやった事は別にえげつなくないよな。もっと追いついてから飛び出した方が良かったんじゃね?と思うが。

Cパート
※映画館では静かにしましょう。
金城ー!?

関連記事

テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル GRAND ROAD RIDE.07「迫る、集団」

評価 ★★★ この人達は……ざわつくカンジだ……!   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる