ブログパーツ

さばげぶっ! MISSION 5 感想

脚本:子安秀明/絵コンテ:大久保政雄
演出:松本マサユキ/作画監督:工藤昌史・Kim Hyo Eun・Lee Jong Gyeng


昇天!?しずかなるサバイバル
「サバゲ部は……解散する」突如の美煌の宣言に、戸惑う部員たち。物語は、前日行われた野外実習に遡る……。


「浄土は……近い」
宗教に目覚めた美煌。
邪気を放ちながら苦しむモモカが酷い。

ゲーセン……ガンゲー……うっ頭が……

野外実習で寺で座禅体験。
坊主に棒でびしばしスパンキングされるのもうららはいずれ癖になりそう。

敵が近付いても動揺しない平常心などを養う。

無礼な美煌の態度にも住職は寛大。良い人だな、と思うじゃん?

上級本格骨砕き指導コース。

座禅中、隣のモモカを意識するうらら。色香に惑わされる煩悩の塊すぎる。

居眠りする麻耶。

足が痺れるモモカとかよ。
いつも爬虫類みたいな顔をしてるとか足を抓るとか流石モモカ。ゲスい。

「親父にもぶたれた事ないのに」
前にヤムチャネタがあったけど、アムロも古谷徹か。

モモカはUFO発言で視線を逸らして肩パット挿入。
だが尻を叩かれる。

微動だにしない美煌。
悔しいので物を投げるモモカ。更に和尚。
こいつらは……

音を鳴らしたりソーラレイを発射したり組体操をするが美煌は無心。
そんな美煌を住職は寺の跡継ぎを依頼。
毎日トンチし放題に引っ掛かる美煌。

200万で手続きを済ませると言われるが、詐欺師の偽住職だった
被害総額数百万って殆ど美煌の分じゃね?

仏像の所に蜘蛛の巣が張ってたのが伏線だったんだな。

金を払わなくても廃寺は全国に溢れてるけどな。
そういう寺は檀家がいなくて経営難だけど。



死にぞこないのツインテ
訳あってうららは、校舎三階の外壁に張り付いていた。はたしてうららは、この状況をどう乗り越えるのか!?


トイレのレバーを壊してしまううらら。
うららハンドは西ローランドゴリラ並の握力。空知先生ゲスト出演。

扉をこじ開けられたので美少女のイメージを守るべく窓の外の退避。

愛のテレパスィー。
モモカと出会うが他の部員と一緒に大笑い。

鏡で反射させてモールス信号のSOSを送るうらら。
美煌は実家に連絡。
ヘリでワルキューレの騎行を聞くと地獄の黙示録よりこち亀の爆竜大佐を連想してしまう。

うららは自分が美少女だと自覚してるんだな。

報道されたくないのでエアガンでヘリを撃墜。
注・イメージです。

布を広げて助けようとするが面倒臭そうなモモカ。

「私の胸に飛び込んでおいで。抱きしめてあげるから。あと結婚しよう」
見たいものを見たいように見るうららビジョン。

トランポリンのバイーン、すたっ、はツボにはまる。

想い人にうんこを見られる高度なプレイ。
それを避けるべく自力で降りる。
ディオっぽい降り方。あっちは上りだけど。

デビルモモカイヤーは地獄耳

うんらら





聖戦―天使と悪魔のラグナロク
部室に眠る時価100万円のお宝モデルガンを見つけたモモカ。そこに良心を司る天使と悪の心の悪魔が現れて……。



十四年式拳銃とはまた。

地下に降りる時に美煌が薄ら笑いを浮かべてたけど……

モモカに良心あったのか……
悪を倒す為なら戦う事も厭わない辺りは天使っぽい。

天使と悪魔のドッグファイトは初めて見た。

「悪の心よ、去りなさい」
悪の心を倒す良心だが……

「なに言ってんの?私の物でしょ」
善悪を超越するモモカさんマジパネエっす!

滑って転んで頭をぶつけるモモカ。
悪に報いは必ずあるのだ! 悪に報いはあるのだ!

モモカなら鷲巣様みたいに地獄を制圧出来るな。


関連記事

テーマ : さばげぶっ!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さばげぶっ! 第5話「昇天!?しずかなるサバイバル 他」 キャプ付感想

モモカは、善も悪の心もゲスだった(笑) 天使と悪魔のサバゲはムダに動いてましたね(^^; うららちゃんの、う○こネタが載るって『なかよし』ってすごいな!!w   『昇天!? 静かなるサバイバル』 「サバゲ部は……解散する」突如の美煌の宣言に、戸惑う部員たち。 物語は、前日行われた野外実習に遡る……。 『死にぞこないのツインテ』 訳あってうららは、校舎三階の外壁に張...

さばげぶっ! 第5話 『昇天!?しずかなるサバイバル/死にぞこないのツインテ/聖戦ー天使と悪魔のラグナロク』 衝撃の事実!モモカに良心は実在した!!

これが悟りの境地か。いきなり座禅修行を提案する美煌にちんぷんかんぷん。サバゲと座禅の何処に共通点が?敵が迫った時に平常心を保つためだそうですが、本音は一休さんの影響だった。 うららがダメなのは分かってました、一方寝てしまった麻耶はちょっと意外。そして両者譲らぬモモカとかよでしたが、モモカの卑怯戦術に轟沈。結局面倒臭くなったモモカも脱落する中微動だにしない美煌。あまりの神々しさに坊主が感服し跡...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる