ブログパーツ

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編Ⅲ」 感想

論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。エリカたちの協力を受け、その少女・平河千秋を捕まえた。花音が事情を聞いたところ、千秋の動機は八つ当たりともいえる達也個人への恨みだった。パスワードブレイカーという違法の品を持っていたことから、黒幕の存在は明らかであったが、達也は想定の範囲と意に介さない。一方、千秋の事件がおとりだと察したエリカは、レオとともに独自に動き出す。



脚本:菅原雪絵(セブンデイズウォー)/絵コンテ:吉田りさこ/演出:吉田りさこ/作画監督:玉木李枝・橋口隼人/総作画監督: 吉川真帆



故ジロー・マーシャルが技術漏洩について警告してくれたけど公開実験。
まあ、なんか権威あるコンペみたいだしね。皆の前でやりたいんだろう。

怪しげな生徒を追う壬生。
わざわざ同じ2科生だと言う必要ねえよな。
あるいは、自分みたく劣等感からの犯行だと判断して仲間意識を埋め込もうとしたのか。

てっきり閃光弾や催涙ガスを放った隙に逃げるかと思ったらその場にいた。
レオの体格で全力タックルは洒落にならんな。

保険医の安宿怜美(CV柚木涼香)
その胸は豊満であった。

レオやエリカにいちゃもんを付ける関本。
なんか怪しいな。

見方を変えると千秋の取り押さえは4VS1の暴力行為。
世紀末なこの世界観には不釣り合いな台詞だ。

千秋はプログラムを書き換えてプレゼン用の魔法装置を使えなくさせたかった。
リカバリーされるだろうけど達也を慌てさせたい。
千秋の目的は分かったけど、大亜連合は何をさせたかったんだろ。

事と次第では退学。
事と次第によるのか。まあ、高周波ブレードを振り回してもお咎めなしだしね。

千秋は小早川景子の担当だった平河小春の妹。
逆恨み……でもないか。九校戦の時の感想でも書いたけど、何度も妨害があったのにスルーしたのは事実だし。
その観点だと会長達も同罪だけど。

レオは歩兵としての潜在能力は一級品だが、相手を確実に殺せる決め手を持ってない。
これからの件に本気で関わるつもりなら殺し合いを覚悟する必要がない。
関わる覚悟があると言ったレオに対し、エリカは吉野御流合戦礼法電磁抜刀秘剣薄羽蜻蛉を伝授する事に。

レオがエリカにしごかれる(意味深)

何で鍛練の前に風呂入ったんだ?
それとも別の日なのかな。

硬布拳砕功
意地があんだよ、男の子には!

平河先輩を関わらせず千秋を放っておくと決めた達也は優しいというか興味がないだけだろうな。

十文字と幹比古の模擬戦。
幹比古も頑張ってるけどファランクスがチートすぎる。

模擬戦後、女生徒による弁当の差し入れ。
2万個のおにぎり?

ああああああ!(壁ドン)

幹比古とぶつかったのは誰だろう。


関連記事

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編III」

魔法科高校の劣等生の第21話を見ました。 第21話 横浜騒乱編III 論文コンペのための常温プラズマ発生装置の検証を行う鈴音を達也と啓がサポートする中、紗耶香は周りに集まっていた生徒達の中で怪しい振る舞いをする女子生徒・平川千秋を見つけて追跡する。 「それ、無線式のパスワードブレイカーでしょ?隠しても分かるの、私もスパイの手先になったことがあるから。だから忠告するわ、ど...

魔法科高校の劣等生 第21話 感想

 魔法科高校の劣等生  第21話 『横浜騒乱編Ⅲ』 感想  深雪「あのアマお兄様が普段優しくないみたいな言い方しやがって」  達也「?(あれ?俺なんか変なことしたかな?)」  次のページへ

魔法科高校の劣等生 第21話

魔法科高校の劣等生第21話です。 今回も準備回かな。

魔法科高校の劣等生21話の感想「カップル成立&ラッキースケベ回w」

魔法科高校の劣等生21話「横浜騒乱編Ⅲ」の感想です。 論文コンペ組は試運転に忙しいようですが、常温プラズマ発生装置に異常なし! 準備は順調のようです!ここで壬生紗耶香ちゃん再登場!そして前回登場した 女の子の不審な動きを発見!女の子も見つかったと分かり、一目散で逃げます!

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編Ⅲ」

「彼女は放って置いても問題無さそうですね」 八つ当たりとも言える理由で達也を狙っていた平河千秋 そして、今後の事を考え動き出したエリカとレオ    【第21話 あらすじ】 論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。エリカたちの協力を受け、その少女・平河千秋を捕まえた。花音が事情を聞いたところ、千秋の動機は八つ当たりともいえる達也個人への恨みだった。パス...

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編Ⅲ」

第21話「横浜騒乱編Ⅲ」 論文コンペは公開実験まで来たのかな。 見学する生徒に混じってなにやら怪しい動きを見せる女子生徒。

魔法科高校の劣等生 第21話 8/26 あらすじと感想 #mahouka

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫) 論文発表準備の風景。  冒頭は、市原先輩の発表で使用する装置のデモンストレーション風景。達也くんも、装置の調整を手伝っている模様。エリカちゃんとレオくんも見学に来ていた。また、紗耶香ちゃんと桐原先輩も来ていたが、紗耶香ちゃんが、とある生徒の行動に気付き、声をかける。  その生徒は逃げ出し、紗耶香ちゃんたちが追跡する。追いついたと...

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編 3」

Bパートの“コレジャナイ”感がハンパなかったのは、この作品にはわりと珍しいラノベっぽいラッキー◯◯◯のシーンが2つもあったことだと思うのん(笑)。 原作5巻の海水浴エピソード(女性陣の水着シーン+ほのかが達也にコクる+深雪が達也に抱いている気持ちを雫が尋ねる)をスッ飛ばした埋め合わせと今話の脚本担当だった菅原雪絵らアニメスタッフが考慮したのかどうか知りませんが、しとらす的には「時間=尺の無駄...

魔法科高校の劣等生 第21話 「横浜騒乱編 III」 感想

今回はギャグ回でしたねw コンペの準備に追われる達也。 なんだ、コンペってそんなに大掛かりな準備しなくちゃ行けないのかw というか…ここの生徒ってちゃんと授業してるのかな(汗) 【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 横浜騒乱編 1(オリジナルステッカー付) (完全生産限定版) [DVD](2015/02/25)不明商品詳細を見る

『魔法科高校の劣等生』 第21話――ラッキースケベのイベント発生!・・・・主人公以外に・・・・・だと?!

『魔法科高校の劣等生』 第21話「横浜騒乱編Ⅲ」を観ました。<ストーリー>論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。エリカた

魔法科高校の劣等生 第21話 「横浜騒乱編Ⅲ」 感想

いつまでも守られているばかりではいられない―

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる