ブログパーツ

さばげぶっ! 第7話「MISSION 7」 感想

脚本:鴻野貴光/絵コンテ:福島利規
演出:柊蜻蛉/作画監督:Kim Hyou Eun・Kim Bo Kyung・竹内アキラ



しゅりょうぶっ!
害獣から村を護るべく戦う老ハンター。その姿に心動かされたサバゲ部一同が、狩猟免許を取るべく猛勉強!?


山篭りに来たら遭難したサバゲ部。
飲まず食わずで三日三晩彷徨う。
と、害獣被害に遭っている村に辿り着く。

害獣だと分かっても愛らしい姿に撃てないサバゲ部。
ド外道の園川なら撃つと思った。

かつて40万人を超えたハンターも今は10万人。しかも大半は60歳以上。
実入りは少ないし、人里に下りてきたクマを射殺すると非難されたりするしね。

害獣による被害総額200億円。洒落にならないな。

孫の喜ぶ顔が見たいと言う老ハンターにサバゲ部は協力を申し出る。
と、老ハンター突然吐血。更に協力を却下。
資格を持たない者が狩猟行為をする事は厳しく禁じられている。

皆で免許を取る事に。
「たまには人助けも良いかもね」
「たまには」ね。

三つの試験を突破しなくてはならない。
筆記による知識試験、視力検査や聴力検査による適性試験、猟銃の操作方法や距離の目測や鳥獣の判別を試験官の前で行う技能試験。

眼鏡や補聴器による補整はOKなのか。
普通に為になるのが困る。生かせる機会はないだろうけど。

免許は二十歳から。
普通に元気な老ハンター。
あれはトマトジュースか何かだったんだろうか。

脚本
鴻野貴光
東京都猟友会武蔵村山地区所属
大日本猟友会のダイマ。



オトコってやつは
女子校で男装したモモカがモテモテに!? 人生初のモテ期を満喫するモモカだが、その幸せは長くは続かず……。


サバゲで男に舐められないように男装するサバゲ部。

美煌も麻耶も格好良いな。
うららはセイレーン様に見えた。

素材が悪いから男装してもダサいといじけるモモカだが、かよのコーディネートで見違える。
奈央ぼうのテクニックやシルエットの発音が可愛い。

「普段無口のくせに得意分野となると急に饒舌になる。豪徳寺かよ、悲しい程にオタクであった」
あるある。

園川モモカ美少年伝説の開始。
うららの血の池が地味に広がってるな。

女生徒に大人気のモモカ。
「園川モモカ、人生最初で最後の、モテ期の到来であった」
最後と言われちゃった。

同じ女子だから女心はお手の物。
モモカが女心を分かってる……?

ある女生徒の髪に付いた芋ケンピほっぺに付着したご飯粒を食べるモモカ。
これが他の女性陣の嫉妬を呼ぶ。女同士の争いが怖い。

ある部屋に逃げ込むが、そこにも押しかけられる。
みんな!丸太は持ったか!

美煌達が助けにくるが腹が引っ掛かって窓から逃げられない。
美煌がボタンを撃って服を脱がせ、かよが油をぶちまけてる。

部屋に突入した女生徒達は溶けてると勘違い。妖精扱いされる。






HENTAI
校内に不審者が侵入!? モモカの信頼を得ようと手柄を焦ったうららは、返り討ちに遭ってしまう。


M134 7.62mmガトリング通称ミニガンをぶっ放す美煌
GGOでも見た。

不審者が来たと聞いて大喜びのサバゲ部。
正当防衛になるから。やはり外道揃い……

「ごめんなさい。近寄らないでくれますか、春日野さん」
前話のラスト、裸のモモカにルパンダイブしたうらら。
やべーぞ!レイプだ!

愛を取り戻そうとするうららだが返り討ちにされて前髪ぱっつんにされる。
完全にゆるゆりのちなつ。
敵は極めて特殊な変態だな。

麻耶はお下げにジャージ。
芋臭い女の子って良いよね。

かよは煮物による飯テロ。

下手人は謎の天狗仮面。

美煌のミニガンを回避し、逆に手を撃って無力化。
あれ……あの銃……

美煌はツインテール。ちょっと無理がある、かな?

犯人はお弁当を届けに来たママ。
思春期だからお友達に家族を見られると恥ずかしいだろうと考えた配慮。
アクロバットな動きで回避してたけど、流石はヴォエヴォーダ。

弁当箱を開けてみるが見事に寄り弁に。
まあ、味が染みて美味いんじゃね?


関連記事

テーマ : さばげぶっ!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) さばげぶっ!第7話 「しゅりょうぶ!/オトコってやつは/HENTAI」

投稿者・フォルテ さばげぶっ!(6) (講談社コミックスなかよし)(2014/04/11)松本 ひで吉商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる