ブログパーツ

弱虫ペダル GRANDE ROAD 第五話「薬局までの3㎞」 感想

インターハイ2日目の夜。レースに敗れた御堂筋は「明日のレースには出ない」と石垣たちに告げ、一人宿舎を後にする。ところが、自転車で京都に帰ろうとする御堂筋の前に、同じく自転車で薬局に向かう途中の坂道が現れる。御堂筋は坂道を無視するが、坂道はずっと気になっていた事を聞くため、御堂筋を追いかける。


全てを出して手を尽くしても勝てなかったから退部を決める御堂筋君。初めての挫折だったのかな。
石垣も石垣で大変だ。

「ザクザクって言ってるけど、アニメ好きなの?」
アニオタに限らないけど、オタクって同類を見つけると饒舌になるよね。
真紅の隊長機……ジョニー・ライデンかな?

王立軍の人型兵器、真紅の2号機……オネアミスとエヴァ?

一人で毎日という点は同じだけど、アニメグッズを買いに行くのと母親の見舞いを同列に考えるのはどうかと思う。

やられてる時の方が速い小野田。
自転車に乗って誰かと一緒に走ってると楽しくなって笑ってしまう。
それに対して母親の事を思い出して何か思う所がある御堂筋君。
この展開をやりたかったのは分かるし、この場面だけなら悪くないけど、選手に買い出しに行かせるのは不自然だよな。

同じく坂を上ってるとどうしても笑ってしまう真波。こっちは邪悪な感じだ。
小野田や御堂筋君と出会うと思ったけど違った。

(どんなにお前が2日目ボロボロになっとっても、俺がゴールまで連れてったる。せやから……来い……一緒に走ろやないか、御堂筋)
(昨日に負けへん最高のアシスト決めたるから、来い!御堂筋!)
「なんや、あかんやろ。こんな時間にこんな所でうろついとったら。石垣君。スタートで待っとかな。君は僕の、アシストなんやから」
坊主頭になって復活する御堂筋君。歯も治ってるな。
石垣の思いが無駄にならなくて良かった。

広島呉南工業高校の待宮栄吉(CV関智一)
このセクハラっぷりは中の人とシンクロしてるな。

インターハイは途中何があっても最終日に先頭でゴールした者の勝ち。
自分がずっと思ってた事を言ったな。
まあ、他のチームへの精神的圧力とかあるんだろうけど。

Cパート。
風呂場でラブ☆ヒメを歌う小野田と田所。
タンバリン鳴らしてる鳴子や安定のオタ泉君にも笑ったけど、金城が不意打ちすぎて腹筋に来た。


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる