ブログパーツ

ログ・ホライズン 第6話「夜明けの迷い子」 感想

クリスマス・イブの晩、暴走した衛兵・ネルレスの凶刃に倒れてしまうアカツキ。そして、気づいたアカツキの目に飛び込んできたのは、現実世界の渋谷の駅前の雑踏だった・・・。なにかから逃れるように街をただようアカツキは、次の瞬間、光につつまれ、静かな砂浜へと転移する。はるか遠くに地球を望む月の浜辺。そこに、シロエがいた。北へと旅だっていたシロエも、同じ晩、どこかで命を落としていたのだ・・・。



これまで冒険者の事を知ろうとしなかったレイネシア。
まあ、周囲の状況を変化させるより現状維持をしたい気持ちは分かる。

友達が増えるよ!
やったねレイちゃん!

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
アカツキの死後の渋谷や月の海での描写はやっぱり文章媒体である原作の方が分かりやすいな。

Bパートの最初の方のアカツキの作画が大人っぽい気がする。

おにぎりのえんむすび、おむすびと縁結びをかけあわせた名称かな。

サブ職人じゃなくても調理が出来るようになったりアバターが女性だと中の人が男でも声が徐々に女になっていったりアキバと富士の距離、ひいてはヤマト全体が広がっていたり変化が発生してるな。
ゴブリンが戦闘訓練を行ったのもその一つなんだろうか。

一部のアイテムのフレーバーテキストが現実化。高山三佐の鎌災厄が暴走してミロード消滅。
どんなフレーバーだったんだろう。

シロエの陰にいる心地よさに甘んじて他者との交流を行ってこなかったアカツキ。
このエピソードはアカツキの成長物語っぽいね。


関連記事

テーマ : ログ・ホライズン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ログ・ホライズン(第2シリーズ) 第6話

ログ・ホライズン(第2シリーズ) 第6話 『夜明けの迷い子』 ≪あらすじ≫ クリスマス・イブの晩、暴走した衛兵・ネルレスの凶刃に倒れてしまうアカツキ。そして、気づいたアカツキの目に飛び込んできたのは、現実世界の渋谷の駅前の雑踏だった・・・。なにかから逃れるように街をただようアカツキは、次の瞬間、光につつまれ、静かな砂浜へと転移する。はるか遠くに地球を望む月の浜辺。そこに、シロエがい...

ログ・ホライズン 第2シリーズ 6話 感想 レイネシア姫の覚悟を無駄にしないため、アカツキちゃんがリベンジに奮闘です!

[夜明けの迷い子]そっか、ひとりになって初めて気づいたんだね どうにかしたくて必死にもがいても、そのやり方がわからない でもよかった、助けてくれる人達がたくさんいてさ!

ログ・ホライズン 第2シリーズ 第6話 『夜明けの迷い子』 リアルアカツキの目が超リアル。

最近出番の多いリーゼですが、最初見た時は面食らった。「境界線上のホライゾン」 から出張してきたキャラなのかと。何せホライズンとホライゾンですし。 死~後~の~世界~。これまでも何度か描写されていた、夜の海に立ち上る光という幻想的な風景。そこに至る過程で元の世界の風景にも出くわすようです。ゲームキャラじゃないアカツキの作画が物凄く気合入ってますね。でも目は見えない。と思ったら目のアップ、まつげ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる