ブログパーツ

信長協奏曲 第8話「まさかの裏切り」 感想

朝倉領に侵攻したサブロー織田家と徳川連合軍。しかし、金ヶ崎の陣営にてお市から不思議な包みを受取ったことで、事態は思わぬ方向に。


サブローも朝倉攻めの前に浅井に話を通してればなぁ。
金ヶ崎の戦いで有名な小豆袋イベント。
サブローは絶対気付いてないと思ったら案の定。
半兵衛と光秀は頼りになるな。
でももっと早く言えよ。状況的に小豆袋がなくても大差なかったんじゃね?

退き口での信長の思い切りの良さよ。

殿の振りをして裏切ろうとした秀吉に釘を刺す光秀と半兵衛。
秀吉が袋の鼠なのが面白い。
ここの半兵衛は本当に病死なのか怪しいな。

光秀の鎧がキャシャーン。

分かってはいたけど池田勝正や朽木元綱はカット。

浮かれる家臣を窘める久政と労ってやってほしい頼む長政のシーンは両者の性格が表れてて興味深かった。

勝家がお市の事を気にしてるのはフラグですね。

サブローの度量を認めながらもう後には引けない長政は辛いな。
長政を説得しようとするお市だけど史実通りだと……
でも江を仕込むのは時系列的にこの後なんだよな。


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる