FC2ブログ
ブログパーツ

まじもじるるも 第5話「はじめてのおつかい」 感想

とある夏の日曜日。家の掃除をしようとするもののまたしても失敗ばかりのるるもだったが、祖母の家で農作業を手伝う耕太の忘れ物を届けることになった。
耕太の高校の友人・知人に目撃されたり、出くわしたりしながら、電車に乗るための「切手」を買いに郵便局に向かうるるも。
道に迷ったり、魔女服のおかげで不審者扱いされたり、切手で改札を抜けようとして駅員とひと悶着があったり、また道に迷ったりと、なかなか耕太の元に辿りつけない。
チロともはぐれ、危機に陥ってしまったるるもを助けるため、耕太は……。


脚本:國澤真理子  絵コンテ:米たにヨシトモ  演出:中野英明
総作画監督:岩倉和憲  作画監督:上田みねこ、飯塚晴子、斎田博之


胸のあれがサキエルに見えた。

×:切手
○:切符

2車線で信号機ない道とかあぶねえな。

覚えられてない桜井。
短時間しか会ってないから名前を覚えてないならならともかく存在そのものを忘れてるっぽいな。
それ以上に酷い西野の扱い。

ポストの元締め郵便局。

住宅街をぐるぐる。
無限ループって恐くね?

るるもは315歳か。

「コスプレだ」
丸く収まる魔法の言葉。

空より優しい風紀委員の下村はコスプレイヤーだった。
ミク?
るるもはレイヤー同士の共感で見ない振り。

話にならないからだろうけど、駅員はさっさと切符の事を教えてやれよ。

切符代を立て替えてくれたのに忘れられてる菅原。
まあ、下心ありだし。

興味ないけど気遣って話を聞いてやるるるもは優しいな。

チロは道間違えてると気付いてたなら教えてやれよ。

枝に引っ掛かってパチンコの要領でぶっ飛んで行く鞄。
すげえ柔軟性のある枝だ。

帽子とマントにかけられた回復魔法に植物が反応して増幅スパイラル。
初春ハイパーVer
これが本当の森ガール。

駄目「かもしれない」んだからやるだけやってみればいいのに。

従姉妹の友達は可愛いな。

鞄の中身は匠のスマホケースかよ。
シリコンとか裸の王様とかセンスが……
でも肉まんは行けるのか。


関連記事

テーマ : まじもじるるも
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる