ブログパーツ

幕末Rock 第1話「片魂(ピースソウル)!ロックやるぜよ!」 感想

時はのちに幕末と呼ばれる時代。京には最高愛獲(トップアイドル)・新選組が歌う「天歌(ヘブンズソング)」が溢れ、人々は徳川幕府による天歌泰平(ソングオブピースフル)の世を謳歌していた。そんな中、音楽で一旗あげようと一人の男が上京してきた。彼の名は坂本龍馬。ギターをかき鳴らしシャウトする彼の音楽は、人々にまったく見向きもされない。龍馬は、自分の音楽を認めてもらおうと、幕府主催の大舞台(オーディション)に参加するため奔走する。そんな龍馬の前に高杉晋作、桂小五郎という謎の二人組、さらに御禁制のギターを取り上げようとする新選組までもが現れて……! 龍馬、絶体絶命の大ピンチ!!


絵コンテ:川崎逸朗
演出:吉田俊司
総作画監督:石井明治
作画監督:森本浩文/浅井昭人




しょっぱなから幕府公認最高愛獲という言霊がすげえ。
雷舞(ライブ)
ギター狩り
侍レーダー
いやぁ、ぶっとんだ設定だぜ。
AKB商法に走るとは徳川幕府も阿漕な真似を。

「お前等!わしの歌を聞くぜよぉぉぉ!」
既成概念や体制に対して強い反抗心を持って立ち向かう魂とパッションの音楽ロック。
幕末風うたプリだと思ったら江戸時代版マクロス7だったか。

龍馬が天下を目指すきっかけになった桂浜の流れ星は単純に心理的なきっかけなのか、ファンタジー的な意味があるのか。
土佐と長州は出てるけど、薩摩は出ないのかな。西郷隆盛とか大久保利通とか。龍馬といえば薩長同盟だけど(実際の貢献度は別として)

龍馬が神咒神威神楽の坂上覇吐に見えた。声はきーやんだから凶月刑士郎の兄貴だけど。
○○に見えるといえば、お登勢さんがマツコデラックスに見える。それか銀の匙のタマコ。

三人のマエストロフィールドには笑わせてもらった。アクエリオンっぽくも見えるけど。
神々の悪戯の変身や花といいこの手のアニメは1話から全速力だぜ。

高杉と桂の二人についてはまだよく分からないが、シンディーという呼び方はツボにはまった。
史実の吉田松陰は幕末最強のロッカーだと思う。

豊玉宗匠は和歌から歌に転向したんですか?
変なポーズを取る新撰組の藤堂平助。ロックに感化されて離隊しようとして粛清されそう。史実の御陵衛士ネタで。
十番隊まであるらしいけど他の組長も出るのかな?

えり(CV松井恵理子)とおけい(CV小林桂子)の二人は地味にレギュラー化しそうな気配がある。

とんでも歴史物は好きだから次回も寝転びつつ見るかも。
あと、今度ピザを丸めて食ってみるか。

そういえばググってたら新作の「幕末Rock 超魂」というのにペリー・ジュニア(CV諏訪部順一)というキャラが出るらしくてこれにも笑った。


原作:「幕末Rock」(マーベラスAQL)
監督:川崎逸朗
シリーズ構成:広田光毅
キャラクターデザイン:石井明治
美術監督:西倉力 
色彩設計:末永絢子   
撮影監督:浜尾繁光
3DCG監督:今垣佳奈
編集:松原理恵  
音楽:菊谷知樹  
アフレコ演出:川崎逸朗
音響演出/録音:はたしょう二
音響効果:和田俊也(スワラ・プロ)
アニメーション制作:スタジオディーン
制作:NAS
製作:幕末Rock製作委員会


オープニングテーマ「Jack」
歌 - vistlip
エンディングテーマ「絶頂DAYBREAK」
歌 - 超魂團(ウルトラソウルズ)[坂本龍馬(谷山紀章)、高杉晋作(鈴木達央)、桂小五郎(森久保祥太郎)、土方歳三(森川智之)、沖田総司(小野賢章)]

坂本龍馬:谷山紀章
高杉晋作:鈴木達央
桂小五郎:森久保祥太郎
土方歳三:森川智之
沖田総司:小野賢章
徳川慶喜:斎賀みつき
岩崎弥太郎:杉山紀彰
お登勢:乃村健次
藤堂平助:豊永利行
井伊直助:安元洋貴
吉田松陰:中尾隆聖
近藤勇:藤原啓治



関連記事

テーマ : 幕末Rock
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幕末Rock 第1話「片魂(ピースソウル)!ロックやるぜよ!」 キャプ付感想

すごい歌アニメが始まった(笑) 演奏シーンもEDも脱ぎすぎですw 肌色率高いね(^^;   時はのちに幕末と呼ばれる時代。 京には最高愛獲(トップアイドル)・新選組が歌う「天歌(ヘブンズソング)」が溢れ、 人々は徳川幕府による天歌泰平(ソングオブピースフル)の世を謳歌していた。 そんな中、音楽で一旗あげようと一人の男が上京してきた。 彼の名は坂本龍馬。ギターをかき鳴ら...

幕末Rock  #1「片魂!ロックやるぜよ!」感想

「ワシの歌を聞けえええええ!」 新たな歌の歴史の扉を開けろ!!! 「片魂!ロックやるぜよ!」 あらすじは公式からです。 時はのちに幕末と呼ばれる時代。 京には最高愛獲(トップアイドル)・新選組が歌う「天歌(ヘブンズソング)」が溢れ、 人々は徳川幕府による天歌泰平(ソングオブピースフル)の世を謳歌していた。 そんな中、音楽で一旗あげようと一人の男が上京してきた...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる