ブログパーツ

弱虫ペダル GRANDE ROAD 第二話「エースたち」 感想

2日目のゴール直前。3校の先頭争いが続く中、エースアシストの今泉は、勝負のクランク後でエースを切り離すタイミングを狙っていた。しかし、御堂筋がクランク前で予想外のアタックを賭け、ゴール前は一気に御堂筋の独走状態に!役目を果たせず悔やむ今泉だが、金城はチームの想いを背負い、全力で追走を開始する!



360度方向転換するクランクって下手すると大事故が起きそう。
でもそんなコースを顎を擦ってでも曲がる御堂筋君の勝利への執念が半端ねえ。
結果、総北、箱学に対してマージン4秒。

再び弱泉君になるが、
「背負うな、今泉。お前は十分な仕事をした。ゴールに向かって最速で俺を引いてくれた。誇れ」
「金城さん……」
「悔しさ、後悔、失敗や成功、希望、意志、全てだ。仲間がお前にそうしてきたように、お前もすればいい。託せ、心を。最後だ。託された全員の願いと心を背負って、最後にゴールにそれを叩き込むのは、俺の……エースの役目だ!」
金城さんは本当に格好良いわ。

福富は金髪の耕太に見える。
ちゃんとゴッドハンドをガードしたな。

独走するもきもい発言に反応する御堂筋君。
一緒に走る選手が言ったならまだしも観客の発言を気にしすぎだろ。

Cパート
もこみちかよ。
自己流スパイダートーストに必要なのはオリーブオイルバルサミコ酢~

提供
フィストファック
まさかの新開×御堂筋君

関連記事

テーマ : 弱虫ペダル
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる