ブログパーツ

M3~ソノ黒キ鋼~ 第二十四話「原罪、カコミライ」 感想

“みんながひとつになる方法”の実現のため、ミナシは躯に自らと三番機、そしてアカシと死神を取り込ませた。過去の世界――躯の中で、アカシはササメの幻影に三番機の元に導かれる。ミナシとツグミ、そして躯を救うために思い残しを探るアカシに、イワト、ライカ、マアムの想いが届く……!

脚本:岡田麿里 絵コンテ:佐藤順一 演出:伊藤達文
作画監督:坂本俊太 畑智司 塩川貴史 大河内忍 福士真由美  総作画監督:井上英紀


現在過去未来

スーザンに話しかけられてビクッとしたツグミが可愛い。

一人ぼっちは寂しいもんな。

子供の頃、ツグミよりアカシを優先させたササメ。
女は何歳でも女だな。

やっぱりミナシの考えがよく分からん。
一つになったら苦しみや悲しみも共有しちゃうんじゃね?完全に虚無になろうって事なんだろうか。

コネクティブササメー!
アオシやアージェントより共振してるなんて不憫な……

ミナシに本当は一つになって罪を消したいと言われたアカシだが、ササメとの共振で罪を受け入れる事に。
まあ、そもそも子供時代の話だしそこまで深刻になって背負う必要もないと思うが。

「躯、アカシを食らえ!」
あそこって既に躯の腹の中じゃ?

イワト達も突入。
スーザン×田崎は意外だった。ナイスカップリング。

本当は戦いたくないけどツグミの為に無理して戦ってた躯は健気だな。

一つにならなくても手で人は繋がれる。
手の下りでなんとなくシンフォギアを思い出した。

ヘイトの恐怖ってクマだったのかよ。

なんやかんやあったけど後期OPの雰囲気に合ったハッピーエンドだったな。

関連記事

テーマ : M3-ソノ黒キ鋼-
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アカシは優しいね/M3〜ソノ黒キ鋼〜24話他2014/9/30感想

<記事内アンカー> M3〜ソノ黒キ鋼〜 24話(最終回)「原罪、カコミライ」 バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-前編  2014夏アニメはこれにて終了。

M3~ソノ黒キ鋼~ 第二十四話「原罪、カコミライ」

M3~ソノ黒キ鋼~の第24話を見ました。 第二十四話 原罪、カコミライ “みんながひとつになる方法”の実現のため、ミナシは躯に自らと三番機、そしてアカシとアージェントを取り込ませてしまう。 過去の世界――躯の中で、アカシはササメの幻影に三番機の元に導かれる。 「さぁ心を開いて僕を受け入れて。楽にしてあげる」 そんなことをを望んでいないと拒否するアカシの前に共振したサ...

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第24話<終>の感想と考察――予想外にハッピーエンド!

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第24話<終>「原罪、カコミライ」を観ました。<ストーリー>“みんながひとつになる方法”の実現のため、ミナシは躯に自らと三番機、そ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる