ブログパーツ

白銀の意思 アルジェヴォルン 第10話「不在の果て」 感想

ゾング基地を叩き、インゲルミアの大規模侵攻を防いだ独立第八部隊。転戦の後、川沿いの町、ウィシュペでしばしの休息を取っていた彼らのもとに、敵侵攻の急報が届く。隊長のサモンジとスズシロは王都アジュアスへの出頭命令を受けて不在。作戦の要となりつつあるアルジェヴォルンは修理中という危機的状況の中、オクイが指揮を執ることに。故郷の町と、そこに暮らす人々を守るため、独立第八部隊は敵を迎え撃つ――。

脚本 大野木 寛 絵コンテ 北川卓弥 演出 石川俊介 キャラ作画監督 高野やよい


解体整備出来るんだ、アルジェヴォルン。
オーパーツ説とかあったけど、普通にキベルネスが造ったのかな。
現実で言うならレシプロ機とジェット機みたいな感じ?

ワンオフ機の整備の大変さの話題とか好き。

初の地図登場。
地球ではないっぽい?
ってかインゲルミアって西から進軍してんの?公式サイトだと1話の独立第八部隊は東方山地の隠し砦にいたっぽいんだが。

独立第八部隊は休息。
シルフィーは婆ちゃん子か。
何気にスパと温泉を両方体験してるな。

ヤマナミはなんでわざわざ男の尻を見てるんですかねぇ……

最初、アキノが男同士の絡みに興奮してるのかと思った。

アキノは元アイドル。
ジェイミーに何か歌ってって言われた時の「えー」が心底嫌そうだったな。

オクイは地元では人気だな。

インゲルミアの3個大隊が独立第八部隊のいる方面に向かう。
隊長、副隊長は不在、タニタ軍曹は川魚に当たってトイレに籠り、パイロットに指揮は無理。地理に明るいという事でオクイが指揮を執る事に。

しかしあれだな。前回のインゲルミアといい敵の接近に気付くの遅すぎだろ。幾ら航空戦力がないっていったってさ。

地雷の敷設作業の描写とか地道な描写が良いよね。

歩兵用のライフルでやられちゃうトレイルクリーガーってどうなんだろ。

オクイはまあ頑張った。
指揮は稚拙だったけど上等兵だしね。仕方ないね。
急に目立ったから弾に当たってバラバラになりそうだと不安だったけど一安心。

霧が出た時に的確な撤退指示を出すのかと思ったら特にそういう事はなかった。
パン屋の角へ進めって指示しちゃったり地理に詳しい事が逆に足を引っ張ってた。

トキムネもモブ相手には安定して勝てるようになってきたな。
渡ったらすぐに爆破して落ちかけたのはご愛敬。
つーかアルジェヴォルンが走りながら渡っても壊れないしぶら下がれる橋が丈夫すぎる。


関連記事

テーマ : 白金の意思 アルジェヴォルン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ごめんください/グラスリップ10話他2014/9/5感想

<記事内アンカー> グラスリップ 第10話「ジョナサン」 白銀の意思 アルジェヴォルン 第10話「不在の果て」  職場に労働衛生週間のポスターが貼られたのですが……なんで「けいおん!」なんだろうか。

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第10話の感想と考察――隊長の存在は、デカかった

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第10話「不在の果て」を観ました。<ストーリー>ゾング基地を叩き、インゲルミアの大規模侵攻を防いだ独立第八部隊。転戦の

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる