ブログパーツ

信長協奏曲 第6話「明智光秀」 感想

美濃を奪還したサブローの前に、意外な人物が現れる。その人物の手引きでサブロー一派は次期将軍に足利義昭を擁立し2度目の上洛を果たす。帰途につくサブロー一行は、信長暗殺の地、「本能寺」に立ち寄るが。。


乱世を生きて散った道三の為に墓は静かな場所に。

サブローが鴨と間違えた鳥を利家が白鷺だと言い当てたが、利家とまつにも白鷺に纏わるエピソードがあったな。

サブローのおにぎりを盗む男。
しかしそれは沢彦の巧妙な罠だった。

サブローは沢彦によって明智光秀と引き合わされる。
ここで明智光秀かぁ……って本物の信長じゃねーか!

今更なので身代わり続行。で、光秀が家臣に。
顔で頭巾を隠してると大谷吉継みたいだ。あっちはハンセン病でこっちは肺を患っている(という設定)が。

光秀は足利義昭と知り合いか。もう剣豪将軍はボンバーマンに暗殺されたか。

ミッチー、サブローと呼び合う事になった二人。
自分の名前を忘れそうというのは軽い感じだったけど、戦国時代の人間になってた道三を知ってるだけに内心では結構気にしてるのかも。

庭で白い蛇を捕まえるお市。
縁起良いな。

サブローが浅井長政との婚姻を提案するが超絶ブラコンのお市は拒否。

城下町を見て回った際に民に慕われるサブローに感じ入るミッチー。
サブローに仕えるという決意を新たにする。

サブローとミッチーの声が似てると指摘するお市。
顔が似てるって事は骨格も似てるだろうしね。声優は違うけど。
実の兄妹だからいずれ気付かれそう。

織田家の為に働かそうとするミッチーに影響されたのか、長政との結婚を了承するお市。
結婚といえば、史実ではこの頃に信長の嫡男の信忠と武田信玄の娘の松姫が婚約したり長女の五徳が信康に嫁いだりしてるが、こいつら存在してるんだろうか?

信長上洛。
恒興とミッチーの遣り取りは良かった。

本来は六角義賢義治親子との観音寺城の戦いがあったがスルー。

朝廷作法に疎いサブローはミッチーに代わってもらう事に。
なるほど。考えたな。
タイトルのコンツェルトについては深く考えてなかったけどこういう事だったのか。

信長の命を狙うあ……なんとかさん。
荒木村重?

尺が限られてるから仕方ないんだけど、戦国物だと他の家臣とかも見てみたいな。
一貫して信長の味方だった佐久間信盛とか伊勢で働いてる筈の滝川一益とか。


関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる