FC2ブログ
ブログパーツ

まじもじるるも 第7話「伝説の水着」 感想

先輩の発案で、海にやってきた耕太たち。そこには風紀委員の3人や巨乳の同級生・真綾、婦警の飯田などの姿もあった。耕太がいくら勧めても、魔女服から水着に着替えようとしないるるもだったが、実は水着を買ってきていないことが判明。耕太はあわてて水着を調達しようとするものの、なかなか見つからない。
そんな耕太に、先輩が「水着ならある」と告げる先輩。今回の海水浴の目的は、着ると性格が豹変するという「伝説の水着」を探すためのものだったのだ。そんな水着をるるもが着るハメにならないよう、先回りをして見つけ出そうとする耕太だったが、そこに水着を身に着けたるるもが現れてーーー。

脚本:國澤真理子  絵コンテ:福田道生  演出:佐々木純人
総作画監督:安野将人  作画監督:西川絵奈、梶谷光春、亀谷響子



水着は夏の正装。良い言葉だ。

飲み物を差し入れする雅子は良い子。
筋金入りのコスプレイヤーだと勘違いしたのが一因っぽいが。
妄想に出てきたのはミクコス?

心の拘束具を外して女子に飛びかかる変態柴木。
いやぁ、昨今では貴重なエロス全開の主人公だぜ。

あの婦警さんってレギュラーだったのか。
最強の近接武器スコップ炸裂。

耕太アザゼルさん化。

伝説の貝殻水着を着用するチロ。
「水着だから恥ずかしくないもん」

着ると性格が豹変する伝説のスク水と聞くとあれを連想する。
「くく、その首輪には、着用者を強制的にお兄ちゃんと呼ばせる効果がある。ちなみに、発案者はうちの副隊長だ。開発したのは言うまでもなく、もちろん俺だ……」(姫騎士アンジェリカ ~あなたって、本当に最低の屑だわ!~:エルネスト・フォルトゥナート)

「お前にはいつも世話になっているからな。褒美だ。キスをやろう」
大胆になってるるるも。
くれるというものは貰っておけ。くれるというものは貰っておけ。くれるというものは貰っておけ。くれるというものは貰っておけ。くれるというものは貰っておけ。くれるというものは貰っておけ。
だが撤退。まあ、別人格だと躊躇いがあるよね。

どいてお兄ちゃん。そいつ殺せない。

テトラポッドに潰されてキスされそうになるが、魔法を使う前に魔女服になる性質を利用して脱がす事に成功。
頭回るな。

水着を覚えてもらえなかった棚子ちゃんは不憫。

「楽しいとこだな」
海を思い出して微笑んだり寝顔が可愛いね。


関連記事

テーマ : まじもじるるも
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まじもじるるも 7話 海!水着!!広がる世界!!

まじもじるるもの7話を視聴したぜー。 いやー、よかったですねー! 水着チロちゃんな!! 海回ー!水着回ー! 柴木くん筆頭の変態ブラザーズじゃなくっても 上がるテンションは抑えきれないってモンですよね~。 しっかしチロ… 貝 殻 水 着 ってw どこで拾ってきたのさww スク水なんかより、よっぽど 伝説の水着 っぽい件。 何故か居た...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる