ブログパーツ

弱虫ペダル GRANDE ROAD 第六話「モってる男」 感想

最終日に突入したインターハイ。スタート前、各校の緊張は最高潮に高まり、坂道たちも気合いを入れる。しかし、そんな空気を切り裂き、広島呉南の待宮が現れる。福富や金城に絡み、自分の運の良さを説く待宮に、動揺する坂道たち。そんな中、行方をくらましていた御堂筋も現れ、遂に3日目がスタートする!


チートや!

魔法が使えるらしい待宮。童貞か。

去年残り5キロで6位だったが先行していた選手のパンクや落車、コースミスで結果的に3位に。
ポコロコみてえだ。

小野田が待宮の言動にやたら動揺しててちょっと鬱陶しかった。
レースに必要なのが自転車って答えた時は笑ったけど。

モチベーション全開の真波。
東堂とも戦う気なのかよ。

カウントダウンの時の0が出ろに聞こえた。

集団が協調して加速するのって当たり前の事だろうに熊本台一はビビりすぎじゃね?

繭(コクーン)
貝殻(シェル)
「同じ目的を持って走っとるわしらは……同じチームメイトじゃ」
心を操るペテン師待宮。
ちゃっかり空気抵抗が0の真中にいるな。

チョコバナナ餃子……クレープみたいなもんか?


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル GRAND ROAD RIDE.06「モってる男」

評価 ★★ こっこの人、痴漢です!            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる