ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第16話「恋人(ラバーズ) その1」 感想

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

-----------------------------------------------------------------------------------


エンヤ婆を生け捕りにした承太郎たちは、パキスタンの首都・カラチに入る。その地で彼らを待っていたのは、DIOからの新たな刺客・鋼入りの(スティーリー)ダンと名乗る男だった。ダンはDIOの命令に従い、仲間であるはずのエンヤ婆をためらうことなく殺してしまう。その非情さに憤りを隠せない承太郎たちは、4対1という有利な状況で臨戦態勢に。だが、すでにダンによる恐ろしきスタンド攻撃は始まっていた…!



ジョースター一行はパキスタンのカラチに到着。

「すまない、5人分くれ」
「5こ 1000円ね」
「1000円?」
中東方面では日本や西洋などの常識は全く通用しない…というのは値段がすごくいいかげんなのだ。日常の値打ちを知らない初めての外国人はいったいいくらなのか見当もつかずすごくカモられてしまう。しかしここの世界ではカモることは悪いことではない。だまされて買ってしまったヤツがマヌケなのである!
ここで買い物の仕方を解説しよう。
「1000円?」
たとえば――この場合 わしはふっかけられているのをお見通しだよん!…という態度をとり
「カッカッカッカ、バカにしちゃいかんよ君ィー 高い高ィーっ」
…と大声で笑おう。
すると「いくらなら買うね?」…と客に決めさせようと探ってくる…
「5人で250円にしろ!」
自分でもこんなに安くいっちゃって悪いなあ~というくらいの値段をいうのだ。
すると
「オッほっほっほっほっほ~っ」本気~?常識あんの~?と人を小バカにした態度で…
「そんな値段で売ってたらわたしの家族全員うえ死にだもんねーっ ギィーッ」…と首をカッ切るマネをしてくる。
しかしここで気負けしてはいけない。「じゃあほかの店で買おうかな」帰るマネをしてみよう。
「OK!フレンド わたし外国人に親切ね 5個700円にするよ」…といってひき止めてくる。
「300にしろよ」
値段交渉開始ーッ
「600」「350」「550」「400」「450」
「「425」」
「買ったッ!」
やったーっ半額以下までまけてやったぞ。ざまーみろ。モーケタモーケタ!
…と思っていると
「(いつもは5コで150円で売ってるもんねー)バイバイ サンキューねっ」

ドネル・ケバブのシーンを完全再現してくれるとは感無量。
でもなんでダンはゲバブ屋をやってたんだろう。
数週後だったら後付けか~と思えるが同じ回なんだよな。
「いつもは」って言ってるからオインゴみたいなパターンとは違うだろうし。
ジョースター一行とは関係なくカラチで暮らしてたんだろうか。

「口を封じさせて…いただきます。そしてそこの4人…お命ちょうだいいたします」
新たな刺客、スティーリー・ダン。丁寧な口調ながらその裏に滲む自信と相手を見下した態度。
エンヤ婆、肉の芽により死亡。
敵対した相手でも助けようとしたポルポル君は良い奴だな。

切り捨てられたのにザ・ワールドの秘密を喋らなかったエンヤ婆。
DIO様のカリスマがすげえ。

子供に金を払って殴らせるダンは客観的に見ると危ない人。
2回殴ってぶちのめされたあの子供だが、原作ではもっとダメージあったな。

DIO「史上最弱のスタンド?サバイバーだな」

承太郎が一瞬で始末しようとした場面でのダンの煽り力高すぎ。
恋人の能力なら姿を見せずに暗殺出来そうだけどダンのあの性格じゃ無理だな。

タグ・ホイヤーの腕時計をしてる承太郎。
吉良の時計に対して趣味が悪いと言ってたし、こだわりがあるんだろうか。

ミクロの決死圏。
今後生かされないスタンドは小さくなれるという設定。
ジョセフが4部でボケたのってこの戦闘が原因じゃないだろうか。

ラストの承太郎はかなり怒りを溜めてたな。
次回のオラオラが楽しみ。

ダンの声優は岸尾だいすけだったか。
小野大輔、平川大輔と来て脅威のだいすけラッシュだ。

関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第16話「恋人(ラバーズ) その1」 キャプ付感想

スティーリー・ダン、清々しいほどゲス野郎ですね(^^; 恋人(ラバーズ)のスタンドの罠にかかってジョセフが大ピンチ。 ジョセフへのダメージを無視して、平気でダンを殴ろうとした承太郎も酷いねw   エンヤ婆を生け捕りにした承太郎たちは、パキスタンの首都・カラチに入る。 その地で彼らを待っていたのは、DIOからの新たな刺客・鋼入りの(スティーリー)ダンと名乗る男だった。 ダン...

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第16話 『恋人 その1』 黄の節制ラバーソールを超える逸材か、小物界の大物、恋人スティーリー・ダン登場!

面白いモブキャラだと思ったら。ドネルケバブ売りと交渉するジョセフ。自分なら「5個1000円?買った!」と即決してしまいそう。日本じゃドネルケバブって500円ぐらいしますよね。時代が1980年台というのを差っ引いても激安に聞こえます。交渉の結果半額以下にまで値切ってホクホクのジョセフ。でも定価は更に半値以下だったというオチ。 愉快なギャグシーンかと思ったらここでエンヤ婆が覚醒。しかし逃亡や反撃...

ジョジョの奇妙な冒険 SC TokyoMX(7/18)#16

第16話 恋人 その1 公式サイトからエンヤ婆を生け捕りにした承太郎たちは、パキスタンの首都・カラチに入る。その地で彼らを待っていたのは、DIOからの新たな刺客・鋼入りの(スティー リー)ダンと名乗る男だった。ダンはDIOの命令に従い、仲間であるはずのエンヤ婆をためらうことなく殺してしまう。その非情さに憤りを隠せない承太郎たちは、4対1という有利な状況で臨戦態勢に。だが、すでにダンによる恐ろ...

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第16話 恋人 その1 感想

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』公式サイト 私だ TOKYO MX16話です アバンは、ナレーションによる一行のカラチまで道のりの解説OP→提供→CM→Aパートへ 空ピンクだなぁ荒木してるなぁ 馬車を調達と言っていたが原作でもどうやって調達した...

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース16話感想

 3連休は天気悪いらしいので、ひきこもりの準備万端。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第16話「恋人(ラバーズ) その1」

ドネルケバブ時のナレーションがなんか笑えた。 すんげえ長かったよなぁ。 ダンは、ラバーソールみたいなやられ方しそう。 承太郎は根に持つタイプだから気をつけろ。 以下ネタバレあり。 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 8~17巻(第3部)セット (集英社文庫―コミック版)(2003/06/12)荒木 飛呂彦商品詳細を見る

(アニメ感想) ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース 第16話 「恋人(ラバーズ) その1」

投稿者・フォルテ 一番くじ ジョジョの奇妙な冒険第三部 スターダストクルセイダース~WHITE SIDE~ E賞 スタンドグロウフィギュア ハイエロファント・グリーン()不明商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、ア...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる