ブログパーツ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第8話「彼女の名は」 感想

※本作品のネタバレはないが型月作品のネタバレはあるので注意。




クラスメイトとも打ち解け、クロはイリヤとともに“普通の”学校生活を楽しんでいた。「これからの未来は、笑っていてほしい」――優しい願いとともに2人の様子を見守るアイリ。しかし、その想いも虚しく、幸せな日常に終りを告げる闖入者がルヴィア邸に現れる。

脚本:水瀬葉月 / 絵コンテ:小島正士 / 演出:丸山由太 / 作画監督:平田和也


体育の時間。
長距離走は飽きるイリヤ。
世の中には跳べない高跳びに延々チャレンジしてる奴もいるけどね。

負けた方が奢る勝負をやる事に。
イリヤが卑怯者と言うとZeroを思い出す。ケリィは大人げなかったな。

学校に現れるアイリ。
ルヴィアが先生に見つからない内に帰れって言ってたけど、葛木先生とかいるんだろうか。

案内を積極的に買って出るルヴィア。外堀から埋める気か。

イリヤ達は図工の時間。
クロが作ってるのは干将・莫耶オーバーエッジか?
美遊が作ったのは「人間という存在の矮小性を観念論的に表現」したオブジェ。
どんなものか見てみたい。

タイガーに気付かれたので当て身。
この人でなし!

ママに挨拶に来たクロきゃわいい。

ゼブンの水羊羹をパシられてる美遊。
もし早々に帰宅してたらどうなってたんだろう。

ひとしずく
エーデルフェルト邸を襲撃するバゼット。
衛宮邸みたく不審者が来たら音が鳴る仕組みだったんだな。

決定打が与えられなかったとはいえオーギュストすげえ。
まあ、執事が強いのは定番だな。
ってか玄田さんの声で銃火器を使われるとさばげぶを連想してしまう。

「随分と不作法です事。自分からプレゼントを要求するなんてレディーのする事ではありませんわ」
「生憎、そういう教育は受けていません」
非処女だしね。

物理的な事象の探知はクロに分があるけど魔術的な感知力はイリヤの方が上か。

武器庫にバゼットを誘い込むルヴィアだが……
防御力高すぎだろ。
にしてもルヴィアは多分億単位の金を使ったよね……

騎英の手綱(ベルレフォーン)は文字通りただの手綱だったけど、夢幻召喚(インストール)すればペガサスも召喚出来るのかな。

関連記事

テーマ : Fate
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei! 第8話 8/29 あらすじと感想 #prismaillya

【Amazon.co.jp限定】Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第1巻 (キャラクターイラスト使用Amazonギフト券300円付) [Blu-ray] 参観日と来訪者。  冒頭は、女性が冬木市へ向かう様子。場面代わって、学校でのイリヤちゃんとクロエちゃんの様子。今は体育の授業で校庭を走っている。なかなか、良い感じ。そのクロエちゃんを高等部の校舎屋上から...

【アニメ】Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!感想 第8話「彼女の名は」

前回はハイテンションなギャグ回で、すっかり日常生活に溶け込んでしまったクロが可愛らしかったのです。 しかし、次回予告が非常に不穏だったような・・・? そんな訳で、やや緊張しながらの第8話の視聴となりました! ということで、第8話の感想になります。 (注意事項) ・基本、嫁にハアハアする感想になります。 ・管理人のFate...

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第8話 『彼女の名は』 バゼットってこんなに強かったの!?

バゼット・フラガ・マクレミッツ。他作品で存在は知ってましたがてっきり「弱い」人だと思ってました。それが勿体ぶって出てきたもんだからこりゃギャグかと。ガチです、無茶苦茶強いです。まさかの最強の敵降臨でしょうか。 アイリマイペース。勝手に授業参観、ダメだと知ると案内。いや、凛とルヴィアも小等部は部外者なんだけど。渋る二人と思いきや、意外にもルヴィアが協力的。打算や下心など微塵もないルヴィアリゼッ...

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第8話 『彼女の名は』 バゼットってこんなに強かったの!?

バゼット・フラガ・マクレミッツ。他作品で存在は知ってましたがてっきり「弱い」人だと思ってました。それが勿体ぶって出てきたもんだからこりゃギャグかと。ガチです、無茶苦茶強いです。まさかの最強の敵降臨でしょうか。 アイリマイペース。勝手に授業参観、ダメだと知ると案内。いや、凛とルヴィアも小等部は部外者なんだけど。渋る二人と思いきや、意外にもルヴィアが協力的。打算や下心など微塵もないルヴィアリゼッ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる