ブログパーツ

魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編Ⅶ」 感想

吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが、そっけない態度で一蹴されてしまう。そんな幕間劇を挟みながら競技は進み、一高は首位を独走。新人戦ピラーズ・ブレイク決勝戦は、深雪対雫という一高生同士の戦いとなる。試合開始直後、深雪の放った“氷炎地獄”の熱波が雫のエリアを支配する。それでも雫は冷静に、達也から授けられた作戦を開始する。


脚本:中本宗応(セブンデイズウォー)/絵コンテ:吉田りさこ/演出:吉田りさこ/作画監督:吉川真帆・玉木李枝/総作画監督: 吉川真帆


達也と深雪に会いに来る†クリムゾン・プリンス†と†カーディナル・ジョージ†
若干13歳でカーディナルコードを発見した天才に九校戦始まって以来の天才技術者だと評されるなんて流石ですお兄様。

OP変更。
今後ロボ出るの!?
EDもそうだけどエリカがポニテになってたな。最初壬生かと思った。

大会六日目のバトル・ボード。
思いっきり警戒されてるほのかだが、それを逆手にとって影で水路の幅を誤魔化す。
未来のゴーグルは現代のものと比べて進歩してないな。

それにしても他校の選手は全然妨害とかしないな。
新人戦だからあんまり高度な魔法の運用は出来ないのかな。

女子アイス・ピラーズ・ブレイクの決勝を一高が独占。
同率優勝の話が出るが深雪と戦いたい雫は拒否。
つーか、なんで大会委員がテレビ中継もされてるようなエンターテインメントをやめにしようとしたのかが分からん。あの氷を作るのに金がかかるから出来ればやりたくなかったとか?
棄権するエイミィからは物語的な事情を感じる。

振袖と巫女服の戦いは華やかで良いね。これを中止にしてたら非難轟々だぜ。
フォノンメーザーを使う雫。ゾック?

悔し泣きする雫を慰めるほのか。キマシ。
例年のレベルなら雫がダントツで優勝してたんだろうな。例年なら達也がいないから一概には言えないかもしれないが。
この悔しさをバネに頑張ってほしい。

新ソ連の佐渡侵攻時に13歳で義勇兵として防衛戦に加わった功績でクリムゾン・プリンスの称号を得た一条将輝。
思った以上に物騒な由来だった。
北海道じゃなくて佐渡に侵攻した新ソ連ってかなり領土が広いのかな。

司波兄妹が1年にいるのも反則級の偶然だぜ。

人がいる屋内への使用が禁じられている破城鎚による故意のオーバーアタックで重傷を食らう森崎。
4高はフライングで索敵したのは認めたみたいだが、CADに破城鎚を入れてないと証言。
これもノー・ヘッド・ドラゴンの妨害工作っぽい。最初から一高のCADに細工すりゃ良かったのに。

達也は会長に賊の事を話してなかったのかよ。
いや、会長への報告義務はないし口止めされてたらしいけど、それはそれで何でこのタイミングで明かす。
そしてまた妨害が起きたけどあの軍人達は仕事してんのかな。

七日目の新人戦女子ミラージ・バット。
これもコスプレ大会だな。魔法少女みたい。

達也がトーラス・シルバーだと勘付くあーちゃん。
ぶっちゃけ隠す気皆無だったしね。自慢してる節さえあった。

会長達に呼び出される達也。
このままなら新人戦準優勝だけど欲を出して優勝を狙う。

崩れやすい廃ビルをスタート地点にした責任がある大会委員は特例を認めたらしい。交渉に来たのが十師族だしね。仕方ないね。
†クリムゾン・プリンス†が出てくるっぽいし、運営側の管理体制を問題にしてモノリス・コードを中止にした方が有利だと思うがプライドの問題だろうか。

1試合しか出てない選手が残ってるのに技術スタッフから出すのは精神的なしこりを残すんじゃね?と正論を吐くが十文字にディスられる達也。
チームの一員である以上、メンバーとしての義務を果たせったって、試合に出るのは技術スタッフの義務じゃねえよな。
達也は既に「お前隠す気ねえだろ!」と言いたくなるレベルの超技術を使いつつ一高に貢献してる訳で。甘えてるのは達也に頼ろうとする十文字達の方だよ。
二科生である事を逃げ道にするなとか弱者の地位に甘えるなという指摘にしても、達也だって好きで二科にいる訳じゃないよな。シスコンの達也なら深雪と同じ一科になりたかっただろうし。非難なら差別や入試の方法をどうにかしてから言ってくれ。
リーダーの決断に逆らう事は許されないと言いつつ会長をスルーしてるしツッコミ待ちなんだろうか。

ともかく。
「それで、最大でない理由はなにかね?」
「実力ですよ」
レオと幹比古をメンバーに選ぶ達也。
ヒャッハー!ウィードトリオで殴り込みだぜ!

ED。
何そのお兄様のポーズ。不意打ちすぎる。

今回はさすおにがあんまりなくて不完全燃焼。


オープニング
「grilletto」
作詞 - メイリア、toku / 作曲 - toku / 編曲・歌 - GARNiDELiA

エンディング
「Mirror」
作詞 - yumeiroecho、田中秀典、玉井健二 / 作曲 - 林奈津美 / 編曲 - 玉井健二、釣俊輔 / 歌 - 安田レイ


関連記事

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編Ⅶ」

第14話「九校戦編Ⅶ」 2クール目に入ってOP,ED変更。 兄妹とは思えない肌色演出からスタートですw 試合前に達也兄貴の顔を拝みに来た非常識なプリンスとジョージ。 相手が名乗っても深雪のことは紹介しない兄貴。 深雪を気にするプリンス。前夜祭っぽいのでも見てたし、惚れたのか?w

ハピネスチャージプリキュア! 第23話「超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい!」

ハピネスチャージプリキュア!の第23話を見ました。 第23話 超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい! ファントムから姉のプリチェンミラーを取り戻すことができたいおなだったが、クイーンミラージュの姿が映し出される。 そして、姿を現したクイーン・ミラージュの強さは圧倒的でブルーに助けられて、なんとか大使館に戻ってくることができる。 めぐみはもう一度、プリキュアと...

魔法科高校の劣等生 第14話 「九校戦編Ⅶ」 感想

多事多難―

魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編 VII」キャプ付感想

新OP&EDに変更! 本編では、深雪ちゃんがTUEEEを発揮します(^^; 雫ちゃんの方に感情移入しちゃいますね、これから頑張って欲しい!   吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。 彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが、 そっけない態度で一蹴されてしまう。 そんな幕間劇を挟みながら競技は進み、一高は首位を独走。 新人戦ピラーズ・ブレ...

魔法科高校の劣等生感想九校戦編Ⅶ

達也わ天才じゃないよお サーフィンレース ゴーグル 2期にいい気になるなよ 深雪和装 これわ深雪勝った??? 優勝とか わけわかめなうちに決まったあ

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(7/05)#14

EPISODE 14 九校戦編VII 公式サイトから吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが、そっけない態度で一蹴されてしまう。そんな幕間劇を挟みながら競技は進み、一高は首位を独走。新人戦ピラーズ・ブレイク決勝戦は、深雪対雫という一高生同士の戦いとなる。試合開始直後、深雪の放った“氷炎地獄”の熱波が雫のエリアを支配する。それ...

魔法科高校の劣等生14話の感想「光井ほのかちゃんマジ天使(゚∀゚)」

魔法科高校の劣等生14話「九校戦編VII」の感想です。 一条将輝君&吉祥寺真紅郎と司波兄妹が、ついに出会います! 達也君に天才と言わしめるジョージ君も、かなりの逸材のようですが、 「二人が同じ学校なんて反則級」と一人でチート級の達也君に言われてもw

魔法科高校の劣等生 第14話 九校戦編VII

魔法科高校の劣等生 第14話。 九校戦新人の部でまたしてもアクシデントが・・・。 以下感想

魔法科高校の劣等生 #14 「九校戦編 VII」

他校男子にもモテモテのタッちゃん、 「魔法科高校の劣等生」の第14話。 新オープニング「grilletto(AA)」。もうあまりキャラは増えなさそう。 一高新人女子を支えるエンジニアとして三高のエリート一年生コンビの 「一条 将輝(いちじょうまさき)」と「吉祥寺 真紅郎(きちじょうじしんくろう)」に 注目されてしまう達也。 二人は直接顔を見に来たがこの場は互いに名前を名...

魔法科高校の劣等生 第13話・第14話

先週、録画に失敗したと思っていたら、放送されていなかったようですね。 なので、今回は2話まとめて。 達也(CV:中村悠一)が調整を担当した1年生女子選手たちのスピードシューティングが上位を独占します。 雫(CV:巽悠衣子)が使用した魔法が新種魔法と認められて、魔法の百科事典・インデックスへの記録が打診されます。 真由美(CV:花澤香菜)から伝えられた達也は、即座にその...

魔法科高校の劣等生 第14話『カーディナルコードの吉祥寺 真紅郎!!』感想

「九校戦編VII」はじめはモブキャラかと思われた光井 ほのかの大活躍によって優勝を総なめにできそうです。ついに達也も参戦することに・・・!!

魔法科高校の劣等生 第14話

魔法科高校の劣等生第14話です。 2クール目に入りました。

魔法科高校の劣等生 #14

『九校戦編 VII』

魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編Ⅶ」

「あの二人がチームを組んでトーナメントを取りこぼす可能性は低いわ だから達也君 モノリス・コードに出てもらえませんか?」 選手として出場するよう七草会長に頼まれた達也! そして、アイスピラーズ・ブレイクの決勝で雫相手に強さを見せつける深雪    【第14話 あらすじ】 吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが...

魔法科高校の劣等生 #14「九校戦編VII」

甘えているのはお前らだろ なんか凄いことを言っている気がするけど、違うだろ。 「心中」って言ってるわけだから、表面的に上層部の決定に従っても、よりウィードへの圧力がかかるっていってんでしょ。 また襲われるかもしれないのに、さらに生徒を参加させるって…。 ・カーディナルジョージwww クリムゾン・プリンスの次は、カーディナルジョージっすか。 お兄様が「天才」とかいうと、『お前が...

『魔法科高校の劣等生』#14「九校戦編VII」

「次の機会を楽しみにしている」 達也と深雪の前に現れたクリムゾン・プリンスとカーディナル・ジョージ。 (って、すごい異名だな、オイw) どうやら二人して達也に会いにきたのらしい。 とはいっても、先に会場に向かう深雪に一条が未練タラタラなんだが(苦笑)

魔法科高校の劣等生 #14

【九校戦編VII】 【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [Blu-ray]出演:中村悠一アニプレックス(2014-09-24)販売元:Amazon.co.jp 新 ...

(´・ω・`)ご注文は優勝ですか? ~魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編Ⅶ」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが、そっけない態度で一蹴されてしまう。そんな幕間劇を挟みながら競技は進み、一高は首位を独走。新人戦ピラーズ・ブレイク決勝戦は、深雪対雫という一高生同士の戦いとなる。試合開始直後、深雪の放った“氷炎地獄”の熱波が雫のエリアを支配する。それでも雫は冷静に、...

魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編Ⅷ」 感想

nefiru: お兄様正式選手参戦キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! g_harute: 劣等生達が本気を出す時がきたな・・・・! nefiru: 兄:正式選手じゃないし二科生が出たら不味くないっすか?      上司:命令だ従え      兄:じゃあ部外者入れます      上司:例外重ねまくってるから平気☆(ゝω・)v g_harute: 素晴らしい論理...

魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編 7」

OPとEDが今話から変更されてましたけど、九校戦編もまだ終わってへんちうのにバックの画はすっかり横浜騒乱編のネタばらしですね(苦笑)。そんなに横浜騒乱編やりたいんかな?(違う)ちなみに、OP曲はGARNiDELiA「grilletto」、ED曲は安田レイ「Mirror」。 で、肝心の本編は前回以上に中身スッカラカンでしたね(怒)。脚本は13話と同じ中本宗応という人でしたけど、原作何回読んだら...

魔法科高校の劣等生 ◆ Episode 14 「九校戦編VII」

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 九校戦編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/10/22)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る 光井ほのかとの対戦でサングラスを着用する 他高校の選手たち。前回のフラッシュ作戦の対策でしょうが そこは、司波達也というか光井ほのかの思うつぼですね。 北...

魔法科高校の劣等生 Episode14「九校戦編VII」

魔法科高校の劣等生 Episode14「九校戦編VII」です。 夏アニメが始まっ

魔法科高校の劣等生 #14

達也がモノリス・コードに出場することになるお話でした。 達也と深雪は、三高の将輝と真紅郎と対面することになりました。達也は無名の存在ですが、その技能の高さを評価した2人は、挨拶にやって来たのでした。そんな将輝と真紅郎は、若き天才として知られている2人でした。将輝は、13歳の時に実戦経験があり、その戦いで大きな手柄を立てていたのでした。真紅郎もまた、若くしてカーディナル・コードを発見した...

魔法科高校の劣等生 第14話 7/8 あらすじと感想 #mahouka

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫) 遂に出陣。  冒頭は、三校の将輝くん&真紅郎くんと顔合わせ。何やら、見えない火花が散った様子だが、将輝くんは深雪ちゃんに見惚れてたw。  ピラーズブレイク競技の新人戦では、一校が優勝~三位までを独占する方向になった。大会側としては、三位までの生徒たちを同率一位とすると言ってきたが、雫ちゃんが深雪ちゃんとの対戦を望んだ。  ...

魔法科高校の劣等生第13話&14話感想~お兄様の前では負けられません!~

タイトル「九校戦編Ⅵ」&「九校戦編Ⅶ」

『魔法科高校の劣等生』 第14話――まさかの、お兄様参戦!?

『魔法科高校の劣等生』 第14話「九校戦編Ⅶ」を観ました。<ストーリー>吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。彼らは新人戦のモノリス・コードに出場

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる