ブログパーツ

ソードアート・オンラインⅡ 第6話「曠野の決闘」 感想

予選第一回戦で勝利したキリトの戦いぶりを見て、「本物か?」と問いかけてきたボロマント姿の男。かつて、《SAO》に存在した殺人ギルド、《ラフィン・コフィン》のタトゥーをしたその男は、キリトに「いつか殺す」と言い残し、姿を消した。ボロマントの男との接触で、《SAO》での死闘を思い出したキリトは、そのトラウマに苦しめられる。そんな中、互いに予選を勝ち進んだキリトとシノンが、Fブロック決勝で対戦するが……。


脚本 木澤行人
コンテ 宮地☆昌幸
演出 町谷俊輔
作監 杉生祐一


前回のあらすじ
「フレンド登録良いですか?」


偽物でも本物でも殺すのかよ!

SAO時代、殺人ギルドのラフィン・コフィン討伐戦で討伐側は10人以上の犠牲者を出し、笑う棺桶側は20人以上が消滅。その中の二人はキリトが手を下した。
「死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ!」とドヤ顔をかましたりリアルでも須郷をボコったりしたお前はどこに行ってしまったんだ!これが噂のファッショントラウマってやつか。
それはそうとレイプ目のキリコはなかなかそそるものがあるな。

アスナやクラインが喋らなかったのは声優費をケチったのかな。

準決勝でシノンは車内の敵をワンショットキル。
乗り物に乗ってると予測線は見られないのか。シノンも言ってるように徒歩で接近した方が良かったな。

予選決勝。
無防備に近付いてくるキリトに動揺して外すシノン。

「わざと撃たれればそれで私が満足するとでも思ったの?たかがバーチャルゲームの、たかがワンマッチ、あんたがそう思うのは勝手よ!でも、その価値観に私まで巻き込まないでよ!」
自分でも理不尽だろうという自覚はあるだろうけど、キリトとの勝負に期待してたしね。
キリトも失礼な事をしたと気付いて決闘を申し込む。
結果、勝利したのはキリト。

「スコープレンズ越しでも、君の目が見えた」
キリトさんぱねえっす!

強さの秘密を知りたくて問い詰めるシノンにキリトは強さではなく技術だと否定。
それでも食い下がるシノンに対し、
「もし……もしその銃の弾丸が、現実世界のプレイヤーをも本当に殺すとしたら、そして殺さなければ自分が、あるいは誰か大切な人が殺されるとしたら……その状況で、それでも君は引き金を引けるか?」
キリトが自分と同じような過去を持つと察したシノンは共感を抱く。
鮮やかなジゴロテクだ。

しかし、結局キリトは何故さっさと棄権しなかったんだろう。リザイン可能でキリトもその事を知ってたのに。
シノンが言ってたように撃たれれば満足すると思ってたんだろうか。


関連記事

テーマ : ソードアート・オンライン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソードアート・オンラインII 第6話

ソードアート・オンラインIIの第6話です。 いよいよ2人が交わります。 第6話「曠野の決闘」

ソードアート・オンラインⅡ 第06話 感想

 ソードアート・オンライン Ⅱ  第06話  『曠野の決闘』 感想  次のページへ

ソードアート・オンラインⅡ 第6話 「曠野の決闘」 感想

迷いを断ち切り、自己を見出せ―

ソードアート・オンラインII 第6話 8/10 あらすじと感想 #sao_anime

ソードアート・オンライン Extra Edition 【完全生産限定版】 それでも、君は引き金を引けるか?。  冒頭は、デスガンの正体に気付き始め、驚愕するキリトくん。彼の脳裏には、SAOでのシーンが蘇る。その場は、シラを切ってデスガンをやり過ごすキリトくん。デスガンは、SAOのキリトくん本人でも、偽者でも、殺すと宣言して去って行った。  去って行った後、キリトくんはSAO時代の...

ソードアート・オンラインⅡ 第6話「曠野の決闘」

「シノン 俺に償う機会をくれないか、今から俺と勝負してくれ」 デス・ガンがラフィン・コフィンのメンバーだと知り過去の記憶が甦るキリト BoB予選決勝戦でシノンと戦う事になり――…    【第6話 あらすじ】 予選第一回戦で勝利したキリトの戦いぶりを見て、「本物か?」と問いかけてきたボロマント姿の男。 かつて、《SAO》に存在した殺人ギルド、《ラフィン・コフィン》のタトゥーをし...

ソードアート・オンライン〓 #06 「曠野の決闘」

近づく距離と心  どうも、管理人です。ここ数日、台風の件がすごく不安視してたのですが、どうやら直接的な被害がうちの周りに来なくてとりあえず一安心。まあ、それとは別に悩ましい問題がまだ残ってるわけですが。 シノン「ふざけないでよ!」  今回の話は、キリトさんのSAO時代のトラウマと、BoB予選の決勝戦を描いた話。アスナさん、いい加減殴り込みにかかってもいいんですよ? ...

【アニメ】ソードアート・オンラインⅡ感想 #06「曠野の決闘」

キリト初参戦のバレットオブバレッツで、いきなりデスガンさんと遭遇! しかも、デスガンさんの正体は意外なものでした。 驚愕するキリト。 今回はどんな展開が待ち受けているんでしょうか? ということで、第6話の感想になります。 (注意事項) ・基本、嫁にハアハアする感想になります。 ・原作、前情報、ほとんど分かりません。さらに、...

ソードアート・オンラインⅡ 第6話「曠野の決闘」

IGNITE(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)『何もかも忘れようとしてきたんだ・・・』 原作:川原礫 監督:伊藤智彦 制作:A-1 Pictures キリト:松岡禎丞  アスナ:戸松遥  リーファ:竹達彩奈   ユイ:伊藤かな恵 シリカ:日高里菜   リズベット:高垣彩陽  シノン:沢城みゆき   クライン:平田広明  エギル:安元洋貴

アニメ ソードアート・オンラインII 第6話「曠野の決闘」

SAO時代の悪夢がキリトを苦しめる。しかしその苦しむ姿でシノンのハートをゲット?

アニメ感想 14/08/10(日) ソードアート・オンラインII #5、6

先週放送日が移動して見られなくて、昨日のBS11でようやく見れたので、今週はまとめて2話分書きます。ソードアート・オンラインII 第5話『銃と剣』ようやく男だとカミングアウトし ...

ソードアート・オンラインII 第6話 「曠野の決闘」感想

キリト。疑心暗鬼になる。 ラフィン・コフィンの生き残り、デスガンはキリトに本物と偽物の名を語ることを警告。 【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 1(クリアブックマーカー付) (完全生産限定版) [Blu-ray](2014/10/22)松岡禎丞、沢城みゆき 他商品詳細を見る

ソードアート・オンラインII 第6話 『曠野の決闘』 キリトとシノン、実は似たもの同士。

騙った偽物なら殺す、本物なら殺す。どっちにしろ殺すって事じゃないのか。キリトに近づいてきたドクロ仮面はSAOの生き残りであり、しかも殺し屋集団「ラフィン・コフィン」の元メンバー。これに激しいショックを受けるキリト。SAOの悪夢が蘇ったのか、ラフィン・コフィンの恐怖を思い出したのか。キリトが思い出したのは未だ語られてこなかったSAOでの出来事。ラフィン・コフィン掃討作戦でした。更にドクロ仮面の...

コメントの投稿

非公開コメント

>声優費

1回出た時点でお金は発生するみたいですよ。
全部出るのと1話でも変わらないらしいです。

Re: タイトルなし

mさん
失礼ですが、流石にそれはないかと。
声優のギャラは1話ごとだった筈です。

>「死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ!」とドヤ顔をかましたりリアルでも須郷をボコったりしたお前はどこに行ってしまったんだ!これが噂のファッショントラウマってやつか

あれはエギル相手にカッコつけたのと「英雄キリト」像に本人が調子乗ってたから言えた台詞なので「メッキの勇者」だと自覚した後は言ってないっすよ、須郷を凹ったのは今回の予選の無茶ぶりと多分根っこ同じモノ、ファッションどころかガチのPTSDかと

Re: タイトルなし

kouさん
なるほど。そうでしたか。
解説ありがとうございます。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる