ブログパーツ

魔弾の王と戦姫 第一話「戦場の風姫」 感想

戦場を人の力が支配し、剣と馬が戦いの中心だった時代――。ブリューヌ王国とジスタート王国の国境で起こった些末な諍いは、やがて大国の思惑をはらみながら、二十数年振りの開戦に至った。ブリューヌ王国の兵は、およそ2万5千。総大将レグナス王子の初陣を華々しく飾るため、王は直属の騎士団以外にも出兵を命じ、辺境の小貴族すらも戦列に加わることになる。アルサスの若き領主ティグルヴルムド=ヴォルンも、王の招へいに従い、わずかな手勢とともに馳せ参じた一人であった。かたやジスタート王国は、5千の兵でこれを迎え撃つ。中心となるのは、ブリューヌ王国と隣接するライトメリッツ公国の兵たちである。勝敗の結果は、この時点ですでに明白かと思えた。だがブリューヌ王国は致命的な過ちを犯す。ジスタートの兵たちを率いるのは、伝説の竜具を与えられし戦姫の一人、エレオノーラ=ヴィルターリアであった。一騎当千の恐るべき力を、ブリューヌ王国の兵たちは身をもって味わうことになる。絶望が支配する戦場の中で、ティグルは残されたわずかな矢を弓につがえ、標的を定めた。その視線の先にあるのは、美貌と勇壮の象徴――戦姫である。ブリューヌ王国辺境の若き領主、ティグルヴルムド=ヴォルン。ジスタート王国の戦姫、エレオノーラ=ヴィルターリア。両者の邂逅が、のちに語り継がれる英雄譚の序章になるとは、まだ誰も知る由もなかった。


ブリューヌ王国の若き伯爵ティグルは、王の招へいに従ってジスタート王国との戦へと駆り出された。ブリューヌ優勢と伝えられた戦前の状況はやがて一変し、ティグルたちは瞬く間に蹂躙されてしまう。一人戦場をさまようティグルが出会ったのは、ジスタートの七戦姫の一人、“銀閃の風姫(シルヴフラウ)”ことエレン。ティグルは一矢報いようとエレンに弓を引くが、常識を超えた剣技の前に敗北を喫してしまう。だがエレンの口から語られたのは驚くべき言葉だった。「お前は今からわたしのものだ――」

脚本:佐藤竜雄 絵コンテ:佐藤竜雄 演出:近藤一英 作画監督:椛島洋介


戦姫のルビはヴァナディースらしい。
北欧神話のクソビッチフレイヤの事だな。
弓の腕の事を魔弾と表現するのは違和感あるな。

弓を剣で裂くのは信奈でも見た。
5000VS2万5000を奇襲で逆転かぁ。桶狭間や厳島の戦いもそれくらいの戦力差だったか。

侮られていた主人公が実力を認められる展開はテンション上がるけど、エレンは敢えて出来の悪い弓を渡して試してるのかとかじゃなくて素で気付いてなかったのかよ。
それにしてもブリューヌでの弓のdisられっぷりはなんなんだろう(そういえば破壊の御子でも当初はゾアンが弓を卑怯者の武器扱いしてたな)
近代まで軽視されてた国なんてないだろうに。誰の功績か分かり辛いから一兵卒はまだしも騎士は嫌ったという話を聞いた事はあるけど信憑性は不明。

おっさんの指フェラとはたまげたなぁ。

中世ヨーロッパの戦いは敵兵は生け捕りにして身代金を貰うのが普通だよな。
そんな中でマジで戦ってたスイス傭兵やランツクネヒトは半端ねえ。

惨敗した上に王子を失った後に自国の領土を襲うブリューヌ王国はもうね……
まあ、ナショナリズムが確立されてない頃の貴族なんてそんなもんか。

ティグルの領地のアルサスってフランスのアルザスが元ネタかな。

ルーリック、命の次に大事なのが髪か。
スキンヘッドを見てると今日からマ王!のダカスコスを思い出す。

面白そうな1話だったし戦記系は好きだけど一騎当千になったら嫌だな。
突出した個人である戦姫をどう扱うか敵味方が知恵を巡らせる展開とかだったら好みだけど。
なんにせよ次回以降を見るしかないな。


原作 - 川口士(MF文庫J『魔弾の王と戦姫』 / 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊)
キャラクター原案 - よし☆ヲ、柳井伸彦、片桐雛太
監督・シリーズ構成・脚本 - 佐藤竜雄
キャラクターデザイン・総作画監督 - 椛島洋介
サブキャラクターデザイン - いとうまりこ
プロップデザイン - 大橋幸子、秋篠 Denforword 日和
デザインワークス - 大河広行、石川寛貢
エフェクト作画監督 - 酒井智史
馬術アクション - 赤堀重雄
美術設定 - ニエム・ヴィンセント
美術監督 - 甲斐政俊
色彩設計 - 篠原愛子
CGプロデューサー - 橋本トミサブロウ
CGディレクター - 畑山勇太
撮影監督 - 岩崎敦
編集 - 定松剛
音響監督 - 本山哲
音楽 - 横山克、信澤宣明
音楽制作 - KADOKAWA(メディアファクトリー)
音楽プロデューサー - 竹山沙織
プロデューサー - 田中翔、中道圭吾、大貫一雄、上間康弘、清水美佳、植木達也
アニメーションプロデューサー - 金子文雄
アニメーション制作 - サテライト
製作 - 魔弾の王と戦姫製作委員会

主題歌

オープニングテーマ「銀閃の風」
作詞 - 坂井竜二 / 作曲・編曲 - 鈴木ヤスヨシ(カプリチオ・ミュージック) / 歌 - 鈴木このみ

エンディングテーマ「Schwarzer Bogen」
作詞 - LINDEN / 作曲・編曲 - 片山修志(Team-MAX) / 歌 - 原田ひとみ


ティグルヴルムド=ヴォルン:石川界人
エレオノーラ=ヴィルターリア:戸松遥
ティッタ:上坂すみれ
リムアリーシャ:井口裕香
リュドミラ=ルリエ:伊瀬茉莉也
ソフィーヤ=オベルタス:茅野愛衣
アレクサンドラ=アルシャーヴィン:小松未可子
エリザヴェータ=フォミナ:小林ゆう
ヴァレンティナ=グリンカ=エステス:原田ひとみ
マスハス=ローダント:飯島肇
バートラン:菅生隆之
ルーリック:興津和幸
ロラン:東地宏樹
ザイアン=テナルディエ:木村良平
フェリックス=アーロン=テナルディエ:松本大
レグナス:藤井ゆきよ
ナレーション:小杉十郎太



関連記事

テーマ : 魔弾の王と戦姫
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔弾の王と戦姫1話「戦場の風姫」の画像と感想

魔弾の王と戦姫1話の画像

魔弾の王と戦姫 第1話 『戦場の風姫』 戦場で扇情的過ぎる。

キャラクターデザインと露出→最高じゃないか!ファンタジー不作の昨今と思ったら、今期わりと多いですね。柩姫のチャイカにログ・ホライズン(ゲームですが)そしてこの魔弾の王と戦姫。戦姫は「ヴァナディース」と読むそうで。「現代+魔法もの」が増えてからめっきり減ったファンタジーがここで復活の予感… は言いすぎかな。肌もあらわな女性兵士ってフィクションではよくあります。所謂ビキニ...

魔弾の王と戦姫 第1話「戦場の風姫」

MF文庫Jから出ているライトノベル、川口士(‘士’と書いて‘つかさ’と読ませるのですね)『魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)』のアニメ化。MFアニメはノゲノラ除いて残念続きでしたが、これは出だしとしては手堅くといった感じでしょうか。キャラデザと作画は概ねいいし、エレンが“アリファール”を使うところ、ナレーションを入れてのちょっと硬派っぽい演出も悪くないですね。原作は既刊分を一気読みするくらいに...

コメントの投稿

非公開コメント

>ブリューヌでの弓のdisられっぷりはなんなんだろう

重装甲の部隊での突撃が主流の国なので弓が使われるのが狩猟とかが中心なせいですね。

>フランスのアルザスが元ネタかな。

そもそも物語じたいがヨーロッパを元にしてる。
ブリューヌはフランス
ジスタート王国は領邦制なのでドイツだね

>敵味方が知恵を巡らせる展開

そういう展開もありますよ
いくら個人で無双してても疲労もあるし敵にもチートキャラが出たりしますからね。

Re: タイトルなし

mさん
説明ありがとうございます。
不安は杞憂だったようなので楽しみにしたいと思います。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる