ブログパーツ

信長協奏曲 第1話「サブロー信長」 感想

歴史に興味がないイマドキの高校生サブローが戦国時代にタイムスリップ!そこで出会ったのは自分と瓜二つの「織田信長」だった!聡明だが病弱な信長は、サブローに自らの身代わりを頼むが・・・?


今期の信長枠か。冒頭の日本史の教科書はうちの高校でも使ってたな。

影武者信長。
戦国ランスの信長も病弱だったっけ。

戦国時代の尾張が終わりに聞こえてしまった。

過去にタイムスリップしたり命を狙われたのに動じない主人公だぜ。
そういう奴じゃないと信長はやれないだろうけど。

どうも相撲が好きみたいだが、史実の信長も相撲好きだったな。
青地与右衛門や鯰江又一郎や伴正林みたいに強い奴を召抱えたり、互角の勝負をした伝蔵と右馬次郎にそれぞれ東や西という名字を与えたり。

なんというか、史実への落とし込みが上手いな。
女物の衣装を着るのも「こういう経緯か」と感心した。
デート発言で「おお!」となったけど、南蛮趣味もそういう解釈なのかな。
ってか乗馬出来るって地味に凄くね?

恒興乱心。
「信長は……天下を取る男だぞ!」
サブローは歴史が変わる事を恐れている。
「俺が狙いなら直接勝負しに来い」と言っちゃったが、信行の謀反はどうなるんだろう。自害した平手の件も。
サブローは多分この辺の話は知らないだろうし、仮に知ってたとしても歴史通りに進められるか。

エロ本で修羅場になるかと思ったけど、写真は知らないか。
妖術扱いされてたが、果心居士も現代人の可能性が?

今後もサブローの現代人ゆえの行動が戦国時代の人間にどういう風に受け取られていくのか楽しみ。


原作 - 石井あゆみ
監督 - 冨士川祐輔
脚本 - 高橋ナツコ
音楽 - 横山克
制作著作 - フジテレビ
ナレーション - 小栗旬

「不可逆リプレイス」
歌 - MY FIRST STORY

サブロー:宮野真守
織田信長:梶裕貴
帰蝶:水樹奈々
木下藤吉郎:中村悠一
お市:悠木碧
池田恒興:興津和幸
柴田勝家:小山力也
前田利家:浅沼晋太郎
佐々成政:三宅健太
丹羽長秀:高橋伸也
沢彦:緒方賢一
徳川家康:福山潤
竹中半兵衛:櫻井孝宏
浅井長政:木村良平
森可成:杉崎亮
森長可:吉野裕行
森蘭丸:村瀬歩
足利義昭:杉田智和
松永久秀:黒田崇矢
織田信行:内山昂輝
平手政秀:清川元夢
斉藤道三:秋元羊介
ナレーション:小栗旬

ノブフーの三人にカエサルやダ・ヴィンチもいて笑う。
家康が福山潤か。うんこを漏らす日が楽しみだ。
水樹奈々はテレビアニメでは最近聞かないよな。シンフォギアの翼さんやみなみけの冬馬は続投だし。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第2話「諌死」 感想

信長として生きることになったサブローの破天荒ぶりに、尾張では「殿はうつけ」ともっぱらの評判。今川義元のスパイ・伝二郎は家来になって織田家潜入を試みるが、家老平手に見抜かれ門前払いをくらう。


初陣はあっさり済ませたな。
描写を見るに動揺してないみたいだけど、泰然自若としすぎだろ。本当に現代人かよ。

関所の撤廃など、着々と信長の行動を辿ってるな。

道の真ん中で喧嘩している前田利家と佐々成政。
史実の利家も若い頃は喧嘩早い傾奇者だったらしい。

「わん!」
「採用!」
軽すぎる。
平手の爺様も苦労が絶えないな。
歴史の知識があって利家や成政を採用した訳じゃないしなぁ。
サブロー的には無理矢理押し付けられた立場だけど、もう少し慮ってもいいのでは。

後の忠臣森可成が仕官。
DQN四天王の鬼武蔵や蘭丸も出てきたけど、信長が家督を相続した頃はまだ生まれてなくね?
「処女王エリザベスの華麗にしんどい女王業」みたいに巻いていくのかな。

ベビースターのチキンラーメンが食いたくなってしまうな。

ウィダーインゼリーをあげようとしてた段階で嫌な予感はしてたんだが……
「爺の小言も……これが……最後……殿……好きなように生きなされ……そして……貴方様にしか見えぬもの……皆に見せてやってくだされ……殿……天下を取りなされ……誰にも……うつけなどと呼ばれるように……天下を……」
キルヒアイスー!
サブローの数少ない味方だったんだがなぁ。
事情を知らない本物の信長はどうするんだろう。
史実に沿わせながら展開する作品だろうからこれを言っちゃ駄目だろうけど、真相を明かした方が良かったんじゃないかな。サブローの評価は落ちるし、秀吉の思惑が分からないから他の重臣が狙われる可能性もある。

それにしても秀吉が今川の間者という設定は斬新だな。
本能寺の変も秀吉が黒幕なんだろうか。

比叡山延暦寺は難を逃れたか。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第3話「美濃のマムシ」 感想

「マムシの道三」と恐れられる妻・帰蝶の父と初対面するが、意外な展開に。別れ際、道三はサブローにあるものを託す。道三と息子・義竜の戦が勃発し、サブローは援軍に向かうが。


爺様が死んで本物の信長との関係がどうなる事かとひやひやしてたが、本物の信長が真相を知って一安心。
前回、本当の事を言った方が良いんじゃね?と書いたが、名誉を守る為か。

娘が婿に誑かされたって親馬鹿すぎる。
一方の娘は親父にビビりすぎ。その上伝えたい事は特になしとは……

利家と成政は凸凹コンビだな。

制服姿の信長を見て道三が二人っきりになったのは史実ネタだな。聖徳寺の会見でちゃんとした格好で来て道三を驚かせたという

道三は警察官かよ!?
成り変わった信長と違って一から初めて大名になった適応力すげえ。

信長以外にも現代人いたんだ。
案外、夜叉九郎戸沢盛安とかタイムスリップした現代人かもしれない。
フランシスコ・ザビエルやコスメ・デ・トーレスが会ったという、やたらキリスト教への理解があった人間も。
時代がちょっとズレるけどコンニャクを作った中島藤右衛門も凄いよ。

道三に現代の服が似合ってないという台詞は戦国に染まった事を端的に表現してたんだな。何だか切ない。

道三がこっちに来たのは30年前だから娘とはかなり幼い頃に生き別れてるんだよな。
制服を託されたから信長は一時的にしろ現代に戻れそう。

ヒャッハー!種子島だー!と思ったのも束の間。長良川の戦い勃発。

必死に築いた居場所が息子によって失われるのが遣る瀬無い。
折角同じ境遇の相手とも巡り合えたのにな。

道三の本名は長井新一か。
史実の道三の元の名字だっけ。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第4話「桶狭間の戦い」 感想

4万の巨大勢力今川義元軍がせめて来る!対する 織田勢は3千!このピンチ、サブローは切り抜けるのか!? そのとき、伝二郎から名を改め織田家に潜入していた藤吉郎は…。



上洛はカットか。
足利義輝の反応を見たかった。

織田家に潜り込んだ秀吉。
木下藤吉郎では気付かないか。

今川軍が迫る中でも余裕で飯を食ってる信長。
「俺が言える事はただ一つ。よく食べてよく寝る事!以上!」
勝家も心労が溜まるな。

織田家は籠城と今川に文を送る秀吉だが、信長は何かを待っていた。
その頃、丸根砦と鷲津砦が今川軍先鋒の松平元康に包囲され、義元が沓掛城から出陣。
これを待っていた信長は迎え撃つべく出陣。
幸若舞の敦盛を踊ったり熱田神宮での必勝祈願はなしか。まあ、この辺も教科書には載ってないだろうしね。

後方が追いつくまで寝て待つ信長は豪気すぎる。

「織田家の総大将は、信長様に御座る。殿が戦をする道を選んだとあれば、某はそれに従うのみ。失礼いたす」
権六は頼りになるな。
ってかもしかして信行は既に死んでる?

義元の討死カットか。軍師官兵衛の明智光秀以上の呆気なさだ。

毛利良勝、ちゃっかり登場。

勝家達は間者がいるから詳細を黙っていたと好意的に解釈。
一種の勘違い物だな。

リーダーのまさって誰かと思ったら簗田政綱か。
今川に村の男を忍びこませたり松明を用意させたりぐう有能。
信長が情報を重要視するのは現代人らしい感性だな。

秀吉が復讐鬼化する展開は本当に斬新だ。
織田家内での振る舞いなどが気になる。

信長の独自行動で桶狭間ではなく田楽狭間の戦いに。
まあ、信長記だと田楽狭間が戦場という事になってるけど。

この後滅茶苦茶セックスした。
桶狭間の頃には信忠、信雄、信孝、徳姫は生まれてるんだよな。もしかしたら信正も。
全員帰蝶の子供じゃないけど。

横山裕二のTwitterアカウントを見てみたら確かに色々呟いてた

信長と誕生日が同じ人達。
筑紫哲也
小山薫堂
高田みづえ
南野陽子
芦田愛菜
ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ(ナポレオン・ボナパルトの妻)
あとはカエサリオンもそうだな。
殆どが存命なのに「頑固で自己中心的 人のあら探しが得意で精神的に不安定な人が多いでしょう」とか言っちゃっていいんだろうか。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第5話「らぶれたぁ」 感想

帰蝶の生まれ故郷「美濃」を奪取するため、元康(のちの家康)と同盟を結ぶ。一方、藤吉郎は虎視眈々と織田家転覆のための策を練るのだが。。。サブローの動向を見守っていた一つの影が動き出す。



子供の頃の夢を見た帰蝶。
美濃を懐かしむ彼女を見てサブローは故郷を取り戻す事を誓う。
一般的な認識では桶狭間の後は快進撃を続けたっぽいイメージだけど実際は美濃平定には何年もかかってるんだよな。

清洲同盟。
サブローが人質だった竹千代と面識あり、か。
これまではイベントの期間を圧縮してるだけかと思ってたけど、どうも史実通りの時間が経過してるっぽいな。

サブローから貰ったエロ本で覚醒する家康。
アニメ版のゼロ魔でもジュール・ド・モット伯がキュルケから貰ったエロ本を大事にしてたっけ。
声が福山潤だし境ホラの葵・トーリと被る。

厠を借りる家康。行っトイレ。
こいつがいずれうんこ漏らすのか……

もののけ姫お市登場。
ガタイ良いな。秀頼の体格って祖父母からの遺伝だったのかな。

サブローが義姉にばかり構うのでいじけてるが、この二人ってシンフォギアのSAKIMORIとビッキーか。

草鞋を尻で敷く秀吉。そして有名な逸話。
上手く誤魔化したな、秀吉。
草鞋って汚いよね、実際。

市姫により秀吉に猿というあだ名が。
秀吉曰く市姫は美しいが生意気。
身を立てていずれ屈伏させてやるぜ。ぐふふふふ。
良い所の娘が好きだよね、秀吉。これが茶々(淀殿)を娶る事に繋がるのかな。

秀吉は川並衆の蜂須賀小六(正勝)に協力してもらって一夜城。前野長康もいたのかな。

「わしとてならず者じゃ」
この秀吉の出自ってどうなってんだろう。
織田の兵を使わなかったのは隔意がありそう。

西美濃三人衆、稲葉良通、安藤守就、氏家直元を調略。
普通に戦国大名として有能だな。

織田信奈じゃ岐阜と義父をかけてたな。

帰蝶が家康の事を覚えないのは何かの伏線なのかな。

義元の偏諱を使った元康から徳川家康に改名。
確か新田義重の息子である得川義季の子孫なんだっけ(棒)

秀吉により虎の巻焼却。
金ヶ崎の戦いとか大丈夫かな?と思ったがそもそも歴史の教科書に詳しく載ってたっけ?


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第6話「明智光秀」 感想

美濃を奪還したサブローの前に、意外な人物が現れる。その人物の手引きでサブロー一派は次期将軍に足利義昭を擁立し2度目の上洛を果たす。帰途につくサブロー一行は、信長暗殺の地、「本能寺」に立ち寄るが。。


乱世を生きて散った道三の為に墓は静かな場所に。

サブローが鴨と間違えた鳥を利家が白鷺だと言い当てたが、利家とまつにも白鷺に纏わるエピソードがあったな。

サブローのおにぎりを盗む男。
しかしそれは沢彦の巧妙な罠だった。

サブローは沢彦によって明智光秀と引き合わされる。
ここで明智光秀かぁ……って本物の信長じゃねーか!

今更なので身代わり続行。で、光秀が家臣に。
顔で頭巾を隠してると大谷吉継みたいだ。あっちはハンセン病でこっちは肺を患っている(という設定)が。

光秀は足利義昭と知り合いか。もう剣豪将軍はボンバーマンに暗殺されたか。

ミッチー、サブローと呼び合う事になった二人。
自分の名前を忘れそうというのは軽い感じだったけど、戦国時代の人間になってた道三を知ってるだけに内心では結構気にしてるのかも。

庭で白い蛇を捕まえるお市。
縁起良いな。

サブローが浅井長政との婚姻を提案するが超絶ブラコンのお市は拒否。

城下町を見て回った際に民に慕われるサブローに感じ入るミッチー。
サブローに仕えるという決意を新たにする。

サブローとミッチーの声が似てると指摘するお市。
顔が似てるって事は骨格も似てるだろうしね。声優は違うけど。
実の兄妹だからいずれ気付かれそう。

織田家の為に働かそうとするミッチーに影響されたのか、長政との結婚を了承するお市。
結婚といえば、史実ではこの頃に信長の嫡男の信忠と武田信玄の娘の松姫が婚約したり長女の五徳が信康に嫁いだりしてるが、こいつら存在してるんだろうか?

信長上洛。
恒興とミッチーの遣り取りは良かった。

本来は六角義賢義治親子との観音寺城の戦いがあったがスルー。

朝廷作法に疎いサブローはミッチーに代わってもらう事に。
なるほど。考えたな。
タイトルのコンツェルトについては深く考えてなかったけどこういう事だったのか。

信長の命を狙うあ……なんとかさん。
荒木村重?

尺が限られてるから仕方ないんだけど、戦国物だと他の家臣とかも見てみたいな。
一貫して信長の味方だった佐久間信盛とか伊勢で働いてる筈の滝川一益とか。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第7話「信長を討て!」 感想

大和の大名・松永久秀登場。その背中には意外なものが…? 竹中半兵衛も合流し、活気づくサブロー織田軍。一方、信長の妹・お市の嫁ぎ先である浅井家ではにわかに不穏な動きが。。


小谷城で茶々が生まれたか。
家康のエピソードで分かってたけど、本当に史実通りに時間が経過してたんだな。

お市の出産と米の収穫祝いで家臣団による相撲大会。
秀吉はやる気ねえな。

森可成、前田利家、佐々成政が勝ち上がり可成と信長が対戦。
蘭丸はわざと負けるように言うが、サブローは勝負は真剣にやってこそ価値がある、と言いつつ猫騙し。
蘭丸もさぁ、ああいうのは本人に聞こえる場所で言っちゃいかんよ。

ナリーとトッシーの戦い、ナリーの顔の位置がなんだか怖い。
決勝戦はふらふらのトッシーが可成に惨敗。

沢彦の案で井口を岐阜に変更。
更に天下布武の印をゲット。

四軍団の四人の大将
柴田勝家
丹羽長秀
明智光秀
羽柴秀吉
やっぱり滝川一益や佐久間信盛はいないのかな。

利家は選ばれなかったけど、前半期の利家はぱっとしないからなー。

藤吉郎から秀吉への改名イベント。
明智の名前も入れるのは本作オリジナル設定かな。
史実ではこの頃の明智は足利義昭の所からの出向みたいなもんだし。

両兵衛の一人、竹中半兵衛が織田家に。
実は結構野心家っぽいから秀吉と合うかも。

ボンバーマン登場。
出自が怪しい奴は現代人設定か。
前田慶次なんかも出自は不明だよな。傾奇者だし。
あとは奸雄っぽい奴だけど、北条早雲や尼子経久とか。出自は結構はっきりしてるが。

刺青って一応戦国時代にもあったんじゃね?
あそこまで精巧なものはないかもだけど。

獅子身中の虫
悪事千里を走る

黒田崇矢声のヤクザだと龍が如くの桐生ちゃんが思い浮かぶ。

戦国に来て生き甲斐があるのかどうか尋ねられるサブロー。
信長になったから天下を取らないといけないってだけの理由でここまで来れるのはすげえ。

サブローもボンバーマンも学がねえ。

浅井は信長討伐で固まる。
久政もじかにサブローに会ってればそんなに横暴じゃないと分かっただろうに。

お市は初?を懐妊。
「子を生むのは大変だから嫌です」
ダイレクトすぎぃ!
利家にも聞かせてやってほしい。

EDを見ると遠藤直経(CV土師孝也)と磯野員昌(CV筈見純)もいたっぽいな。
遠藤は親信長派だったんだがなー。最初は暗殺しよとしたけど。
藤堂高虎はまだ若造だからああいう場には呼ばれないか。

って、筈見純!?
80歳なんだからあんまり無理しないでほしい。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第8話「まさかの裏切り」 感想

朝倉領に侵攻したサブロー織田家と徳川連合軍。しかし、金ヶ崎の陣営にてお市から不思議な包みを受取ったことで、事態は思わぬ方向に。


サブローも朝倉攻めの前に浅井に話を通してればなぁ。
金ヶ崎の戦いで有名な小豆袋イベント。
サブローは絶対気付いてないと思ったら案の定。
半兵衛と光秀は頼りになるな。
でももっと早く言えよ。状況的に小豆袋がなくても大差なかったんじゃね?

退き口での信長の思い切りの良さよ。

殿の振りをして裏切ろうとした秀吉に釘を刺す光秀と半兵衛。
秀吉が袋の鼠なのが面白い。
ここの半兵衛は本当に病死なのか怪しいな。

光秀の鎧がキャシャーン。

分かってはいたけど池田勝正や朽木元綱はカット。

浮かれる家臣を窘める久政と労ってやってほしい頼む長政のシーンは両者の性格が表れてて興味深かった。

勝家がお市の事を気にしてるのはフラグですね。

サブローの度量を認めながらもう後には引けない長政は辛いな。
長政を説得しようとするお市だけど史実通りだと……
でも江を仕込むのは時系列的にこの後なんだよな。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第9話「イバラの道」 感想

ついに織田軍と、お市のいる浅井・朝倉の連合軍が対決。古くからの家臣である森蘭丸の父・可成は、宇佐山の城守備に奮闘するが、敵に比叡山延暦寺も加わり、絶体絶命の危機を迎える。


名人左衛門佐堀秀政は石田彰か。
裏切りそう。

浅井への朝倉から援軍の指揮官は朝倉景健。
この頃の義景は嫡男の阿君丸が死んだせいかやる気ないからな。

逃げて生き残った者の勝ち。
桂小五郎「せやな」

磯野員昌の敗死シーンカットか。

「信長の首は遠いのぉ、直経」
遠藤直経の偽装投降の逸話をやったか。
でも竹中重矩ェ……

孟優「偽装降服って難しいよね」
小草野隆吉、黄蓋、周魴、立花宗茂「せやろか」

松永久秀の信長への態度に怒る恒興、利家、成政の三人は信長大好きだな。

張遼「3万相手に500とか無謀すぎる」
シモ・ヘイヘ「あかん……」
楠木正成「やべえ……やべえよ」

可成さん……
独白や蘭丸が父の幻影を見る所で泣きかけた。

ここで時間を稼いでくれたお陰で信長は助かるんだよな。
で、可成の忠誠のお陰か長可がヒャッハーしても寛大だよね。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信長協奏曲 第10話「二人の信長」 感想

鬼が出るとの噂に調査に乗り出す森ブラザーズ。そこには新たな出会いが待っていた。織田家勢力はさらに拡大を続け、時代は群雄割拠へ。ミッチーは、ある出来事をきっかけに大きな決心をする。

森家ブラザーズを小姓にしようとするサブローだが、長可は武将になる事を望む。

あの場にいた兄弟は4人だけだったけど、この頃の忠政はまだ赤ん坊か。

鬼武蔵による鬼退治。ちょっと童子切安綱や髭切を持ってこようぜ。

弥助(CV山寺宏一)は現代の野球選手か。
案外蒲生氏郷の所の山科勝成も現代人だったりして。

サブローは軽いよね。

年のせいで疲れが取れないサブロー。
史実通りなら30後半?

遊びに出かけたサブローの身代わりをやる光秀。
帰蝶とのやり取りはなんだか切ない。
まあ、史実通りなら既に妻子持ちだけど。

松永久秀によりサブローが未来人だと知る光秀。
この光秀が裏切るとは思えないからやっぱり秀吉の策略なのかな。

比叡山延暦寺、72年ぶり3度目の焼き討ち。
足利義教「寺を焼くとは……」
細川政元「恐ろしい男だ」
女人禁制の山に女を連れ込んでる腐敗っぷりがちゃんと描かれてたな。

父親の仇を取る為に大暴れする長可。
百段と人間無骨?

第六天魔王明智光秀爆誕。
サブローの身代わりになって討たれる可能性も出てきたか?

ヤングにはまだ刺激が強かったね。

「サブロー、わしはそなたの為だけに生きるぞ」
「その言葉、おもーい」
最後まで締まらないのがサブローらしい。

特別版EDは鳥肌立つな。
敵軍が瓢箪の旗を掲げてたけど、本能寺の変辺りから独自路線に行ったりするんだろうか。

のーのぶなが
のーらいふ

そういえば杉谷善住坊はどうしたんだろ。
殺されかけたからってサブローがのこぎりで斬首にするとも思えないが。

今期は心なしか10話終了のアニメが多い気がするけどもっと見たかったな。ドラマの方はどうしよっか。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる