ブログパーツ

アカメが斬る! 第七話「三匹を斬る -前編-」 感想

帝都に到着したエスデス将軍は皇帝へ、ナイトレイド殲滅を誓う。彼女の活躍に褒美を与えたいという皇帝だが、エスデスからは意外な回答が。一方、シェーレを失い落ち込んでいたタツミだったが、アカメが気丈に振舞っていたことがわかり、いっそう訓練に打ち込む。そんな中、ナイトレイドの名を騙った、善良な文官の連続殺人事件が発生する。

脚本:上江洲 誠  絵コンテ:黒崎 武  演出:柴田淳史
作画監督:寒川 歩、青木一成  作監協力:池田 有


大臣「私に良い考えがある」
大臣発案による偽ナイトレイド作戦。
キタキタおやじは犠牲になったのだ。
生きたまま顔の皮を剥ぐニャウはえぐいな。

シェーレの好物の三色団子を用意するアカメ。
地雷の上でタップダンスを踊るタツミ。序盤ならまだしも、折り返しを過ぎた頃にこういう勘違いはなぁ……

エスデスを監視して隙あらば倒そうとしたレオーネだが、禍々しい殺意を感じて撤退。
HUNTER×HUNTERのネフェルピトーみたいだ。

身内には優しいみたいいだけど。
恋がしたいエスデスはタツミに惚れたりするのかな。

ニャウの帝具で眠る常客達。
ダイダラの二挺大斧ベルヴァークに苦戦するタツミ。そんな中、ブラートが救援に。
ダイダラを真っ二つにしてリヴァとニャウも撃退するブラートだが……

三国志の盧植先生みたく賄賂を送らなかったせいで帝都に更迭されたブラートの上司ってリヴァかよ。
すげー強いブラートだけど、敬愛する旧知が相手だとなぁ。嫌な予感がするぜ。



関連記事

テーマ : アカメが斬る!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アカメが斬る! 第7話「三匹を斬るー前編ー」

第7話「三匹を斬るー前編ー」 どエスデス将軍の帰還。 所望の品は無いかと聞かれて「恋がしたいです」この人も斜め上のジョークを・・・と思ったらガチらしい。 あれ?意外と可愛いぞ~つか皇帝君引き気味ですやんw 好みのタイプをレポート提出されても困るわ~年上キラーのタツミなんかは気に入られそうだけどね。 もしやシェーレと同じタイプなんじゃないか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる