FC2ブログ
ブログパーツ

月刊少女野崎くん 第十一号「米しよっ♡」 感想

鈴木とマミコのラブストーリーが展開としていまいち盛り上がらないと悩む野崎は、手伝いに来ていた千代に何かアイディアはないかと尋ねる。びっくりする展開やどっきりする展開はどうだろうかと答える千代。野崎は「実際に試してみるから感想をよろしく」と千代に告げ、学校でどっきりなことを仕掛けるのだが……。


脚本:中村能子
絵コンテ:竹下良平
演出:竹下良平
作画監督:吉田奏子・大高美奈



剣さんデータ
年齢27歳
趣味は読書と映画
前野と同い年だったが大学受験で2浪したので後輩。
ソースは都さん。

当初、剣さんと物理的に距離を取ってる野崎くんは前野の件で警戒してたのかな。

最初は子連れの女みたいな態度だった野崎くんだったが、キャラの名前を5人も言える剣さんに警戒心を解く。
前野ェ……
正直長谷川さんは好みです。

日常場面で盛り上がりが欲しい野崎くん。

・ファイトー!いっぱーつ!
・かなーしーみのー向こうへとー♪
・ビル持ち上げ
・子道具
みなみけで保坂が夏奈と千秋を春香姉様の子供だと妄想してたな。

ずっと肩車展開は読んでみたい。

編集部からの御中元の中身はなんだったんだろう。タオルとか?

実際にドッキリを仕掛ける野崎くん。
人間椅子や手品で花、手首チョンパは予告されててもドッキリするな。
そして一連の小澤亜李は良い演技だ。

他意なく荷物運びをしてれば完璧だったのにな……
職員室での加工写真はマジでヤバい。

白米……と見せかけてカレー。白飯を口に運んでる所は内心wktkしてたんだろうな。
イチャつきやがって。にしても野崎くん女子力たけーな。

了承した上で悪戯。主導権は千代ちゃん。
誤解が広まりそう。

下校中、疑心暗鬼になって警戒してる千代ちゃんの仕草がいちいち可愛い。

「なんでって、一緒に帰りたかっただけだけど」
キュン……
一番のドッキリだな。

米しよっ
KOME SHIYO
~本格学園料理漫画~
完成した原稿は料理漫画。
たまにはこういう回もありじゃね?


雨の日に野郎共が勢揃い。

運動部だから若とは分かり合えないと思った直後に格好良いと言われて打ち解けるみこりんはちょろい。

鹿島にバレたくないからみこりんには内緒にしてる堀先輩。
取り越し苦労……とは言えない気がするな。

習慣で漫画道具を取り出してしまう3人。
もう打ち明けちゃえよ。

ギャルゲー=コミュニケーション能力を高めて他人の事を垣間見るヒューマンドラマ
女がたくさん載ってる雑誌=少女漫画
カラー=カラー表紙
実写、リアルな写真=卒業写真

恋しよの美少女設定の脇役ってお前じゃね?若。

足が綺麗な子が好きな堀先輩と心の綺麗な人が好きな若。

漫画のネタにする為に三人を泊める野崎くん。
会話すると女子トークにされるなんて腐女子並に恐ろしい存在だ。

お泊り回のトークネタでは盛り上がらないんじゃね?と指摘する若。
四コマ原作だと多いけどね。

みこりんと堀先輩にも野崎くんが好きだと気付かれてたか、千代ちゃん。
確か鹿島くんも気付いてたよな。

若の「この中では自分が一番力がある」発言に対抗する堀先輩とみこりん。
折角ネタに出来そうなシチュエーションだったのに熟睡中の野崎くん。

みこりん全敗か……
若は元より堀先輩も大道具だしなぁ。

サインを見てベッドでゴロゴロする千代ちゃんは可愛い反面、落ちないか冷や冷やしてた。

冷蔵庫からバレンタインデーに出しそびれたチョコを発見。
来週が最終回などと……嘘を言うなー!


関連記事

テーマ : 月刊少女野崎くん
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月刊少女野崎くん 第十一号「米しよっ♥」

月刊少女野崎くんの第11話を見ました。 第十一号 米しよっ♥ 鈴木とマミコのラブストーリーが展開としていまいち盛り上がらないと悩む野崎は手伝いに来ていた千代に何かアイディアはないかと尋ねる。 びっくりする展開やどっきりする展開はどうだろうかと答える千代に野崎は「実際に試してみるから感想をよろしく」と告げ、学校で次々とどっきりなことを仕掛けるのだが、一緒に下校する時は何も...

月刊少女野崎くん 第11話「米しよっ♡」

現担当の剣さんとはじめは噛み合ってなかった野崎くん。 全て全担当前野さんのせいだった^^; 剣さんが作品を読み込んでくれていたおかげで打ち解けられました。 前野さんどんだけひどかったんだよって、大体想像つくけど(ぇ ラブストーリーをもっと盛りあげよう! なぜファイト一発のシーンになるwww 小道具をうまく使おう! 絵に子どもが^^; 子違いww びっくりどっきりのシ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる