FC2ブログ
ブログパーツ

咲-Saki- 全国編 第3局「始動」 感想

※原作のネタバレあり

「こんな気持ちになるのなら……愛などいらぬ!」
回想の回想。
のどっちがまだ阿知賀にいた頃の話。
憧ちゃんは阿太峯に進学し、しずとも疎遠になり、のどっちは次第にネット麻雀にのめり込んでいく。
しずものどっちが転校する事が分かってたから遊ぶのが辛かったのかな。

「チー」と言ったシステムアナウンスはあいぽんか?

転校した高遠原中学校で運命の出会い。
タコスの貴重なロングスカート。

キャーすばら先輩ー!
原作の頃はまさかあれほどの奮闘をするとはとても思わなかった。


回想に戻り、咲、和、マホ、ムロの試合。

東一局一本場 親・マホ
この局のはマホはのどっちのような精密なデジタル打ち。
スーパーまほっちというハンドルネームでネット麻雀をしているらしい。
ただしレーティング1200。のどっちは2300だっけ。千里山の藤白七実が2629で。

マホ、胸も真似出来るようにテニプリの仁王に弟子入りするのだ!
……あれ、もしかしてこの二人ってたったの一歳差なのか?

東二局
マホ、ドラの三筒を捨てれば三色の三門張だが、ドラに意味がある気がして四索を捨てて三筒単騎待ち。直後に咲から三筒が出て8600で和了る。
これは部長の打ち方だな。

東三局
これまでの二局でも異常性を垣間見せていたマホだが、この局でそれが完全に炸裂する。
咲の五萬待ちを見抜き、更に
「マホ…嶺上でツモれる気がします。カン!」
八萬をカンして赤ドラの五萬を引き、
「嶺上開花ツモドラ2――…2000・4000です!」
そしてこの作品における強キャラの証、目から炎。
これには咲もびっくり。

東四局
マホはこの局もカンするがツモならず。しかもカンのせいで役なし。トイトイや三暗刻が見える手ではあったが、のどっちに振り込んでしまう。

実に安直なカンだ。
先輩と4ヶ月ぶりの再会という特別な日の対局にこんな単純な闘牌をしていいものですか?
マホは忠告を無視してみせる事で和の顔をつぶしました。

話は逸れるが、咲の連載だが放送以降、天鳳で考えなしのカンする人間が多くなってうざがられてるらしいな。
まあ、哭きの竜の連載以降、雀荘で副露する人間が増えたって話も聞くしそういうもんなんだろう。
ムダヅモ無き改革に影響されて轟盲牌や天地創世(ビギニング・オブ・ザ・コスモス)をする人間が出てこないか心配だ……

「今のはそうでもなかったですけど、前局はマホ、できるかもって少し思ってしまったりしたです」
「そんなオカルトありえません」
3期初のSOAいただきました!

憧れが強すぎて模倣の域に至ったマホのコピー。しかし持続するのは一局。
それでも複数人の打ち方をコピー出来る時点で強すぎる。
まあ、模倣する相手が近くにいないと駄目って制約とかあるかもしれん。

マホが通ってるプロって二階堂姉妹だっけ?

南一局
気合を入れるマホだが、うっかり多牌してしまいそうになる。
……これは笑えんな。自分はネット麻雀オンリーだからリアルだと多分やる。
ただマホの場合は毎日何かしらのチョンボをするらしい。タコス曰く永遠の初心者。

再び回想の回想。
部長とカツ丼さんの意味深な会話。国麻の伏線はいつ回収されるのか……
部長の私服可愛い。

結局大敗するマホ。
咲の点数は+10 -10 0でプラマイゼロ。
どうなんだろうね、咲のこれ。全国の二回戦を見るに本気でやるとこうなるっぽいけど。

部長がマホを呼んだのはまこに経験を積ませる為。
……ここでまこを強化してしまったばかりにエイスリンが……

何やらタコスに襲われてるのどっち。
やべーぞ!レイプだ!

部長は自分の強化の為にまず衣に声をかけ、次にかじゅの元に行く。ジゴロ無双スタート。
「なななななんで下の名前で呼び捨てっすか!」
「昨晩仲良くなってな」
「昨晩!?仲良く…!?」
「落ち着けモモ。特に何かあるわけじゃない」
「何かって――!?」
モモの動揺っぷりが可愛い。

そして最後にキャプテンの所に。
キャプテンの背中を押す池田の健気さに泣いた。

昨夜の試合から興奮して寝付けない(意味深)
何があったんですかねぇ……

「今年の夏ははじめて他校を本気で応援することになりそうだ」
「アハ」
何か良い感じな二人。何かを察知したのかタイミング良くやってくるキャプテン。
「あの、朝食準備の合間にお弁当を作ってみたんですけどもしよろしかったら…」
キャプテンの差し入れの中には爆弾が……

地味に進行するむっきー×文堂。


Bパートでようやく回想終了。
全国大会1回戦第9試合中堅戦。
洋榎ちゃんが本格登場。

トップは広島の鹿老渡高校で168800点。姫松は2位で111300点。点差は実に57500点。
どうも漫ちゃんが不発だったっぽい。代行に「卯」って書かれてるし。

原作読者の多くが気になっていただろうちゃちゃのんこと佐々野いちごのCVは松来未祐さん。広島の呉市出身の地元声優。
戦国乙女でも広島の毛利モトナリを演じてたな。あれは大友ソウリン(野中藍)も長宗我部モトチカ(沖佳苗)もご当地声優という謎のこだわりを発揮してた。

1位のちゃちゃのんが切るのは九索。
鞍月と斐太商業が九索を切っているのでこの二校に対しては現物。
八索は全部見えているので仮に姫松の待ちでも地獄単騎確定。
……まあ、切っちゃうよね。

しかし残念ながら振り込んでしまう。チャンタかと思いきや清老頭。
「そんなん考慮しとらんよ…」
ヤンガン掲載時、アップローダーをコラで埋め尽くした伝説のシーンだ。

嶺上牌の一萬を切って清老頭の気配を薄める洋榎ちゃんの技が光る。
でも親リー相手にカンしてるし、結構追い詰められてたんだろうな。
インハイで初めて役満和了ってドキドキしたり誰も出迎えに来なくて怒ったりするシーンがすげー可愛い。
声優は松田颯水か。新人でも演技上手いな。イメージもぴったりだし、スタッフGJ!

永水の控え室では去年の衣によっていともたやすく行われたえげつない行為が語られる。
それは一回戦で二校、二回戦で三校纏めてトバす。池田の時みたい点数調整したんだろうな……

誰でも敬意をもってあたろうという姫様の姿勢は立派なんだが、姫様の本気って睡眠なんだよな……
それにしても、この頃の姫様を見て一人だけ宿題やってないようなぽんこつキャラだとは到底予想出来なかった。あれも可愛いけど。

他校をトバして一回戦を突破した部長の姿を見て同じ中堅の洋榎ちゃんのやる気に火がつく。
「これはこれは。ちぃーとばかし痛い目見せたらなあかんな!」
読者の多くは(あ、かませだ)と思ったんだが蓋を開けてみると……

しらたき糸こんにゃくのたかみーがちょこっと登場。

原作読者に驚きのサプライズ。
中東帰りの傭兵イタコ、ソロモン王の力を宿す戒能良子プロが前倒しで登場。
次回からオリジナルの解説パートがあるんだろうか?ルー語再現は脚本の負担が大きいかもしれないが。
声は田村少年。境ホラではネシンバラやってたな。

佐藤裕子アナウンサーも登場。
戒能プロの本命ははやりんとどっちなんですか?

いよいよ二回戦開幕。
……姫様はどこから歩いて来たんだ?

シロは相変わらずダルそうだな。

風になびくマントは強キャラの証。
意気揚々と会場に向かうタコスだが、取材をされなかった上に記者の長野全体のレベルが落ちてるだけという発言にタコスは静かに怒る。
特訓に付き合ってくれ、全国まで応援に来てくれた彼女達を馬鹿にされて我慢出来る筈がない。
つーか一回戦ならまだしも中堅で終了という劇的な勝利の後のこれでどうよ。遠回しにそれ以下だと言われた佐賀、鳥取、福井勢が不憫。

小野監督特有の二種ED。SDキャラ、良いね。

またみてや
洋榎ちゃんは本当に可愛いな。串カツやからあげを奢ってあげたい。


関連記事

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-Saki-全国編 第3話「始動」

ようやく全国大会はじまります!(笑) 本気になったタコスの活躍が見れるのか?   合同合宿に呼ばれたマホの能力は他人の打ち方をコピーすること。 得意の嶺上開花を真似られ衝撃を受けた咲…。 それぞれの成果のあった合宿を経験し、全国大会に挑むが…。  

咲 -Saki- 全国編 第3話 「始動」

高遠原 穏乃と和の名字を考えると立先生は狙ったのではないかとすら思える 原村和の中学校設定。 咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)(2012/03/24)小林 立商品詳細を見る 原作では9巻にて! というのもこの作品の原作者である小林立氏は 一人一人のキャラクターのを凝りに凝って制作しているから その証拠がコレ さて全体的な感想に移ろう まだ回...

咲-Saki- 全国編 第3話「始動」

のどっちの中学時代の回想がありましたが、すばらさんはやはりいましたね、よく考えて見たらマホちゃんが入学してくるのは来年になるのでスバラさんと同じ時期では戦えないのではそりゃ来年は1回戦で負ける筈ですよ、 しかも和は2年の時点で麻雀部に入部するのは2年のインターハイの後なのでスバラさんと一緒で公式戦は無理なのですので勝てないですよね、もしスバラとマホちゃんと和と優希が同じチームで戦えていたら無...

咲-Saki-全国編 テレ東(1/19)#03

第3話 始動 中学に入って穏乃や憧とは疎遠になった和。中2で優希と出会う、小学校の時の友人に少しずつ似ている。仲良くなった二人は高遠原中学麻雀部に入部。しかし時既に遅く、インターミドルは終わっていた。花田煌は3年、来年は室橋の友人夢乃マホに入部を期待していた。 4校合同合宿、マホは1日に一回各自の真似が出来る。優希の真似から和の真似、ネット麻雀ではスーパーマホッチと 称して対戦しているが弱い...

咲 -Saki- 全国編 #03 「始動」

前回はサービス満点だったけど今回は如何に??「咲-Saki-全国編」の第三局。 原村和、中二の春・・・タコスとの出会い、ってタコスのロングスカートに スゴイ違和感。ww この長さはむしろヤンキーの姉ちゃんという感じだけど。 後に福岡へ越してしまうスバラ先輩とまだ小学生のマホちゃんとの出会い。 マホちゃんは四校合同合宿にゲスト参加。 いきなり咲の十八番である嶺上開花を決め...

咲-Saki- 全国編 第3話「始動」

マホちゃんのコピー能力発動! あらゆる人の特殊能力をコピーできるというのがすごいですね。 磨けば全国トップクラスも夢ではないでしょう。 しかし現時点では原石止まり。 能力を出したあとの反動が…と言うより、基本初心者レベルで勝ちに結びつかないと^^; 部長がマホちゃんを呼んだ真の狙いは部員の底上げ。 効果はてきめんで、久の”周りを冷静に分析できる力”は清澄のバックボーンになって...

アニメ感想 咲-Saki-全国編 第3話「始動」

咲を脅かすマホの意外な能力!

【アニメ】咲-Saki- 全国編 第03話 「始動」 ついに試合始まった! タコスなにしてんのw

2714 名無しになるもんっ♪ sage New! 2014/01/20(月) 01:35:37 ID:??? 中学入ってすぐでこの胸www

咲-Saki-全国編 第3話「始動」

咲-Saki- (12) (ヤングガンガンコミックス)(2013/12/25)小林 立商品詳細を見る  夢乃マホはコピー能力を有していました。使用回数にも限界があり、基礎能力も発展途上なようです。本人は努力を重ねているので、将来的に凄い雀士になるかも。回想シーンで驚いたのは、花田煌(スバラさん)が登場していたこと。原作で読んだはずですが、記憶から抜け落ちていました。阿知賀編で活躍しており、...

咲-saki-全国編 第3局「始動」

中学時代、原村和は小学生の時には親しかった高鴨穏乃たちとも疎遠になり、和はネット

コメントの投稿

非公開コメント

バリスタおじさん帰れや!

Re: タイトルなし

あなたは元ネタを指摘してみせる事で私の顔をつぶしました。
知識をひけらかす事が交流でしょうか?
私はブロガーです。そのメンツというものを考えなかったのですか?
若い「」が陥りがちなエゴイズムだ。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる