ブログパーツ

白銀の意思 アルジェヴォルン 第12話「ナンジョウ・レイカ」感想

八年前。アランダスの新型トレイルクリーガー研究開発機関に、警備任務に就くサモンジと、スズシロの姿があった。新型のテストパイロットはナンジョウ・レイカ。誰も死なない軍隊を作りたいという彼女は、無人機を使った画期的なシステムのテストに参加していた。開発は順調に成果を上げていたが、軍幹部を前にした実演の際に、暴走事故が起こってしまう……。真実を胸に抱え、トキムネが、サモンジが、次なる戦いに歩を進める。

脚本 ヤスカワショウゴ 絵コンテ 杉谷光一 演出 うえだしげる キャラ作画監督 服部一郎/平馬浩司/藤原奈津子 メカ作画監督 松村拓哉




インゲルミアとの戦争って結構前から続いてたんだな。
それとも休戦を挟んでたのかな。

壁際からチラ見してるトレイルクリーガーに笑ってしまう。
レイカ、軍人らしくない所はトキムネの姉っぽい。

実は資産家の子息のクァジモド。
現在の仕事は親の伝手だったりするのかな。

レイカの理想は元帥になって誰も死なない軍隊を作る事。
これに対して隊長は死ぬ事を覚悟出来ない者に軍人は務まらないと否定的。
ちょーっとすれ違ってるな。

パイロットの脳を介して経験を共有して自律的に行動する無人機。
モビルドール+フラッシュシステムみたいなもんかな。

子機に人格を分け与えるシステム……厄い予感しかしませんね。

最初は敬礼だけで握手をしなかった隊長が頬を撫でるくらい親しくなったのか。
……すっぱいコーヒー、寝てる耳元、敬礼後の意味深なカット……

お偉いさん相手のデモンストレーションで暴走する無人機。
実弾装備なんかするから……

隊長が上官を殴る経緯はもっとやむにやまれぬ状況かと思ったら割と私情塗れだった。

隊長はあれだな。見ている事しか出来なかったな。


関連記事

テーマ : 白金の意思 アルジェヴォルン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熱があるらしくて/グラスリップ12話他2014/9/19感想

<記事内アンカー> グラスリップ 第12話「花火(再び)」 白銀の意思 アルジェヴォルン 第12話「ナンジョウ・レイカ」  明日は起きてもジョジョは録画されてないのか。

白銀の意志 アルジェヴォルン 第12話「ナンジョウ・レイカ」

評価 ★★ 「俺があいつを殺した」→殺ってない        

白銀の意思 アルジェヴォルン 12話「 ナンジョウ・レイカ 」感想

隊長、お姉さんにデレッデレやないですか!本当に好きだったんだね、だから救えなかった過去を背負って弟に贖罪を求めたのかな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる