ブログパーツ

ラブライブ!2期 第1話「もう一度ラブライブ!」 感想

入学希望者が予想を上回ったので来年度も生徒を募集する事に。
生徒会長の挨拶だが、一人で拍手してるえりちは傍から見てるとちょっと痛々しい。

マイクパフォーマンスからの穂乃果さん特有のミュージカル。
階段の手摺りを滑り落ちるやつって実際にやるとケツが摩擦で痛くなるよね。

穂乃果が生徒会長って夢オチかと思ったら違った。
仕事の多さにてんてこ舞い。
アルパカが懐かないって手紙出したの誰なんですかねぇ……?
忘れ傘とか昇降口に置いとけば勝手になくなるんじゃね。

ん?えりち、今何でも手伝うって言ったよね?

1年生カルテットのやり取りは和むな。
いずれセッション場面が世界中にライブ配信されるエロ同人が……

穂乃果が何か食べに行ったと聞いてかよちんはアルパカの元に。
つまりかよちんの認識では……

ラブライブ第2回開催。
盛り上がる一同だが穂乃果が不気味なまでに静か。で、遂に開かれた口から出た言葉は、
「出なくてもいいんじゃない?」
!?

プリクラ知らないえりちはあざと可愛い。
ペコちゃんっぽくコラしたプリクラ欲しい。

ラブライブ出場をかけて穂乃果とにこが階段ダッシュ勝負。
フライングするにこ。
きたねー。まあ、それだけ必死なんだけどさ。9人でやれる最後の機会だし。

一方の穂乃果は生徒会長として失敗して皆に迷惑をかける事がないようラブライブ出場を拒否してた。
1期の事を気にしてたのかな。
じゃあそもそもなんで生徒会長になったのかって話だが、就任当時は2回目のラブライブがあるなんて知らなかったろうしね。

吹っ切れて雨を止める穂乃果さんマジっぱねえっす。

開催が来年三月って3年生は受験と被ってて大変そう。
最終回は卒業式かな。その為の穂乃果生徒会長な気がする。

いよいよ始まった2期。皆可愛くて満足の1話。
心なしかにこまき推しが多かったな。
夜に二人っきりで何をしてたんですか?

あと穂乃果が選んだ道ならどこでも行く覚悟のことりと穂乃果の気持ちを完璧に把握してた海未の穂乃果愛がすげーわ。


原作 矢立肇
原案 公野櫻子
監督 京極尚彦
シリーズ構成 花田十輝
キャラクターデザイン
アニメーションディレクター 西田亜沙子
キャラクターデザイン
メインアニメーター 室田雄平
セットデザイン 高橋武之
デザインワークス 愛敬由紀子
尾崎智美
鈴木理彩
美術監督 守安靖尚
CGプロデューサー 松実成
色彩設計 横山さよ子
撮影監督 野上大地
編集 今井大介
音響監督 長崎行男
音楽 藤澤慶昌
音響効果 今野康之(スワラ・プロ)
音楽制作 ランティス、サンライズ音楽出版
プロデューサー 平山理志、槙本裕紀
斎藤滋、安達薫
アニメーション制作 サンライズ
製作 2013 プロジェクトラブライブ!


オープニングテーマ
「それは僕たちの奇跡」
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 黒須克彦
歌 - μ's

高坂穂乃果:新田恵海
絢瀬絵里:南條愛乃
南ことり:内田彩
園田海未:三森すずこ
星空凛:飯田里穂
西木野真姫:Pile
東條希:楠田亜衣奈
小泉花陽:久保ユリカ
矢澤にこ:徳井青空

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第2話「優勝をめざして」 感想

今回のラブライブの予選では使える曲は未発表の曲に限られるらしい。
……新曲のCDを売らないといけないからね。

えりちの提案で合宿をする事に。何その動き。

再び真姫の別荘へ(違う場所だけど)

重装備の海未。登山マニアだったのか。

穂乃果、乗り過ごす。
忘れられるとは酷い。誰が隣だったんだろう。

サンタさんを信じてる真姫ちゃん可愛い。
いや、父親が本物のサンタを呼んでいるという可能性もあるのか?

個室で作詞や衣装決めをすることうみだが落ち着かない二人。
熟睡中の穂乃果。

にこのリストバンドを奪うリス。
段差の下に落ちたバンドを拾おうとして坂道を下ってしまうにこと凛。
ルパンでこういうの見た事ある。

ことり、海未、真姫の三人はプレッシャーでスランプ。
詩と曲の同時進行って大変そうだな。

衣装、作詞、作曲で三ユニットに別れて行動。

曲のヒントに花を摘んでくるかよちん。
世界に一つだけの花。

ファイト一発。登山中の作詞チーム。
イメージ映像かと思ったらガチかよ!?

登山で大事なのは諦める勇気。
ペンギンと一緒に南十字星を見たらしい希だが……ペンギン帝国?

暗いのが怖いえりち可愛い。
焼きイモを半分こにするにこと真姫。
2期になってからの熱いにこまき推しには参るね。

3年生の為に頑張るのではなく全員の為(にこ)
誰かが立ち止まったら誰かが引っ張る。誰かが疲れたら誰かが背中を押す(穂乃果)
一番大切なのは本人の気持ち(希)
それぞれのユニットに悩んでるメンバーをフォロー出来る人材がいて良い感じだな。


テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第3話「ユメノトビラ」 感想

ラブライブの予選がいよいよスタート。
最終予選に残れるのは4組という狭き門。
でもまあ、前回は全国で20位前後まで行ったんだし勝算はあるぜ。

目立つにはセクシーな衣装が必要なんじゃね?という話になり久し振りに沈む海未ちゃん。
彼女的にはセクシードレス=チャイナ服なんだ。

練習として校内放送。
真姫ちゃんに友達が出来るなんて……感慨深い。

綺麗な瞳のアルパカに癒される。

「園田海未役をやっている園田海未」
テンパりすぎ。

ステージを探している最中、A-RISEの綺羅ツバサ(CV桜川めぐ)にUTXへ連れていかれる穂乃果。
他のメンバーも駆けつけA-RISEの統堂英玲奈(CV松永真穂)や優木あんじゅ(CV大橋歩夕)とも対面。……英玲奈は棒だな。
A-RISEのライバル宣言にはっきりと言い返した穂乃果は格好良い。
それに感じ入るものがあったのかA-RISEはライブ会場を提供。

……にこの髪型見てたらさ……
???「ハハッ(甲高い声)」

「Shocking Party」は歌も動きもレベル高かったな。知りたいが死にたいに聞こえたけど。
A-RISEのライブに気押される8人だったが穂乃果の励ましに奮起。
更にクラスメイト達も手伝いにやって来る。
投票数がどんどん上昇していくのは1期から見ている身としては震える。

ここら辺を見ると μ'sは穂乃果あってこそだと思い知らされるな。
……えりちの「素人にしか見えない」発言は忘れた方が良いかな?
にしてもまさかツバサも英玲奈もほのキチだったとはな。
他はともかく穂乃果のカリスマ性とか希の牽引する穂乃果と対になる包容力とかかなり綿密に調べないと分かんないだろ。

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第4話「宇宙No.1アイドル」 感想

μ's、無念の予選敗退……という夢を見たんだ。
穂乃果の中では海未とにこはビビりという認識だったんだな。
夢と現実の結果発表の2位3位が同じって事はアイドルについて勉強してたのかな。
Mutant Girlsは5位?

薬用石鹸ミューズ

何か様子がおかしいにこ。ストーキングする一同。
手料理を食べさせたい相手がいるんじゃないかと推測した時の真姫の嫉妬の目。これはキテますね。

3年ペアは追跡に参加してないのかと思ったらそんな事はなかった。
車の間を通れない希のシーンは絶対ネタにされる。間違いない。

にこの妹のココロ登場。
礼儀正しいけど、パパラッチを警戒する辺り、間違いなくにこの妹。

スーパーアイドルにこと8人のバックダンサー。
家族に見栄を張ってしまったらしい。

駄コラ師だったにこ。カブキマンさんにお願いすればいいのに。
μ'sメンバーの顔のモグラ叩きもにこが作ったのかな。

穂乃果達は学院ににこの弟妹を連れて来てにこの為のライブを開く。
しかしにこは一人で宇宙No.1アイドルをやるより宇宙No.1ユニットμ'sと一緒により輝く事が大切な夢だと気付く。
結果的に一人になってしまっただけで本当は最初からユニットでやりたかったんだろうね。

ED見て初めて気付いたけど
ココロ
ココア
虎太郎
全員徳井青空だったのか。頑張ったな。
しかしショタな弟はあれな人に狙われそうだぜ。

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第5話「新しいわたし」 感想

穂乃果達2年生は修学旅行で沖縄へ。
えりちと希は生徒会のフォローなので1年生が中心になって週末のファッションショーでのライブに向けての練習。
ファッションショー……にこは大丈夫だろうか。

台風が直撃しそうで大雨の沖縄。
穂乃果は超不機嫌。1話を見るに穂乃果の「逸れろ~」はガチで効果ありそう。

穂乃果が不在なので凛が暫定リーダーに。
自分には向いてないと消極的な凛だが、それを勇気づけるえりちを始めとする面々が勇気づける描写は良いね。

テンパって女口調になった凛は可愛い。
でも手拍子がズレたり、にこと真姫ちゃんの言い争いを纏められなかったりリーダーとしては上手くいかず自分を卑下。
「μ'sは脇役も中心もないの。グループにいる限り、皆一緒だよ」とかよちんが励ますが昔の事を引き摺ってた凛は素直に受け取れない。

海未ちゃんはババ抜きで表情出すぎ。
すっかり顔芸キャラが定着したな。
ジョーカー「解せぬ」

飛行機が欠航し、6人でやる事に。
センターは凛という話になるが凛は拒否。衣装のサイズの都合もありかよちんがセンターになるも未練を残してる凛。
かよちんの相談に乗りつつ決めるのはお前だと言う穂乃果は頼りになる先輩だ。

いざ当日。
皆が密かに話し合って凛をセンターに。
1期とは逆にかよちんが凛の背中を押す展開は目頭が熱くなるぜ。

「私が可愛いって思ってるもん!抱きしめちゃいたいって思うくらい、可愛いうって思ってるもん」
ここやライブが終わって見つめ合ってる所は実況の勢いが凄かった。
自分も「りんぱな!りんぱな!うおおおおおおおおおおおお!」ってなってたけど。

安易に凛がタキシード、かよちんドレスにしなかったスタッフはGJすぎる。
過去を振り切ってスカートにしたラストも良い。1期でこのコンプレックスが解消されなかったのがちょっと不満だったんだよね。
デザイン関係では真姫ちゃんの、髪を纏めて肩の前で垂らす髪型にもときめいた。

そういえば結局野生のちんすこうは見つかったんだろうか?

観客にブリドカットセーラ恵美いたのか。相変わらずキャストでの存在感が凄い。


テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第6話「ハッピーハロウィーン」 感想

アキバでハロウィンイベントが行われる事に。
地道に活動して知名度アップを狙う一同。

が、実は生徒会の仕事を放っぽりだしてた穂乃果。
折角前回で株が上がったのに。

吹き替えして遊んでる真姫ちゃんも染まってるな。
ってかドラクエのゴーレムじゃないか。

アキバのモブの中にハットン君が混じってても違和感ないな。

A-RISEに負けない為にはインパクトの強いアピールが必要。
という訳でイメチェン。
部活系アイドルμ's
海未ちゃんが主導すると迷走するな。たまにならスパイスとしてありだと思うけどね。

次は希の占い結果からキャラチェンジ。
凛風に髪縛ってる海未ちゃんも可愛い。口元の再現度高いな。

にこのことりの声真似が上手だな。

次はアイドルから離れてクラウザーさんに。枠に囚われなさすぎる。
WUGのコンテストならいけたかもしれない。

衣装制作に不満を漏らすにこに対して、皆が役割を精一杯やりきれば素敵な未来が待ってると諭すことりの描写は、彼女がこれまでどういう考えでいたのか分かって良かった。

穂乃果とえりちが話してる時に後ろでポーズ取ってるパンプキンに目を奪われてあんまり会話が入ってこなかった。

皆個性的だし今のままが一番。
違った個性の面々が時間をかけて相手を知って受け入れてここまで来た。それがμ'sの特徴。
途中でことりが言ってた、皆が着て似合う衣装に落ち着いたのかな。

本棚に巻数バラバラで突っ込んであるとイライラするよね。
雪穂は何を見付けたんだろうか。





テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第7話「なんとかしなきゃ!」 感想

前回のあれは身体測定の結果。
身長が変わらない割に体重が増えてしまったらしい。

単純に筋肉がついたってオチじゃね?と思ったらファーストライブの衣装が着られず。
正直、作画に変化がないから実感が湧かないな。

痩せる為にダイエット開始。

かよちんのおにぎりデカすぎだろ。
煽りまくってたらかよちんも穂乃果と同じ境遇。

海未やことりのスタイルに憧れるモブがいる反面、穂乃果の場合は元気の良さに憧れられるだけ。

ダイエットで穂乃果とかよちんがバテてたが、レッスンはずっと続けてた筈なのに階段ダッシュで急に疲れるもんかな。

ご飯の誘惑に堕ちる二人。こういうのは監視役がいないと失敗するよな。

餌付けすることりも問題。
そしてことりのミスで美術部の予算申請が通ってしまう。
判子押したの誰なんだろう。

穂乃果達は生徒減少も加味して生徒会で独自の予算案作成。
それもいいけど、美術部の部員に説明と謝罪しなくていいんだろうか。

どっかの部長が遅くまで電気点いてる事を知ってるならそれほど遅くないんじゃね?と突っ込んでしまった。
ともかく予算案は承認されてなんとか一件落着。
しかしなにやら意味深な希。次回は希の掘り下げっぽいな。これまで家庭環境などに触れられてないから気になる。

ちょっとした愚痴。書かずにはいられなかったけど人に見せるものでもないので白に。




gleeの盗作疑惑のせいでモチベーションがかなりダウンしてたけど何とか書けた。
シリアスなシーンはパクリじゃないかって疑ってしまって碌に感想書かなかったけど。多分今後も。
気合入れて感想書いた箇所が引用でしたー、なんてなったらアホらしい。


テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第8話「私の望み」 感想

最終予選を前にして出場チームが集結。
穂乃果の優勝宣言に皆がざわめく。
いやまあ、ここで「そこそこの所まで行けたらいいと思います」とか言われても会場の人もテンション下がるだろう。

勝利の為に新曲を作る流れになり、ラブソングとか良いんじゃね?と希が提案。
海未ちゃんに恋愛経験がないのでこれまでμ'sにはラブソングがなかったらしい。

イメージを膨らませる為に寸劇。
なんかAVの撮影みたい。

にこに髪を結んでない方が好きと言ったのは誰なんだろう。ちょっと話が。

えりちにスパイ疑惑。おそロシア。
まあ、最終予選直前に新しい事を始めようぜ!と言われると戸惑うよね。
穂乃果の部屋に集まった時の髪下ろしてるえりちはエロ可愛いけど。

ラブソングの参考に恋愛映画を見る事に。gleeかな?
キスシーンで電源を切る海未ちゃんはウブだな。

ラブソングに反対意見続出で既定路線に戻る。
不満げなえりちに疑問を持った真姫ちゃんはえりちと希を問い質す。

両親の仕事の都合で転校が多く友達がいなかった希は9人皆で曲を作るのが夢。
ああ、普通の曲だと海未ちゃんや真姫ちゃんだけで作っちゃうからな。

高一の頃のえりちは中二病引き摺ってるな。
希の関西弁はエセだったんだろうか。あそこで一人称を私からうちに変える意味はよく分からないけど。

再びメンバーを集め、改めてラブソングを作る事に。
えりちが希を抱きしめててえりのぞキテると思ったらその後のカットではえりまきに。
教授!これは一体!?

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第9話「心のメロディ」 感想

真っ白雪景色。いよいよ最終予選当日。
しっかり休んで体力を整える穂乃果。以前の事があるしね。

神々の悪戯?

2期初登場の亜里沙。
そういえばあやねるだったな。じょしらくのマリーさんとガンちゃん。

最終予選前ともなればえりちも緊張するんだな。亜里沙が解してくれたけど。

真姫ちゃんも1年組に馴染んでるな。
カツサンドと聞いて腹が減る。

にっこにっこにー!
にこの妹達は本当に可愛いぜ。

μ'sの雪達磨を作る虎太郎。すげえな、おい。

μ'sは全員がセンター。
前に似た台詞をどっかで聞いた覚えがあるんだけど思い出せない。すげーもやもやする。まあ、独特な台詞ではないんだが。

3年生三人の組み合わせは珍しいので見られて良かった。

2年生が参加していた学校説明会、積雪により開始1時間延期。

最終予選のステージ、金かかってんなぁ。

穂乃果達に助けられたから今度は自分達が助けられる番。
クラスメイト達が輝いてるぜ。

脈絡なくフルハウスがどうこう言い出すあんじゅ。
タロット使いの希に対抗してトランプか?

電車が止まったので徒歩で会場に向かおうとする三人。
雪かきの時は室内で受付してたからうっかりしただけだと思ってたのに、そもそも防寒具なかったのかよ。

道を作る音ノ木坂学院生徒。
お前等輝いてるぜ(2回目)
にしても、八甲田山が如き決死の進行を演出してたけど実際は殆ど進んでなかったんだな。

徒歩で一時間かかるかもしれない場所まで雪かきした生徒達は玄人すぎる。
スターリングラードでも生き延びられそう。打倒冬将軍。

ライブの曲は「Snow halation」
希の髪型に胸キュン。




テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第10話「μ's」 感想

初詣回。
紅白歌合戦ではピンクが勝利。

海未とことりが訪ねてくるが穂乃果が着替えに行ってる間に年が明ける。
穂乃果らしい締まらなさだ。

神社の前でりんぱなと合流。
クリスマスにスカートを買ってもらった凛。あれ以降女の子らしい格好をするようになったのか。

真姫の振袖姿が可愛すぎりゅううううう。

待ち伏せしてるA-RISE。
このほのきちどもが!

「優勝しなさいよ、ラブライブ」
最終予選に勝ったのはμ'sらしい。
スノハレの完成度は勿論として雪が降ってたのも大きいな。
A-RISEとの対決はしっかり描いてほしかったけど作画スタッフが死ぬか。

9人で最後まで楽しく歌えるようにお願いする穂乃果。
作画が色っぽい。

巫女のバイトしてる希とにことえりち。
にこまきの和風ユニット、ありじゃないっすかね?

3年生の卒業まであと三か月。
卒業式なんて見たくないが、穂乃果が生徒会長になったのって卒業式で在校生あいさつをさせる為だろうしなー。

冬休み中でも生徒会の仕事を手伝ってくれる同級生達はぐう聖すぎる。

ラブライブの本戦では選曲、衣装、曲の長さなど基本的に自由。
会場とネット投票で決定。
いかに観客に印象付けるかが重要なのでキャッチフレーズを考える事に。

またしてもツバサ。
何故負けたのかの理由、μ'sを突き動かす原動力の正体を求めてやってくるが穂乃果は答えられない。

雪穂曰くμ'sは心配、危なっかしい、頼りない、ハラハラする。
でも応援しなきゃって気持ちになる。母性本能でもくすぐられるんだろうか。

最終予選突破記念に餅つき。
お餅つきだけに良いアイデアが浮かぶかもしれない。
キナ臭いきなこ。

うみあり一丁いただきました!

神社でμ'sを応援する絵馬を発見した穂乃果はμ'sの原動力に気付く。
一生懸命頑張ってそれを皆が応援してくれて一緒に成長していける。それが全て。
皆が同じ気持ちで頑張って、前に進んで、少しずつ夢を叶えていく、それがスクールアイドルμ's。
皆の力、それがμ's
キャッチフレーズは「みんなで叶える物語」に決定。

次回から本戦だが、尺からいってダイジェストだろうな。


テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第11話「私たちが決めたこと」 感想

雪穂と亜里沙が音ノ木坂に合格。
受験に落ちる人間が出る程度には志願者が増えたのか。
……3年生の進路はどうなってるんだろ。

家に帰った雪穂は穂乃果に3年生が卒業したらμ'sをどうするのか尋ねる。

本大会まで一ヶ月なので軽めの練習メニューに。
しかしそれは同時に3年の卒業が近い事を意味するので沈んだ空気に。

穂乃果の事は顔を見たら分かるという絵里とことりの幼馴染アピール。
歌は好きだしスクールアイドルは続けるが、μ'sのままでいいか悩んでいた。

名前を変えずに続けろとにこ。名前を残される方が嬉しい。にこっちはスクールアイドルに対する思い入れは人一倍強いからね。

ラブライブが終わるまでこういう話はなしという事になっていたが、亜里沙や雪穂にはちゃんと答えるべき。
かよちんは一人欠けたら違うと言い、えりちは辞める自分がとやかく言えない。決めるのは穂乃果達だと告げる。

最初はμ'sに入る気満々の亜里沙だったが、9人いるμ'sが好きだったから自分は別のスクールアイドルになると考えを改める。
身も蓋もない事を言うと亜里沙には考えを変えてもらわないと面倒な事になるからね。

日曜日に皆で息抜き。
ペンギンの真似をするほのかとことりやフラミンゴの真似をする一同が可愛い。

最後に海に。
どうするか話し合ったら皆同じ答え。
大会が終わったらμ'sは解散。9人が揃ってこそのμ's。
にこの気持ちは分かるけどテセウスの船になってもね。そして濃厚なにこまきありがとうございました。

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第12話「ラストライブ」 感想

本戦の抽選会。
穂乃果がにこに抽選を譲るのは良い場面なんだけど、檀上に上がってからああいう事をすると他のユニットは内心でイラっとしてそう。

抽選の結果、μ'sは最後にライブ。
何十チームといるし最後は有利だな。プレッシャーは大きいだろけど。
にこノーパン?

弄られたにこをフォローしたかよちんや最後までいつも通りでいたいからだと理解してるにこ。
良いシーンだね。

μ'sのラストライブが近付き、どことなくセンチメンタルな穂乃果。

ちゃっかり穂乃果の連絡係に納まる海未ちゃんは流石だ。

皆で練習するのはこれが最後。
かよちんは気遣いが出来るんだか出来ないんだか。
で、こういう時に皆を引っ張るのがにこだな。

神社にお参り。皆の願いは一つ。

学校にお泊り。
にこお手製の麻婆豆腐は酷い夜食テロ。
そういえばちょっと前に窓の外から匂いが漂ってくるという残忍なテロを食らったな。

暗いのが怖いえりち。あざとい。
ことえり……そういうのもあるのか!

皆で屋上に上がって夜景を見渡す。
話した事も会った事も触れ合うきっかけもなかった人達とスクールアイドルによって繋がる事が出来た。

「偶然流れてきた、私達の歌を聞いて、何かを考えたり、ちょっぴり楽しくなったり、ちょっぴり元気になったり、ちょっぴり、笑顔になってるかもしれない。素敵だね」

「私ー!スクールアイドルやって、良かったー!」
「皆ー!明日精一杯歌うから聞いてねー!」
「皆ー!聞いてねー!」
感動的な話なんだけど、学校の周りは明かりが少ないんじゃ……

いよいよラブライブ本戦当日。

サイリウム大量装備の高坂家両親。
設定上、海未の母親とも幼馴染の筈だが登場しなかったな。
その海未ちゃんは痴女になっちゃったかー

「皆、全部ぶつけよう。今までの気持ちと、思いと、ありがとうを、全部乗せて歌おう」
新曲の「KiRa-KiRa Sensation!」良いね。

「このまま誰も見向きもしてくれないかもしれない。応援なんて全然貰えないかもしれない。でも、一生懸命頑張って、私達がとにかく頑張って届けたい!今、私達がここにいる、この思いを!」
0人からのスタートでよくぞアンコールを貰えるようになるまで……
マナー違反じゃね?という野暮なツッコミはなしで。
そして「僕らは今のなかで」キター!
これはずるいわー。


テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

ラブライブ!2期 第13話「叶え!みんなの夢――」 感想

遂に来てしまった卒業式。

矢澤家は母ちゃんの遺伝子が強すぎるだろ。
そしてにこの呼び方は「ママ」か。可愛いね。

μ'sはラブライブ優勝。
いやまあ、アンコールまでしといて優勝逃したら気まずいってレベルじゃないけど。
大会の扱いはおざなりだったけど尺は有限だから仕方ないね。

希はあの髪型継続か。
個人的にはこっちの方が好きかな。

皆に助けられてばっかりだったとちょっと落ち込み気味のえりち。
そんなえりちに対し、えりちの学校への愛や皆を大事に想う気持ちが生徒会室に詰まってたから会長を続けられたと打ち明ける穂乃果。
ほのえりキテるね。

卒業式で穂乃果の送辞。唐突に始まる自分語り。
何度書き直しても挨拶を上手く作れなかった穂乃果は「愛してるばんざーい!」で送り出す事に。
穂乃果らしいぜ。

μ'sのメンバーを照らす空気の読める照明係。

「ねえ、皆一緒に!」
(え、歌詞知らない……)

アイドル研究部次期部長はかよちん。
アイドル愛という観点では適任だな。駄目な所は皆でフォローすればいいし。

アルパカに子供。
お前等つがいだったのかよ!?

思い出の場所巡り。
俯瞰を意識してモップでμ'sと書ける穂乃果は地味にすげー。

「やり遂げようね、最後まで!」
「やり遂げたよ、最後まで!」
これまでの積み重ねがあったからこそ生きる台詞だな。

「Oh,Love&Peace!」
1期OPでもあったことりの変顔には笑ってしまう。
あとさぁ、ママライブやろうぜ!

「さあ行こう!私達と一緒に、見た事のない場所へ!見た事のないステージへ!叶え!私達の夢!叶え!あなたの夢!叶え!みんなの夢!」
良いアニメだった。掛け値なしに。

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる