ブログパーツ

まじもじるるも 第8話「第一級魔女ハルリリ降臨」 感想

登校中の耕太の頭上から、傘を差したツインテールの可愛い女の子が舞い降りてきた。第一級魔女のワルラ・ハルリリと名乗る彼女は、耕太に「あなたと契約を結ぶために降りてきた」と告げる。
命を取られてはたまらないと逃げる耕太に「特別に、代償は要求しない」と言うハルリリ。彼女は、るるもの魔法学校時代の同級生で、耕太がるるもの契約者だと知って接触してきたのだった。
魔女と二重に契約した場合、新規契約が優先される。ハルリリがるるもに嫌がらせをするためにやってきたと思ったチロは、彼女にくってかかるものの、当のるるもは「それは耕太が決めること」と表情を崩さない。

ハルリリのこの世界に来た本当の目的は?


脚本:國澤真理子  絵コンテ:橋本敏一  演出:橋本敏一
総作画監督:岩倉和憲  作画監督:小松原聖、芝田千紗、山川宏治




水撒きをやりたがるるるもが可愛い。

パンモロデター!
親方!空からパンツの女の子が!
ハルリリ……ララルルの仲間かな。
使い魔のミミが怖い。

自転車競技部のインターハイ出場。
原作にもあるネタなのかな?

ハルリリはあれだな。愛が重すぎて理解を拒み憎しみに変わっていったんだな。

「昔の友達が、訪ねてきてくれたから今日は良い日だ」
堕ちたな(確信)

ネギ「コーヒーなんて泥水だよね」

レストランでバイトだがすぐに首。
むしろ面接を通った時点ですごい。

他のバイトでも即クビ。
そしてナチュラルな責任転嫁。

ハルリリへの返事≒アイスへの返事

修行が終わったら耕太へお礼に行くつもりの耕太。
修行が終わったら契約者は死ぬという事実をるるもは知らないんだよな。
ハルリリも苦しい立場に立たされたな。

関連記事

テーマ : まじもじるるも
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まじもじるるも 第8話「第一級魔女ハルリリ降臨」感想

ハルリリちゃんはとても良い子。 るるもを抱きしめる彼女にうるうるきた。 最初は魔界からいじめっ子が来たのかと思ったら、るるもの修行魔という現状を心配してやって来てくれたんですね。 いろいろと反応の薄いるるもに、気持ちがこじれてしまうハルリリは、それだけるるものことを心配しているようで、何かあったら相談するんだよとるるもを抱きしめる姿に、何時の間にか目から光るものが出てしまいましたよ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる