ブログパーツ

風雲維新ダイ☆ショーグン 第一話「世継ぎ騒乱、慶一郎登場!」 感想

ミダラミダラミダラミダラミダラミダラ

あらすじ
江戸後期、海外からやって来た黒船により未曾有の危機に立たされた日本。日本に古代から存在する巨大ロボット・オニガミにより、黒船は見事打ち払われ、攘夷は成されてしまう。維新の起こらなかった日本で、物語は始まる!
天下無敵の童貞野郎が巻き起こす、巨大ロボット&恋愛活劇ついに起動!!



時は幕末、場所は長崎。近隣の不良たちを喧嘩で次々と倒し、今や敵なしの強さを誇る慶一郎。だが、天下一の男を目指す慶一郎にとって、長崎統一など虚しいだけであった。そんな日々を送る慶一郎に殺人事件の容疑がかかる。その影には謎の美女がいて……!?

脚本 : 武田無我 絵コンテ : 渡部高志 演出 : 山内東生雄 作画監督 : 福世孝明 ,西尾公伯


ゴーショウグンの2期かな?(すっとぼけ)
スチームパンク的な世界なのかな。
ノブナガ・ザ・フール+ダイミダラーという印象。

執拗に慶一郎に変態ホモ疑惑をかけようとする同心のおっさんで駄目だった。

○:ニュートン
×:乳頭尻

霧子の格好は対魔忍アサギだな。むせる。
ババアのくノ一姿にはやられた。無駄に乳でけーな。

法光院は何故一回降りてきたんだろう。

徳川の血を引く真の童貞にしか乗れないオニガミスサノオ。
これまでのロボットアニメにもパイロットが童貞のものはあったけど、童貞そのものが搭乗条件とは……

絵自体は綺麗なのに違和感あると思ったら……
作画パワーを節約しまくりだ。セシルの11話に比べればマシだけど(流石に1話からあれクラスはヤバい)

主人公が花の慶次というか一夢庵風流記の影響を受けてそうなのは気のせい?
隆慶一郎の名が頭から離れない。




スタッフ
原作 - Project-D
企画原案 - 笹原和也 (ILCA)
監督 - 渡部高志
助監督 - 羽多野浩平
シリーズ構成 - 佐藤大
キャラクター原案 - 山下しゅんや
メカニックデザイン原案 - 石渡マコト(ニトロプラス)、松本秀幸、DKSN、高木正文
キャラクターデザイン - 飯島弘也
コンセプトアート - 大屋和博
美術監督 - 柴田千佳子
色彩設計 - 西表美智代
CGプロデューサー - 松浦裕暁
CGディレクター - 今義和
撮影監督 - 大河内喜夫
編集 - 西山茂
音響監督 - 本山哲
音楽・音楽制作協力 - バンダイナムコスタジオ
音楽制作 - 日本コロムビア
音楽プロデューサー - 植村俊一
企画・エグゼクティブプロデューサー - 安田猛
プロデューサー - 田村淳一郎、立崎孝史、松倉友二
アニメーションプロデューサー - 大橋正夫、安部正次郎
アニメーション制作 - J.C.STAFF、A・C・G・T
製作 - 「ダイショーグン」製作委員会

オープニングテーマ「タマシイRISES」
作詞 - ヤスカワショウゴ / 作曲 - 岡部啓一(MONACA) / 編曲 - 石濱翔(MONACA) / 歌 - Kyoco

エンディングテーマ「UPON A STAR」
作詞・作曲 - Tak,OHARA / 編曲 - 水野大輔 / 歌 - 藏合紗恵子


徳川慶一郎:柿原徹也
服部霧子:川澄綾子
ちはる:田村ゆかり
百助:荻原秀樹
法光院:沢城みゆき

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第二話「扇情の花街、妖狐のちはる!」 感想

あらすじ
童貞の呪いのせいで女の子とは触れ合えない慶一郎は、ストレス解消と出会いを求めて弟分の百助と街に繰り出す。とある茶屋でちはるという女の子に出会うのだが、実は妖狐であり、人間ではないちはるの正体を巡るトラブルに、慶一郎と百助は巻き込まれてしまう。

脚本 : 福島直浩 絵コンテ : 渡部高志 演出 : 石田 暢 作画監督 : 松本文男 , 西尾公伯




下駄で踏まれたい。
ぼこられえる男は声が感じてるな。

このアニメの視聴者の多くも女体いらずの呪いがかかってるよね。

力を発揮するのに童貞だけじゃなくて処女の股座も必要とかエロロボットすぎる。
敵は立川流だな。

慶一郎は貧乳好きか。
真玉橋孝一とは逆だな。

百助、リーゼントプレイとは高度な。

DO
BINTA

ちはる、250歳って事は生まれは江戸幕府が開かれる前後か。
親がケモナーとは辛い。

「勝手にてめえの生き様を決めてんじゃねえ!」
慶一郎も生まれのせいで戦いに巻き込まれた訳で説得力があるな。

ちはるが転がり込んできてダブルヒロインが揃う。
OPを見るにスサノオって搭乗する相手によって形態が変わるみたいなんでそれが今から楽しみ。

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第三話 「倒錯の性魔、法光院襲来!」 感想

慶一郎の周囲に幾度か現われた法光院という謎の女が、クグツを操り慶一郎に襲いかかってきた。慶一郎しか動かせない鬼神・スサノオの力を知りたい法光院の攻撃により、窮地に陥る慶一郎。上手く操縦できない慶一郎のピンチを救ったのは意外な人物で……?

脚本 : 福島直浩 絵コンテ : 羽多野浩平 演出 : 羽多野浩平 総作画監督 : 福世孝明
作画監督 : 福世孝明/飯飼一幸/岩岡優子/山口飛鳥/川島尚
作画監督補佐 : 松本文男



初っ端から女同士の争い勃発。
でも徳川じゃなくて慶一郎だから好きだと言うちはるが一歩も二歩もリードしてるな。
まあ、霧子は徳川の跡継ぎである慶一郎を守る為に派遣された訳で、いきなり男として好き好きアピールされると「仕事真面目にやれよ!」ってなっちゃうから難しい所。
本物の慶一郎は自分を気にかけていないから偽物だと見破る所は物悲しいシーン。
そこから女体封じの秘技華飛沫でレズNTLするとは予想外すぎたが。

黒幕は徳川御三卿の一つ、一橋。
史実では最後の征夷大将軍の徳川慶喜がここ出身だったな。厳密には水戸からの養子だけど。

己の無力を認められないのは童貞の証。
ヴァンやルルーシュ、拓巳しゃんや紺はどうだったかな。

Q:一体どうやったら動くんだ?
A:作画マンを集める。
Hi-ERo粒子を高める。


スサノオに慶一郎とちはるが乗り込んで爆龍獣神に。
霧子が可哀想だと思ったが、今回の流れで霧子と一緒になっても違和感あるしな。
次が閃光風神で轟天雷神はしばらくお預けになる可能性もありそう。

それにしても一緒に乗る相手によって形態が変化するのはヴァンドレッドみたいだ。

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第四話 「苛烈なる男装剣士、浅井兵庫!」 感想

街でナンパに繰り出した慶一郎だが、旅の侍との喧嘩になってしまう。男だと思っていたその侍は、男装していた女性の浅井兵庫であった。空腹で倒れた兵庫はお冨に救われて、慶一郎のいる桜湯で働くことになるのだが、彼女の旅には果たさねばならぬ目的があった。

脚本 : 武田無我 絵コンテ : 中村憲由 , 高田耕一, 羽多野浩平 演出 : 小野佑樹 
総作画監督 : 西尾公伯
作画監督 : 佐々木一浩/飯飼一幸/川島尚/西尾公伯/松本文男




そこに乳があればガン見する慶一郎。
真玉橋孝一と話が合いそうだ。

すぐに正体がバレる男装キャラはちょっとなー。
尺の都合があるんだろうけどさ。
あの巨乳を隠せるSARASIの力はすげーな。

ロリには優しい男、慶一郎。
ロリ相手だと呪いは発動しないのな。

兵庫にとって慶一郎は乳のような男。

慶一郎を父の仇だと勘違いして襲いかかる兵庫だけど、回想を見るに怪しいのは一橋重義だよな。
あの場面、虚無僧も遠回しに一橋が犯人だと言ってたんじゃね?
まあ、それだと間抜けすぎるし両者を潰し合せようとした一橋の刺客かもしれない。

動けんのは作画もだよな。

公式に画像はないけど由利原理火もスサノオに乗ったりするのかな。

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第五話 「長崎晩夏、灯篭流しの夜に」 感想

見える景色を守るか世界に出ていくか。



童貞の呪いが解ける方法は、生娘との接吻しかないと聞いた慶一郎は、霧子やちはるたちに接吻を迫る。しかし、相手の気持を無視した行動に逆に険悪な雰囲気になってしまう。そんな最中、童貞の呪いに隠された秘密を、お冨は霧子に語り出すのだった。

脚本 : 福島直浩 絵コンテ : 高田耕一 演出 : 山内東生雄 
総作画監督 : 福世孝明
作画監督 : 福世孝明/岩岡優子/飯飼一幸/木下由美子/川島尚
作画監督補佐:松本文男




ババアのキスとかホラーすぎる。
流石にあの年で処女だったら引くな。

霧子曰く慶一郎は愚かしき欲の塊。
酷いと思ったが接吻出来るなら誰でもいいは確かに最低。

徳川家から変態を出す訳にはいかない。
家康は晩年にはロリコンになってたな。家光は男色だし家斉も精力がヤバい。

黒船をタケミカヅチで追い払った一橋重義。
慶一郎や霧子が生まれる前らしいが、いい年だったんだな。

霧子の兄上はそのうち敵として出てきそうだ。

途中まで一人で股蔵の件にケジメをつけようとしていた百助が漢すぎる。

やっぱり吐血は勘違いか。
でも鯖の骨が刺さってあの量の血が出る怪我って医者に診てもらった方がいいって。
……実は本当に病だったりしてな。

霧子が慶一郎にキス。
ヒロインレース大幅リードだな。



テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第六話「大乱の重義、江戸鮮血開城!」 感想

慶一郎と同じように鬼神を操ることのできる一ツ橋重義。彼こそ17年前に日本にやってきた黒船を焼き払い、徳川の体制を護った英雄であった。現在はほかの有力者に疎まれ、半ば幽閉されている重義だが、徳川幕府の腐敗を前にある計画を実行に移す。

脚本 : 武田無我 , 佐藤大 絵コンテ : 羽多野浩平 , 渡部高志 演出 : 小野佑樹 
作画総監督 : 西尾公伯



ペリー「開国してくださいよ~」
ペリー来航が21年前って事は作中は1874年頃?史実の佐賀の乱の前後か。

OPの集団はやっぱり新撰組だったか。
列剣伝や流亡伝の作者に教えなきゃ(使命感)
伝習隊や彰義隊とはどこで差が付いたのか。慢心、環境の違い。

近藤勇 美名
土方歳三 ブリドカットセーラ恵美
沖田総司 藏合紗恵子
土木作業員は能登麻美子さんかと思ったらブリドカットか。総司は男の娘かな。井伊が悲鳴を上げてたし。

ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲じゃねーか、完成度高けーなオイ。
エセ外人っぽいおっさん、グラバーやスネルかと思ったらフルベッキか。

沖田が井伊の腹を掻っ捌き重義が印籠回収。印籠はそんな所にあったのかよ。
重義は黒船を撃退した後に水戸に謹慎させられてたらしいが、史実の桜田門外の変で井伊直弼暗を暗殺したのも水戸藩士だったな。
井伊にはもっとドレスブレイクで活躍してほしかった。

重義は支持者多かったみたいだし、普通に政治的に解決出来たんじゃね?慶喜公ならやれた筈。
武力行使しか出来なかったのが重義の器の限界って事なのかな。ぶっちゃけ重義が立派だと慶一郎が戦う理由ないしな。
腕組みしてるタケミカヅチは格好良かったけどね。

そんなに悪い人じゃなさそうだった松平さんは南無。

井伊は将軍は幕府を維持する理でしかないと言ったが、三好長慶や織田信長も同じ事を思った時があったんじゃないかな。
鎌倉幕府なんて途中から執権の北条が実権を握って末期には内管領の長崎だしな。幕府とは一体何なのか。

朱い月はエミュレイター出現の前兆だな。



テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第七話「情熱の忍者、血の新撰組」 感想

呪いが解けたことを知った慶一郎は、百助とあいも変わらず街に繰り出していく。それを知った霧子とちはるは2人を追い詰めるが、そこへ霧子迎えに来たという霧子の幼なじみ、捨丸が現れる。捨丸の登場にやきもきする慶一郎。そんな最中、強敵・新撰組の強襲が!

脚本 : 福島直浩 絵コンテ : 鎌仲史陽 演出 : 鎌仲史陽 
総作画監督 : 福世孝明 作画監督 : 福世孝明 , 岩岡優子 , 飯飼一幸 , 案浦達也



仮面の忍者捨丸。
頬と額のうずまきはハットリくんのオマージュかな?
それで自称伊賀の貴公子というのもなぁw喋り方に形容詞が多いのも三枚目的な雰囲気を感じさせる。
でも敵のスパイだと思ってたら普通にイケメンだった。

兄と一緒に伊賀の里に拾われたが自害した兄。伊賀の掟こええよ。
霧子「こんなに苦しいのなら……悲しいのなら……愛などいらぬ!」

慶一郎との恋愛はかなりじっくり進んでるから本当に轟天雷神の登場は最終回になるかも。

蒙古斑のおっさんのカットとか誰得。

最近の作品で新撰組が血に飢えた狂犬なのって珍しいな。壬生浪め。
霧子をロープで縛る土方。汚い!流石土方汚い!

全編に渡って慶一郎と霧子と捨丸の三角関係がメインだっただけに閃光風神の登場がすげーあっさりな印象。
そして余裕こいてた癖にあっさり負ける新撰組。

新撰組に伊賀の里が襲われたらしいけど、神君伊賀越えで家康に味方した伊賀を子孫の配下が攻撃するとは恩知らずな。
前回の感想でも書いたけど武力行使でしか解決出来ないのが重義の限界なのかな。つーかいまいち攻撃する理由が分からない。

最近のちはるは百助との絡みが多いな。
負けヒロインの救済かなと邪推してしまう。

次回の新キャラ、タイトル的に坂本龍馬かな。
新撰組がいるし登場前から身を案じてしまう。
京都見廻組?今井信郎?知らんな~。


テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第八話「出島の夜明け、天下一の拳ぜよ」 感想

坂本龍馬、グラバー、フルベッキたちによりスサノオを起動させるための印籠を盗まれてしまう慶一郎。印籠を取り戻すために、龍馬達に挑んだ慶一郎を待っていたのは、現代でいうところの野球拳で……!?  すべてを賭けたジャンケン勝負が始まる!

脚本 : 佐藤大 絵コンテ : 岡村正弘 演出 : 岡村正弘 
総作画監督:西尾公伯 作画監督:西尾公伯 , 松本文男



以前フルボッキフルベッキをグラバーと勘違いしたけどグラバーもちゃんといたのか。
ブリュネとかも出てくるかな。こないか。

霧子はあっさり捕まりすぎだろ。

敵か味方か坂本龍馬。
ユニオン号は史実でも龍馬が乗って第二次長州征伐に参戦してるな。

かつては幕府相手に商売していたフルベッキは井伊が殺されて重義が権力を握ってからは反乱分子の武士相手に鞍替え。
死の商人め。まあ、欲しがる武士がいるんだからこいつだけを非難する事は出来ないが。
捏造写真の件ってフルベッキ群像写真が元ネタかな。

慶一郎が霧子への愛を自覚し、ターニングポイントになる回だったな。

重義は血生臭い奴だけど、一般市民相手にどういう政策をしているか分からないから敵対していいものか。
慶一郎側としたら命を狙われたんだから戦う理由としては十分ではあるけど。


テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第九話「桜湯恋慕模様」 感想

龍馬との問題も片付き、いい感じの雰囲気になる慶一郎と霧子。しかし、ちはるや兵庫と違い、慶一郎とともにスサノオに乗れないことに悩んでいた。そんな霧子の目の前に、法光院が現れて、霧子の悩みを聞いてくれるのだが、法光院の目的は別にあったのだった。

脚本 : 福島直浩 絵コンテ : 平野俊貴 演出 : 羽多野浩平 
総作画監督 : 福世孝明 作画監督 : 杉村友和 , 丸山修二 作画監督補佐 : 川島 尚


呪いが解けて霧子への想いを認めてから慶一郎はかなり積極的になっているが、一方の霧子は微妙な表情。
スサノオに選ばれない事を悩んでる霧子だけど、単純に機会がなかっただけじゃ。
前回はスサノオが出てないし前々回は捕まってたし。

百助がちはるに告白。ちはるもまんざらでもなさそうだ。
慶一郎と百助、霧子とちはるの関係がラブコメみたい。

慶一郎に自分をどう思ってるのか聞く霧子。
お富から霧子ときちんと話すように言われていたし、捨丸や龍馬にも霧子の事を聞かれていた事もあり、乗り気になってるっぽかったが霧子の「江戸に向かいたい」という言葉で慶一郎は態度を変える。
桜湯が心配だから江戸には行けないと。

「目の前のもんを大事に出来ねえで何が天下一だ!」
もっともな発言に思えるが、どうもそれだけではないよう。
お富が言うには、慶一郎はいざとなると怖気づくらしい。掌に収まらないものは持てないと思っているとか。
事が事だから不安に思うのも仕方ない。

屋根に寝そべっていた慶一郎は百助とちはるの遣り取りを聞く。
言わなきゃ気持ちは伝わらないとか悩む前にやっちまえとか百助の言葉が突き刺さるな。

法光院襲来。ほっかむりの童貞坊やとは酷い。

「俺は誰よりおめぇと一緒にいてぇと思ってる。スサノオに乗るのも、江戸に行くのもだ」
轟天雷神に変形し、慶一郎も想いを伝えて上手くいくと思いきや……

法光院の変装した姿はガンダム00の王留美に見えた。
いちいち動くたびにSEが鳴るのがギャグ。
男は釣った魚に餌をやらないし弱っていくのにも気付かないから魚の方から餌を貰いに行くしかないって的確なアドバイスだと思ったけど、そこから慶一郎の悩みに気付かず自分の気持ちを優先させた事を責めたのは「上手いなー」と感心した。

法光院の精神攻撃によりスサノオが暴走。
危うくお富を殺しかける。
慶一郎が印籠を外す事で事なきを得るが、今度は慶一郎の様子が……

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第十話「暴走の果て、決意の二人」 感想

暴走したスサノオのせいで、崩壊した桜湯と意識不明となってしまった慶一郎。スサノオの暴走を霧子が霧子のせいではないかと問い詰めるちはる。自らの責任と慶一郎への心配などの気持ちをかかえた霧子は、さまよった先の港で坂本龍馬と出会う。

脚本 : 武田無我 , 佐藤大 絵コンテ : 石田 暢 , 中村憲由 , 渡部高志 演出 : 羽多野浩平 
総作画監督 : 西尾公伯 作画監督 : 飯飼一幸 , 川島 尚 , 西尾公伯 , 松本文男



新撰組の一般隊士は普通に男だったのか。
そして吐血して行方をくらます総司。沖田総司といえば結核だよな。

龍馬と出会った霧子。アメリカまで全速前進。

湯気が出る熱とかもう死ぬだろ。
桶「げせぬ」

慶一郎の夢だと鬼神は3体いたっぽいが。
スサノオ、タケミカヅチと来たら残りはタケミナカタとか経津主神?

何此のきたない女~~~
ゲロ吐いてる埋火。
キラキラのゲロって瀬戸の花嫁を思い出すな。

勝先生から貰った地球儀。
国境が現代だな。聖徳太子の地球儀並のオーパーツだ(あれは後世に作られたっぽいけど)

どれだけ寄り道してもいつか己と向かい合う。それが人の道。

御庭番としての使命で慶一郎を育てたが、スサノオに乗せた事をすまないと思っているお富。
兵庫には縛られず己の意思で生きるように告げる。

21年前に黒船に乗った龍馬。おっさんだな。
井伊達はアームストロング砲があればタケミカヅチを倒せるみたいな事を言ってたけど、あのビームをぶっ放して艦隊を全滅させた鬼神を本当に倒せてるのか。
まあ、前面投影面積が大きいから火力を集中させれば行けるかもしれないが……

使い方次第で神にも悪魔にもなれる鬼神。
慶一郎なら薄汚れた国を綺麗に洗濯してくれると思った龍馬。
その発言を受けて霧子も慶一郎を信じている事を自覚。

何だかんだで霧子を心配してるちはるは良い子だと思う。

慶一郎を狙う総司と防ぐ兵庫。男装女と女装男か。

仇を取る為じゃなく慶一郎を守るのが今の意思。
お富に言われた事を実践してるな。

長崎に異国の軍勢が出現。
それでも大村藩なら……大村純熈ならきっとなんとかしてくれる!

そして悪夢に魘されていた慶一郎も目覚める。
次回でフルベッキやグラパーを片付けて後は重義との決着かな。

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第十一話 「鬼神導きて、運命を別つ!」 感想

フルベッキ、グラバーによって再度日本へ襲い来る黒船。浦賀の際とは比べ物にならない多数の黒船により、危機を迎える長崎。その黒船を一撃のもとに葬り去ったのは、一ツ橋重義の駆る鬼神・タケミカズチであった。その圧倒的な力に、慶一郎は立ち向かうが…!?

脚本 : 福島直浩 絵コンテ : 羽多野浩平 演出 : 羽多野浩平 総作画監督 : 福世孝明 
作画監督 : 西尾公伯 , 松本文男 , 福世孝明




攘夷じゃ!攘夷!

指ビーム!
黒船を撃退した時は重義も政敵相手はともかく民衆には優しいと思ってたんだが……
長崎の街ー!

タケミカズチって背中にも鬼の顔があるっぽい?
刃牙の勇次郎みたいだ。

重義は手段が目的なってるな。闇に堕ちて鬼の力を手にしてどうする気だよ。
力を持つ者がその力を振るわないのは罪と言いつつ街を焼き払った訳だが、それなら罪でいいよ。


総司の布団の模様、テトリス尼子氏の家紋じゃね?隅立四つ目かもしれないが。
床の上で死ぬ訳にはいかないと言った沖田だが、史実の沖田総司はまさに床の上で病死したんだよな。
だから薄桜鬼の沖田は恵まれてた最期だったと思う。
某作品の沖田は中村半次郎と決闘したけど、残念ながら中途半端な所で終わっちゃったんだよなぁ。


鬼神は搭乗者の憤怒や憎しみのような負の力で秘められた大いなる力を発揮する。
攫われた霧子はスサノオの力を引き出す為の生贄。

「くっ……殺せ」
姫騎士みたいだ。

法光院が言ってた神と語った巫女って自分の事かもな。シンフォギアのフィーネさんかよってなるけど。


慶一郎を看病していたちはるだけど慶一郎が寝言で呟いたのは霧子の名前。切ないな。
重義がいたのは江戸じゃなくて島原だったのか。で、惚れた男の為に兵庫とちはるが殴り込み。

更に慶一郎もスサノオで出陣。
空いた穴には突っ込んでみるのが男。
ゲッターロボの流竜馬もそんな事を言ってた。

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

風雲維新ダイ☆ショーグン 第十二話 「雷雲切り裂け、スサノオ豪天雷神!」 感想

霧子をさらわれ、ボロボロに傷つきながらもタケミカズチとの最終決戦に向かう慶一郎とスサノオ。果たして慶一郎は霧子を取り戻し、一ツ橋重義に打ち勝つことができるのか!? そして、鬼神とはいったいなんなのか……!? いよいよ最後の大一番の幕が開く!!

脚本 : 佐藤大 絵コンテ : 渡部高志 演出 : 渡部高志 羽多野浩平 
総作画監督 : 西尾公伯 作画監督 : 西尾公伯 , 松本文男 , 福世孝明



一枚絵で走る兵庫とちはるがギャグすぎる。

新撰組VS慶一郎だけど、土方が攻撃に参加してねえな。
ピンチの慶一郎の救援に来る龍馬と埋火。ガトリング砲つええ。
史実でも長岡藩の河井継之助が大暴れしてたしな。

仇より霧子を優先する兵庫。美しい女の友情だな。

白兵戦をしようとした新撰組が新式銃の前に敗北というのは鳥羽伏見の戦いのオマージュかな(実際の新撰組は近代化を進めていたけど)

法光院「早く戦争になーれ」
霧子は鬼と繋がる為に生まれたという新設定が生える。

空が皆既日食になる中、慶一郎VS重義
鬼が闇の世界を、神が光の世界を求めるもの。
鬼神は光と闇の力が合わさって最強に見える。

慶一郎を裏切って闇の道を進むくらいなら死を選ぶと宣言した霧子を重義は贄にする。

贄の死が闇を呼ぶとか鬼は憤怒と呪いで神を超える力を得るとかなんとか。

互いが互いを助けたいと思ったらいつの間にかスサノオの中にいた霧子。
シエワープってやつかな?

鬼神は義を正しく行う道を崩さなかったので滅ぼされた闇の力。地獄から義をなし、闇の恐怖が真の意味で国を支配すると主張する重義に対し、鬼神は地獄から逃れようと苦しみもがいて光に手を伸ばしていた。欲しがっていたのは怒りではなく温かい心。
鬼神について作中で碌に触れられなかったから「お、おう……」って感じだ。

Hi-ERo粒子放出。
スサノオが天照らす力って言われたのは神話で姉弟だからかな。

江戸城浮いてるー!?

正直中途半端なところで終わったな。
慶一郎が大将軍になるのを決意する過程も説得力に欠けるし。
思いっきり2期に続くって感じだったけどやれるんだろうか?

テーマ : 風雲維新ダイ☆ショーグン
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる