ブログパーツ

白銀の意思 アルジェヴォルン 第8話「再戦」 感想

過去にベルハルスで行われたある実験に想いを馳せるサモンジ。ヒマワリの咲く岬で彼と出会うトキムネとジェイミー。ゴブイツ平原の前線基地では、インゲルミア軍が総攻撃の準備を進め、ベルハルスに潜むリヒトフォーヘンは、陽動作戦の開始を待っていた。インゲルミア側の動きを察知した独立第八部隊は、先手を打って行動を開始。緩衝地帯であるベルハルスの対岸で、トキムネとリヒトフォーヘンが再び対峙する――。

脚本 ヤスカワショウゴ 絵コンテ 榎本明広 演出 安田貴史 キャラ作画監督 合田浩章


隊長と姉ちゃんの回想。
やっぱり撮影したのは隊長かな。

アルジェントポイントの悲劇なるものが今後に大きく関わってきそうだな。
アルジェントはイタリア語で銀だっけ。

インゲルミアは前方からの総攻撃と背後からの奇襲と撹乱作戦を展開。
歩兵が塹壕を進んでるのが良いね。

クァジモトは潜入工作員か何かかと思ってたが軍を辞めてたのか。
夜に一人で重要な情報を話してるといつ殺されるかとヒヤヒヤした。

シーカーさんの八面六臂の活躍は止まらない。
兄貴のケツに突っ込む?(空耳)

トラックの運転手がすぐに逃げたから(あっ、これ囮だ)と思ったら本命だった。
「小規模な部隊が野営してるけど何も出来ないよ」とフラグ立てるから……

銃撃を防ぐ木はなんなんだよ。
そりゃアルジェヴォルンも至近距離で食らっても無傷だわ。

トキムネとリヒトフォーヘンの戦いはトキムネが押されていたがナイフを躱してカウンター。
最近のロボットアニメの中では攻防が分かりやすい。

結果は一人が戦死で一人は捕虜。
命令に従って撤退していれば……
そう簡単に撤退出来るもんじゃないけどね。
スズシロ曹長が深追いの必要はないと言ってたけどそれはリヒトフォーヘンには分からないし。
まあ、単純に功を焦っただけな気もするけど。

トキムネが姉ちゃんの思い出の場所で初めてまともに戦えたのって精神的な問題であってそれ以上の理由はない……よね?

ひまわり畑の先端の岩は墓標かなと思ったけど、見直したら姉ちゃんの生前からあった。


関連記事

テーマ : 白金の意思 アルジェヴォルン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第8話の感想と考察――格闘戦では、圧倒的な強さのアルジェヴォルン

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第8話「再戦」を観ました。<ストーリー>過去にベルハルスで行われたある実験に想いを馳せるサモンジ。ヒマワリの咲く岬で彼

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる