FC2ブログ
ブログパーツ

寄生獣 セイの格率 stage:4「みだれ髪」 感想

殺人鬼A事件のその後、普段の生活を取り戻すが新一に元気が戻らない。
心配に思った母、信子が新一に話をかけるが誤魔化す様な態度をとる新一。
新一の様子がおかしい事を信子は夫の一之に打ち明けると、昔の事故が原因ではと諭される。
思わず見る信子の手には古い火傷の傷痕。幼少期の新一との過去が思い出される。

シナリオ:米村 正二 絵コンテ:佐藤 雄三
演出:石田 暢 作画監督:芦谷 耕平



この状況で恐怖を抑え込める新一はすごい。

ミギーが防御で新一が攻撃を担当。
こういう分業がバディ物?の醍醐味だ。

新一には何も出来ないと思っていたのが敗因だけど、人の体を乗っ取るパラサイトには当然の思考だったな。

人殺しを気にする新一に対して「人間じゃないだろ、あれは」と返すミギーはやっぱりパラサイトだな。

致命傷を負ったAは田宮の体を奪おうとするが爆死。田宮も容赦ねえな。

殺人を続ける田宮を殺そうと決意する新一だが……
人間を食糧にしなくても恐らく生きていけるパラサイトだが、人間を食い殺せという命令を受けているので殺す。
本能って事なのかな。
あと、僅かだけど混じってるって何の事だろう。

四足歩行のミギーは本気で気持ち悪かった。
ベッドの中で手をもぞもぞさせてる新一はオナってるようにしか見えない。
その上でドアを開ける時は必ずノックするように言ったら……とか思ってたら親父がマスでもかいてたのかと言って吹いてしまった。

今回は母親の偉大さが描かれていたな。
田宮が偽物だと気付いた母親とか熱い油から新一を庇った信子とか。
赤子を何かの実験に使う気の田宮だけど、いずれ母性を理解する日も来るんだろうか。



関連記事

テーマ : 寄生獣
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寄生獣 セイの格率 stage:4「みだれ髪」

寄生獣 セイの格率の第4話を見ました。 stage:4 みだれ髪 殺人鬼Aに対して机や椅子で作ったバリケードで時間稼ぎしようとするのだが、それは自らの逃げ道を塞ぐものであった。 それでも攻撃すると見せかけて防御に集中するミギーと攻撃に専念する新一の連携プレーにより返り討ちに遭ってAは瀕死の状態となり、良子の体に同居しようとしたが、逆に罠にかかり爆死するのだった。 普段...

寄生獣 セイの格率 4話 感想 Aさんに勝利したのはいいけど、両親に不穏なフラグが建ってないか実に不安だ!

[みだれ髪]ミギーがわんこに!?かわいいっすね、癒されるうw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる