FC2ブログ
ブログパーツ

まじもじるるも 第10話「混浴旅行in尾々神村」 感想

古くから日本オオカミにまつわる数多くの伝説が残る、山深い尾々神村。FHKのメンバーや耕太とるるも、同級生西野、菅原、桜井、真綾、風紀委員の3人は、電車で尾々神村に向かっていた。さらに人間の姿に変身したチロも、るるもの妹として参加していた。

今回の旅行はFHK主宰で、その目的は、狼伝説を暴くことだったが、耕太にとってはそんなことよりもはるかに重要なことがあった。宿泊先の旅館には、混浴露天風呂があるのだ。女子たちとの混浴に浮かれる耕太。しかし、先輩から渡された水を何の気なしに飲んだ彼の体に、思わぬ変化が現れる。一方、旅館内では幻の狼が現れたとの騒ぎが起きていて……。



脚本:國澤真理子  絵コンテ:米たにヨシトモ  演出:高島大輔
総作画監督:岩倉和憲  作画監督:木下ゆうき




女子だけ無料のイベントって多いよね。
婚活とか。

川口浩探検隊。
口にしたものは狼になる尾々みず。

混浴とはいえタオルを奪うのは犯罪だな。
手拭い装備の女性陣は準備万全だな。

他は吹っ飛ばされるが、唯一逃がしてもらる桜井。
※ただしイケメンに限る

何故女子エリアに力士が……
どすこい!女雪相撲?

耕太狼化。
戦が始まる

狼になっても耕太の事が分かるるるも。
イイハナシダナー

てっきり全裸姿を見られて一悶着あると思った。


関連記事

テーマ : まじもじるるも
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる