FC2ブログ
ブログパーツ

月刊少女野崎くん 第四号「男には、戦わねばならない、時がある。」 感想

野崎の家でいつものように漫画の原稿を仕上げていた野崎、千代、御子柴の三人。一日分の作業が一段落したところで、今日はこのまま野崎のところに泊まっていくと言う御子柴。そんな御子柴が羨ましい千代は、二人でいつもどんなことをしているのかを尋ねる。すると御子柴は得意気に主に女のことで相談に乗ってもらっていると話すのだが……。

脚本:中村能子
絵コンテ:吉川博明
演出:野木森達哉
作画監督:菊永千里



野崎君に恋愛相談するみこりん。
女心の代弁者と呼ばれている野崎君も請け負うが……

内容はギャルゲー。
ってか実名プレイかよ。まあ、名前を呼んでもらえるなら本名を使うか?

3年前、現実の女と上手く話せなかったみこりんはとりあえずギャルゲーで勉強する事に。

ガールズプリンセス。
レイはツンデレじゃなくてヤンデレか。
一週間で好みが変わったり同じ日に誘うとかリアルでありそうだな。

しおり……ピンク髪……うっ……頭が……

そして見事付き合えた事で二次元(ギャルゲー)から三次元(フィギュア)へ。
タイプの違う女を次々に攻略する達成感がすごいらしい。

みこりんは野崎君にもプレイさせる。
主人公、好きな名前を入力してみろと言われ鈴木三郎と入力。
自キャラが好きなのかと思うみこりんだが、あだ名は鈴木(笑)
うーむ。野崎君の事が分からん。

 よろしく!
 かわいいね!
つひっこめ!

 受け止める
 抱きしめる
つ蹴り上げる

 ついていく
 少し悩む
つ罵倒する

僕は友達が少ないで夜空だか肉もこんな感じでプレイしてたなと思ったら
「鈴木はマミコ以外にはふらつかない!」
なるほど……でも面倒臭いな。

仕事とプライベートは分けたいので名前考えるのが苦手な野崎君はキャラ名を「野崎うめたろう」に。
そしてどことなく千代ちゃんに似てるキャラのルートを選ぶ。
それを見たみこりんは千代ちゃんに気があるのかと思うが、実際はネットで一番良いと言われたから。

みこりんと違って野崎君はwikiとか見る派か。
ネタバレの関係で「こうした方が良い」という攻略順もあったりするよね。
最近では相州戦神館學園 八命陣とかFate/EXTRA CCCとか。

選択肢で自分だけに見せる弱さにときめくと思ったら小さい人だと言われる。
ギャルゲーを少女漫画視点でやっちゃいけんな。
でも同じシチュエーションで千代ちゃんは好感度アップ。まあ、彼女は最初からぞっこんだけどね。

友人キャラに情報を聞くように言うみこりんだが、出会ってすぐ友達面をする奴を信用出来ない野崎君。
近付いてきた友人が陰で主人公を苛めるボスという妄想。
「本当は初めて会った時から大っ嫌いだったのよ!」
想像力豊かだな。

献身的な友田を主人公に気があると勘違いする野崎君。
実際、ときメモだと友人エンドあるよね。

プレイを進めるが友田が良い奴すぎる。日野ちゃまも楽しそう。
つよきすのスバルもカニを押しのけてたな。

友田を幸せにしようとする野崎君とみこりん。
正しい二次創作の形だ。

カップリング相手は友田の気持ちになって誰を選ぶかが重要。
すげー真面目にやってるな。

四六時中傍にいた人間、青春三年間を捧げてもおかしくない相手、並々ならない愛情を注いでいた相手……それは主人公!

千代ちゃんがマンションで見たのは死屍累々。
「12人の美少女よりもお前が好きなんだ!!友田!!!」
「そんな…!!俺は…見守ってるだけで…良かったのに…」
やべえ、この同人誌読みたい。


大勢の女の子を同時に楽しませる事が出来るみこりん(ゲームの中で)

普段は女の子と話さないと千代ちゃんに言われたみこりんは魅惑のトーク術を披露しようとするが……
「最新の靴下なんだぜ」
ごめんなさい
たすけてください
無茶しやがって……

合コンに呼ばれるみこりん。
「そんなこと言っていいのか?俺が行ったら、その場の女全員が虜になっちまうのに。後で後悔しても遅いぜ」
バキューン。
頼まれたら断れないし調子に乗ってしまうタイプだな。

実際は合コン初体験なので予行練習をする事に。

みこりんはずっと女子高。
ちゃんと演じるみこりんはノリが良すぎぃぃ!腹が痛い。

キャラを作ってくる野崎君。ウサミミ装備。
「野崎梅子だぴょん。今日はイケメン食いに来たぴょん好物は人参だぴょん」
ごちうさ難民救済。

梅子のあれで場面転換なのも受ける。

不気味なバニーにお酌されるみこりん。
ぼったくりバーか!?

千代ちゃんも協力する事に。女子力アピールするチャンスだったが、料理が上手いし気遣いが出来る梅子の女子力に惨敗。

トイレでの品定めも再現するのかよ。
ってかどことなく見合いっぽいアトモスフィア。

男なら誰でも良い気分で一人二人持ち帰る予定の梅子はビッチだなー。

千代ちゃんの好みのタイプは身長190cm、黒髪短髪、鋭い目つき、同い年でちょっとぼんやりしてるけど男前。
はいはい、ごちそうさま。

漫画に描くくらい合コンに詳しい野崎君。
合コンは強引に連れ出すか連れ出されるか、掻っ攫うかしておけば間違いない。
やっぱり偏ってるな。

女の子と仲良くならなくてもそつなくこなしたいみこりん。
二人組を回避する為に学級委員ポジションに。自然にする為にケーキを置けばOK……って誕生日会じゃねーか!

女の子と二人で話す訓練。
インドア派で休日がないしネットラジオ派の梅子や野崎君の事しか話さない千代ちゃんの相手はきつすぎる。
まあ、熱弁してる時の千代ちゃんは可愛かったけど。

「俺も混ぜろよ!」
トイレ会議に加わるみこりんが馬鹿すぎるw

代理で鹿島君を送り込む。
女子だけなら混ざれる自信があるってのは、ハーレムじゃないと満足出来ないんじゃなくて文字通り女子の中に溶け込めるって事なんだろうな。

ライバルが減った事に喜ぶ男子三人だが、案の定女子人気を掻っ攫う鹿島君。



あすか 佐倉綾音
さゆり 上坂すみれ
友田 日野聡


昨日部屋を掃除した野崎君。
自分が来るからかもと想像して照れる千代ちゃんだが、担当さんが来ると聞いて大慌てで再掃除する野崎君。彼女が来る時以上に焦る。
担当はどんな人なんだろう。

関連記事

テーマ : 月刊少女野崎くん
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月刊少女野崎くん 第4話「男には、戦わねばならない、時がある。」

みこりん、野崎くんの部屋にお泊り! 女の子の話題で盛り上がりそう。 ギャルゲーだった^^; みこりん翻弄されまくっとるww 野崎くんもやってみることに。 バッドエンドになりそうな選択肢ばかり選んでる^^; 思考が自分のマンガの世界なのね。 みこりんおこww 情報源の友人キャラを上手く使いましょう! 野崎くんもみこりんも友人キャラに情がうつった^^; 友人キャラルー...

月刊少女野崎くん 第4話「男には、戦わねばならない、時がある。」 キャプ付感想

野崎とミコリンにかかれば、美少女ゲームもBLモードに(笑) もう友人キャラをそういう風にしか見れません(^^; その発想は無かったw    野崎の家でいつものように漫画の原稿を仕上げていた野崎、千代、 御子柴の三人。 一日分の作業が一段落したところで、今日はこのまま野崎のところに 泊まっていくと言う御子柴。 そんな御子柴が羨ましい千代は、二人でいつもどんなことをしてい...

月刊少女野崎くん テレ東(7/27)#04

第四号 男には、戦わねばならない、時がある。 公式サイトから野崎の家でいつものように漫画の原稿を仕上げていた野崎、 千代、御子柴の三人。一日分の作業が一段落したところで、今日はこのまま野崎のところに 泊まっていくと言う御子柴。そんな御子柴が羨ましい千代は、二人でいつもどんなことを しているのかを尋ねる。すると御子柴は得意気に主に女のことで相談に乗って もらっていると話すのだが……。 仕事が終...

月刊少女野崎くん 第四号「男には、戦わねばならない、時がある。」

月刊少女野崎くんの第4話を見ました。 第四号 男には、戦わねばならない、時がある。 野崎の家でいつものように漫画の原稿を仕上げていた野崎と千代、御子柴の三人は一日分の作業が一段落したところで、御子柴がこのまま泊まっていくと言う。 そんな御子柴が羨ましい千代は二人でいつもどんなことをしているのかを尋ねると御子柴は得意気に主に女のことで相談に乗ってもらっていると話すのだが、...

月刊少女野崎くん 第4話 「男には、戦わねばならない、時がある。」 感想

みこりんは残念なイケメンですね。 佐倉は一途で可愛いですよ。 ただ、ヒロインというよりもマスコット的な感じですが(笑) 野崎の家でいつものように漫画の原稿を仕上げていた野崎、千代、御子柴の三人。 一日分の作業が一段落したところで、今日はこのまま野崎のところに 泊まっていくと言う御子柴。 そんな御子柴が羨ましい千代は、二人でいつもどんなことをしているのかを尋ねる。 すると御子...

月刊少女野崎くん 第4話 『男には、戦わねばならない時がある』 それはギャルゲーに合コン。

御子柴が野崎の家に泊まって何をしているのかというと。恋愛相談という名のギャルゲー攻略指南。アニメで人前でギャルゲーやるシーンままありますが、これ一人でやるもんだろ。複数で盛り上がる要素は無いと思う。 元々「顔は良いけど女子と話すのは苦手」な御子柴が練習用に始めたみたいです。それなんて柏崎星奈。転じてギャルゲー好きになってる風なのが更にそれっぽい。 好雄…じゃなくて友田。野崎もや...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる